美術館,中国歴代名窯陶磁器,中華文物,玉,美術品,数微斗数,星座表,命盤,推命,宿命,天命,人生の羅針盤,占星術,翡翠,骨董,古美術,アート,陶磁器,陶芸,占い,中華文物,東洋文明,芸術,文化,芸能,伝統,中国,CHINA,古窯跡,汝官窯,釣窯,哥窯,定窯,官窯,染付け,青磁,白磁,陶器,

ようこそ、萬代美術館 (LIFE COMPASS)へ。中国歴代名窯陶磁器、数微斗数星座表から「天命」を知る。

ライフコンパスカレンダー神路盤解説と見方のページ

ライフコンパスカレンダー神路盤 解説と見方


紫微斗数命盤から生まれた命めいのカレンダー
ライフコンパス 神路盤 KANROBAN


流星黄金配置、生命体 日リズム カレンダー

生命体、十二象意に 兆しが育まれるのを知る!

「現実・常識・平凡」世界の日常社会生活がこの世、
一日十二刻、十二方位の生命体の動兆(変化)を知って、
立命(りつめい)という「自立・自動・自尊」の道を歩む。

神仏より授かった命理(めいり)の日便りです。
目標に向かって研鑽を積み重ねてきた日々、
勝負の日時の生命体日リズムとの摺り合わせをして
真の「人事を尽くして天命を待つ(時の運)」極意です。




他の占星術の事は分かりませんが紫微斗数命盤は一日二十四時間の奇数時間を境にする二時間単位で命めいの誕生を予見して作成されます。

複数児の誕生も各自ひと刻づつ、ずらします。時計上での同時刻誕生でも前後の時間帯にづらした命めいを作成します。二枚作成してどちら側の時刻の誕生であるか?判断しなければなりませんが吟味をしてゆけば何とか見当が付きます。本人は必ず答えが出せます。

兄弟姉妹、双子であっても両親の特徴を受け継いでいますが、俗に言う血を分けた兄弟姉妹であっても命めいは異なります。他人の空似、うり二つ、は命めいが同じである人であれば言える筈です。

両手を広げたサイズほどの二次元世界で表記された紫微斗数命盤、中身は大変複雑で難解です。時刻変化、事象変化、次元変化を百十の星を絡ませて内包されているからです。非常に大袈裟で、言葉に出すにはばかりますが、虎の尾を踏んで起こる事態を恐れずに申しますが人類文明の創造主誕生の設計図とちゃうか?

作成された命盤は、誕生時の命めいの宇宙界の様相を人間界仕様されています。地球上で誕生していることを命盤は示してくれているのですが、命盤を手にしている本人は現実世界を投写して眺めている例えです。学校教育のように解答を確認しながらの勉強理解以上の暗黒世界ですが、光を差し込めれば自分が見えて来ます。

めいの研究は自分の生涯を知るに大事な作業ですがエンドレスです。現実には日々の生活があります。命盤の今の状態を知るのも大事な作業です。日変化、動き、流れを掴むことも大事です。紫微斗数命盤特徴の十八番(おはこ)です。

紫微斗数命盤が考案された時代と現代とは、同じ一日でも中味は雲底の差、特徴的にスピード感が違います。自分の一日の命めいの動きや様態(吉兆相剋)を掌握しているか否かによって、パイの奪い合い、ドングリの背比べ、格差、競争社会、老化・グローバル化・腐陳化・多様化社会に生きなければいけない我々にとっては、紫微斗数命盤が開示している情報は、我々が生きてゆく上で大事な情報源です。

社会の西洋文明化は陽性化をうながしますが、対極にある東洋文明化の陰性化が共有してこその社会の豊かさとして我々は享受出来る社会と言えると思います。どんな素晴らしい人工知能化されたコンピューターも、それを動かすソフトあってのことです。命めいの有り体を開示している紫微斗数命盤は人の豊かな育成ソフトの『一教材』です。

過去・現在・未来を開示してくれている紫微斗数命盤、どうしても明日・将来・未來の自分が気になり知りたくなる衝動を抑えることが出来ませんが、命盤の現実・現代・今を押さえてこそ、明日を確実に掌握する出発点です。

ライフコンパスカレンダー神路盤(かんろばん)は、一日の命盤の様態が示してくれている象意、そして命めいの吉兆相剋の具体的変化・動きを開示しています。命めいの一日の自然情報です。その情報を事前に知って現実の今日一日の生活様式と摺り合わせることで、明日に繋がる日暮らし情報です。

紫微斗数命盤を研究してゆくと五重のマーブル球状様層していることが見えてきます。日運層の上に月運層があり、月運層の上に年運層があり、年運層・十年大運層があって本命運層と繋がっている五重層です。

ライフコンパスカレンダー神路盤は月運流星配置神路盤が示している十二方位チャート図の旧暦一ヶ月があります。仕掛けは、ライフコンパスカレンダーに日運流星を配置して神路盤に仕上げているのがライフコンパスカレンダー神路盤です。日運流星を配置することで、一日の命盤の動き・吉兆相剋の働きがあることを具体的に理解するために作成しました。命盤は月運流星の配置があって一ヶ月の十二方位の動き・吉凶相剋の働きの上に一日の命盤の動き・吉兆相剋の働きと連動しています。

紫微斗数は一刻で一つの命めいが誕生します。一つの小宇宙を代表する象意を持つ星が百十も寄っています。十二の方位にされます。それを命盤にまで作成するのに手間暇が掛かります。間違いなく仕上がってもこれが五重の層になっています。それぞれに特徴的な働きを持って動く十個の流星があります。難解・複雑・混迷の極めつきです。現実・平凡・常識世界社会に生きる人に説明していくのにこれまた大変で際限がありません。絡めれば絡めるほど人間業では対処出来なくなります。

日、月、年、十年、本命と分類整理し、一層としての働きを日常化し、現実化させ、連動させて月運の層様、年運の層様、十年運の層様、本命運の層様を絡ませて自分の動きにする本人の自覚者のみに授与される大事な情報源として、如何に伝えることが出来るか?台湾で出版された紫微斗数の本の表紙をめくって最初に出てくる文字が【飛星紫微斗数と無師自通】です。

西洋文明の利器、コンピューター、ウエブサイト、ネット、が紫微斗数という東洋文明の利器と合うと、命めいと持ち主とが良き関係になると思えてなりません?




池尻美子 L.C.cal 神路盤 2017年2月

2017年 二月 L.C.cal 神路盤 KANROBAN

画像をクリックすると拡大します。

池尻美子 L.C.cal 神路盤



2017年5月20日、造命盤です。
2月のカレンダーを使って説明しています。




ライフコンパスカレンダー神路盤(二月) 表1


2017 池尻美子   ライフコンパスカレンダー神路盤(二月)   


ライフコンパスカレンダー神路盤


表1

2017年は丁酉年です。太陽暦2月1日は旧暦に直すと一月初五日です。壬寅月己未日です。2月28日は旧暦二月初三日で癸卯月丙戌日です。

旧暦一月は丑宮の本田宅宮、初五日は巳宮本疾厄宮位置です。太陽暦2017年2月1日の命盤上での位置になります。2月28日は辰宮本遷移宮位置に当たります。

2月2日は旧暦一月初六日は壬寅月庚申日です。2月3日は旧暦一月初七日壬寅月辛酉日です。




日運十二宮十二方位配置 表2


日運十二宮十二方位配置

表2 日運十二宮十二方位配置図

表2は日運十二宮の位置を現しています。2017年2月1日の池尻の命盤上では巳宮本疾厄宮位置が日運位置の本人の位置です。

日運父母宮位置は午宮本財帛宮です。
日運性格宮位置は未宮本子女宮です。
日運家庭宮位置は申宮本夫妻宮です。
日運仕事宮位置は酉宮本兄弟宮です。
日運交際宮位置は戌宮本命宮です。
日運外出宮位置は亥宮本父母宮です。
日運健康宮位置は子宮本福徳宮です。
日運財利宮位置は丑宮本田宅宮です。
日運子供宮位置は寅宮本事業宮です。
日運夫妻宮位置は卯宮本交友宮です。
日運兄妹宮位置は辰宮本遷移宮です。


日運十二宮の位置は、一日二十四時間の一刻(二時間)の時間帯でもあります。
日運本人宮の位置は前日二十三時から当日午前一時までの二時間の時間帯。
日運父母宮の位置は午前一時から三時までの二時間の時間帯。
日運性格宮の位置は午前三時から五時までの二時間の時間帯。
日運家庭宮の位置は午前五時から七時までの二時間の時間帯。
日運仕事宮の位置は午前七時から九時までの二時間の時間帯。
日運交際宮の位置は午前九時から十一時までの二時間の時間帯。
日運外出宮の位置は午前十一時から午後一時までの二時間の時間帯。
日運健康宮の位置は午後一時から三時までの二時間の時間帯。
日運財利宮の位置は午後三時から五時までの二時間の時間帯。
日運子供宮の位置は午後五時から七時までの二時間の時間帯。
日運夫妻宮の位置は午後七時から九時までの二時間の時間帯。
日運兄妹宮の位置は午後九時から十一時までの二時間の時間帯。


日運が命盤を一回りして一日が終わります。日運十二宮の位置は一日変わりませんが、二時間一刻という時ときは刻んで動いています。


一日の吉凶相剋の変化の中に十二刻の変化も抑えておくことが肝要です。

我々は、普段、一刻を争う、という言葉を無意識に使っています。結果は運を天に任せ神仏に祈ります。

命盤で自分の命めいを極めて追求してゆくと、妙に、この言葉の真意が分かった気になります。道理がある言葉であることが。神仙世界では命盤でちゃんと暗示してくれています。

予感や第六感、霊感、透視などの類の言葉も命盤を読み解いてゆくことができれば、理解し説明がついてゆく気がします。

めいのリミットは一刻の二時間です。二時間を掌握できれば天意の掌たなごころに抱かれていることになります。神童です。




星の光輝度数値化マーク表 表3


星の光輝度数値化マーク表

表3 星の光輝度数値化マーク表

表3は命盤上の各宮の配置星や宮の位置・特徴を数値化してコンピューターでデーターベース化し、相生作用、象意をプラス、相剋作用、象意をマイナス方位にして図式化、マーク化して青色、桃色に色分けしていることを示しています。命盤を定量化して命めいの様態変化を視覚化しています。




十流星配置見取り図 表4


ライフコンパスカレンダー神路盤

表4 十流星配置見取り図

紫微斗数命盤は一刻で誕生した命めいの曼荼羅界を具象化して図示しています。

日の位置を特定することも大事です。その時の十二方位の世界、日運十二方位があります。二時間刻みで宮があり一日の命めいの様態を特徴的に象意しています。

日運で現れる流星があります。日の十干十二支で動いています。天馬星は十二支で命盤の四隅(寅宮・亥宮・申宮・巳宮)を飛んでいます。他の九流星、擎羊星・禄存星・陀羅星・天魁星・天鉞星・化祿星・化権星・化科星・化忌星は十干で流動しています。

流星によって、暗示状態に顕化作用が易われます。現実・現在・今の自分の日常生活と自立・自動・自尊させる習慣をつけると理想的です。

天馬星は四本足に両翼があります。現代社会の単車・自動車・電車・飛行機・電話・テレビの類です。自己表現、動作、職能、職域、あらゆる動静のエネルギー源と捉えることができます。当然ながら入る十二宮、運期、本人の現前・目的への積極的実践行動力によって象意が変わってきます。

どの流星でも言えますが、天馬星が日運で入れば、一日の動きですから、翌日は消えています。十年大運で入れば、十年持続力がある事になります。当然のこと、良く強い宮に入るのと弱く凶星がある宮に入るのとではその発生様相は雲底の差となって現れます。例えば本田宅宮にあれば、不動産の動きや住まいの移動が暗示されていますが、隆盛に向かうのと、単なる生活上の住まいの移動、不動産の転売での消費、・・・などなど変幻自在となるはずです。現実・常識・平凡の範囲内での熟考が肝要です。

天魁星・天鉞星は、援助・協力・引き立て・助言・祝い事・喜び事、等を司る星で福神です。その日に入っている日運十二方位、時間帯には有形であれ無形であれ姿形には見えない吉兆があります。

禄存星を挟むように前に擎羊星が、後に陀羅星が、三星並んで十干で動きます。擎羊星と陀羅星は辰宮・未宮・戌宮・丑宮で光輝度が廟、卯宮・午宮・酉宮・子宮で擎羊星が陷、寅宮・巳宮・申宮・亥宮で陀羅星が陷で入ります。

禄存星は稔り、収穫、果実、利、益、祿、結果、供給等の象意が天馬星によって実現、表現されると理解してください。

禄存星の前を進む擎羊星はその光輝度により、『土つち』の位置である辰宮・未宮・戌宮・丑宮では稔りまで導く作業秩序の安寧作業の象意を暗示しています。後を進む陀羅星は次の作付け作業の準備を象意していると見れば、この三星の並び、動きは実に絶妙コンビと言えないでしょうか?一例として農作業を上げていますが、人により千差万別です。各宮の中味も違います。要は如何に妙用するか?です。

天馬星、天魁星、天鉞星、擎羊星、禄存星、陀羅星は十二宮の何れかに入りますが、化祿星・化権星・化科星・化忌星は星に付着します。前者は入った十二宮の象意に吉凶相剋の兆しを呈し、後者は付いた星に吉凶相剋の兆しを十二宮の象意に照らした動静を呈すると理解しています。

十干で動く化祿星、甲で廉貞星、乙で天機星、丙で天同星、丁で太陰星、戊で貪狼星、己で武曲星、庚で太陽星、辛で巨門星、壬で天梁星、癸で破軍星に付きます。

十干で動く化権星、甲で破軍星、乙で天梁星、丙で天機星、丁で天同星、戊で太陰星、己で貪狼星、庚で武曲星、辛で太陽星、壬で紫微星、癸で巨門星に付きます。

十干で動く化科星、甲で武曲星、乙で紫微星、丙で文昌星、丁で天機星、戊で右弼星、己で天梁星、庚で天同星、辛で文曲星、壬で天府星、癸で太陰星に付きます。

十干で動く化忌星、甲で太陽星、乙で太陰星、丙で廉貞星、丁で巨門星、戊で天機星、己で文曲星、庚で天相星、辛で文昌星、壬で武曲星、癸で貪狼星に付きます。




2017年2月1日は己未日です。 表5


ライフコンパスカレンダー神路盤

表5

ライフコンパスカレンダー神路盤

表6

ライフコンパスカレンダー神路盤

表4 十流星配置見取り図

2016年の12月31日は旧暦十二月初三日で辛丑月丁亥日です。2017年1月1日は旧暦十二月初四日で辛丑月戊子日です。

2017年の2月1日は旧暦一月初五日で壬寅月己未日です。1月31日の日運戊午で配置される十流星は消えて日運己未で配置される十流星が入ります。厳密には前日の午後二十三時から命盤では日付が変わります。

前日の日運十二宮の位置から一つ隣の宮に動きます。男女共に時計回りに動きます。

例えば、太陽星・太陰星が落陷の位置にある命盤の人は一日の生活リズムが自然と夜昼逆転する傾向が出易くなります。また両親を象意する星でもあります。十二方位のどの位置にあるかで当然命盤の読み込みと現実の自分の姿・環境・境遇を摺り合わせていかなければなりません。五行・廟陷旺失の光輝度から病体例証象意も推証していかなければなりません。

日変化は事象の潜伏、発現、無変化、突発発現、状況維持などが同時並行しています。人間関係の血縁の濃淡はあっても、本人を中心に年上者は父母宮の象意であり、兄妹宮は兄弟姉妹や年齢・縁故の近い人、配偶者レベルになると夫妻宮であり、子供もや異性の縁故の入り口は子供宮であり、有形無形の財福は財利宮での判断となり、病気の入り口は健康宮であり、仕事や社会での自己表現象意は仕事宮の範疇であり、六親宮や近い縁故関係者以外の人間関係状態は交際宮の判断であり、外交・営業・対外交渉事は外出宮判断となります。

十二宮が相互に絡み合っているのは当然のことですが混雑しない整理整頓の姿勢で見極めていかなければなりません。ここに日運流星の十星が配置されます。命盤上で命めいの「因」が発生します。現実に生きる本人は「果」が有形無形、変化無変化であれ発生します。吉兆は出にくく凶兆は出やすいと言います。順風満帆、一路平安の中に吉兆は享受し凶兆は事前にくい止めなければなりません。



2月1日は旧暦に直すと一月初五日です。壬寅月己未日です。

日運本人宮位置は巳宮本疾厄宮です。
日運父母宮位置は午宮本財帛宮です。
日運性格宮位置は未宮本子女宮です。
日運家庭宮位置は申宮本夫妻宮です。
日運仕事宮位置は酉宮本兄弟宮です。
日運交際宮位置は戌宮本命宮です。
日運外出宮位置は亥宮本父母宮です。
日運健康宮位置は子宮本福徳宮です。
日運財利宮位置は丑宮本田宅宮です。
日運子供宮位置は寅宮本事業宮です。
日運夫妻宮位置は卯宮本交友宮です。
日運兄妹宮位置は辰宮本遷移宮です。

  1. 天馬星は巳宮に入ります。日運本人宮の位置です。

  2. 天魁星は子宮に入ります。日運健康宮の位置です。

  3. 天鉞星は申宮に入ります。日運家庭宮の位置です。

  4. 擎羊星で未宮に入ります。日運性格宮の位置です。

  5. 禄存星は午宮に入ります。日運父母宮の位置です。

  6. 陀羅星で巳宮に入ります。日運本人宮の位置です。

  7. 化祿星は寅宮 日運子供宮にある武曲星に付きます。

  8. 化権星は丑宮 日運健康宮にある貪狼星に付きます。

  9. 化科星は卯宮 日運夫妻宮にある天梁星に付きます。

  10. 化忌星は亥宮 日運外出宮にある文曲星に付きます。


日運盤まで開示する目的は、命体の動きと現実の動きと同期させるためです。

日運十二宮十二方位が一日二十四時間の十二刻と重なります。一日の自分の日常社会生活十二宮十二方位と命体の生命力リズム運動が視覚的にリアルに見て取れます。

命体は二時間一刻で生命体リズムは動きます。十二運動します。これを感得できなければ命体の姿は見えません。顕著に吉凶成敗相剋が自分と現実で遭遇して初めて運勢というものが存在するようだ自覚できます。それを待つしか良い方法ありません。残念ですが。人生そんなもんです。




2017年2月2日は庚申日です。 表7 


ライフコンパスカレンダー神路盤

表7

十流星表

表4 十流星見取り図

2月2日は旧暦に直すと一月初六日です。壬寅月庚申日です。

日運本人宮位置は午宮本財帛宮です。
日運父母宮位置は未宮本子女宮です。
日運性格宮位置は申宮本夫妻宮です。
日運家庭宮位置は酉宮本兄弟宮です。
日運仕事宮位置は戌宮本命宮です。
日運交際宮位置は亥宮本父母宮です。
日運外出宮位置は子宮本福徳宮です。
日運健康宮位置は丑宮本田宅宮です。
日運財利宮位置は寅宮本事業宮です。
日運子供宮位置は卯宮本交友宮です。
日運夫妻宮位置は辰宮本遷移宮です。
日運兄妹宮位置は巳宮本疾厄宮です。


  1. 天馬星は寅宮に入ります。日運財帛宮の位置です。

  2. 天魁星は丑宮に入ります。日運健康宮の位置です。

  3. 天鉞星は未宮に入ります。日運父母宮の位置です。

  4. 擎羊星で酉宮に入ります。日運家庭宮の位置です。

  5. 禄存星は申宮に入ります。日運性格宮の位置です。

  6. 陀羅星で未宮に入ります。日運父母宮の位置です。

  7. 化祿星は卯宮 日運子供宮にある太陽星に付きます。

  8. 化権星は寅宮 日運財利宮にある武曲星に付きます。

  9. 化科星は卯宮 日運健康宮にある天同星に付きます。

  10. 化忌星は寅宮 日運財利宮にある天相星に付きます。


日運家庭宮と日運外出宮が良くない日です。

午前七時から九時、午前十一時から午後一時の時間帯の命体は弱く不安定です。

日運家庭宮に日運流星の擎羊星が陷で入ります。夜勤の仕事の方はこの時間帯は注意です。車の運転も注意。夜更かしもあるかも知れません。日中の十一時から二時間もこの時間帯の仕事も念を入れて無理をしないこと。




2017年2月3日は辛酉日です。 表8


ライフコンパスカレンダー神路盤

表7

十流星表

表4 十流星見取り図

2月3日は旧暦に直すと一月初七日です。壬寅月辛酉日です。

日運本人宮位置は未宮本子女宮です。
日運父母宮位置は申宮本夫妻宮です。
日運性格宮位置は酉宮本兄弟宮です。
日運家庭宮位置は戌宮本命宮です。
日運仕事宮位置は亥宮本父母宮です。
日運交際宮位置は子宮本性格宮です。
日運外出宮位置は丑宮本田宅宮です。
日運健康宮位置は寅宮本仕事宮です。
日運財利宮位置は卯宮本交際宮です。
日運子供宮位置は辰宮本外出宮です。
日運夫妻宮位置は巳宮本健康宮です。
日運兄妹宮位置は午宮本財利宮です。


  1. 天馬星は亥宮に入ります。日運仕事宮の位置です。

  2. 天魁星は午宮に入ります。日運兄妹宮の位置です。

  3. 天鉞星は寅宮に入ります。日運健康宮の位置です。

  4. 擎羊星で戌宮に入ります。日運家庭宮の位置です。

  5. 禄存星は酉宮に入ります。日運性格宮の位置です。

  6. 陀羅星で申宮に入ります。日運父母宮の位置です。

  7. 化祿星は申宮 日運父母宮にある破軍星に付きます。

  8. 化権星は卯宮 日運財利宮にある太陽星に付きます。

  9. 化科星は卯宮 日運財利宮にある文曲星に付きます。

  10. 化忌星は亥宮 日運仕事宮にある文昌星に付きます。













a:514 t:1 y:2 <<2017/05/17>>

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional