美術館,中国歴代名窯陶磁器,中華文物,玉,美術品,数微斗数,星座表,命盤,推命,宿命,天命,人生の羅針盤,占星術,翡翠,骨董,古美術,アート,陶磁器,陶芸,占い,中華文物,東洋文明,芸術,文化,芸能,伝統,中国,CHINA,古窯跡,汝官窯,釣窯,哥窯,定窯,官窯,染付け,青磁,白磁,陶器,

ようこそ、萬代美術館 (LIFE COMPASS)へ。中国歴代名窯陶磁器、数微斗数星座表から「天命」を知る。

何処に目を付けるか。(五)

紫微斗数命盤の読解


[何処に目を付けるか。(五)]

命宮と他の十一宮との関係を知る。

 命盤の十二宮を見た時、先ずは命宮にどんな星が入っているのか、次ぎは身宮がどの宮にあるのか、財帛宮・事業宮はどうか、遷移宮は、と見ていきます。女性の場合は命宮、身宮、福徳宮、夫妻宮、子女宮と順に見て行くのが自然です。命宮だけが他の十一宮と関係していると解釈してはいけません。どの宮にあっても基本的には注視する宮を命宮と置き換えて、対面の宮(遷移宮に当たります)・注視する宮から時計回りで四番目の宮(事業宮に当たります)・注視する宮から時計と反対回りで四番目の宮(財帛宮に当たります)、の影響を一番強く注視する宮(命宮に当たります)が受けます。
 命盤上にある十二の宮の名称を、大運や年運の各十二宮の名称と別ける為に、命盤上の十二宮名を、本命宮・本兄弟宮・本夫妻宮・本子女宮・本財帛宮・本疾厄宮・本遷移宮・本交友宮・本事業宮・本田宅宮・本福徳宮・本父母宮と、大運の十二宮の名称を、大運命宮・大運兄弟宮・大運夫妻宮・・・大運福徳宮・大運父母宮と、年運の十二宮の名称を、年運命宮・年運兄弟宮・年運夫妻宮・・・年運福徳宮・年運父母宮と、月運の十二宮の名称を、月運命宮・月運兄弟宮・月運夫妻宮・・・月運福徳宮・月運父母宮と、日運の十二宮の名称を、日運命宮・日運兄弟宮・日運夫妻宮・・・日運福徳宮・日運父母宮と呼びます。
 十二の宮に振り分けられた星の象意を見ていくことが基本的作業ですが、これだけでは薄っぺらにしか見たことになりません。一つ一つの星には、十二の各事象が全部含まれているのです。全部の星が互いに影響を及ぼしながら存在しているのです。顕在化してくるか、隠れているか、それぞれの星を最大限に解釈し利用し活用してこその生きた命盤です。星の象意は川の流れの如く、源流に近いものほど川下に影響を与えますが、自分の位置より川上には作用しません。ある生命を持って生まれて来た星は、その役目が終わると消滅します。命盤を見る時は常にイメージを膨らませ、固定化させず、常識を働かせ、バランス感覚を失わず、現実を直視し、百パーセント紫微斗数命盤を信じてください。 前述したことの上に、次ぎに行う作業は、本命の命盤の上に大運の命盤が乗って回転し、その上に又、年運の命盤が乗って回転し、再度、月運の命盤が乗って回転し、日運・時運と続くのです。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional