美術館,中国歴代名窯陶磁器,中華文物,玉,美術品,数微斗数,星座表,命盤,推命,宿命,天命,人生の羅針盤,占星術,翡翠,骨董,古美術,アート,陶磁器,陶芸,占い,中華文物,東洋文明,芸術,文化,芸能,伝統,中国,CHINA,古窯跡,汝官窯,釣窯,哥窯,定窯,官窯,染付け,青磁,白磁,陶器,

ようこそ、萬代美術館 (LIFE COMPASS)へ。中国歴代名窯陶磁器、数微斗数星座表から「天命」を知る。

右弼星(うひつせい)

右弼星(うひつせい)

L I F E C O M P A S S

右弼星の解説
属水 ・ 陰 ・ 南北斗助星 ・ 為官紫微相佐の星 ・ 司制令
十二支子宮丑宮寅宮卯宮辰宮巳宮
光輝度
十二支午宮未宮申宮酉宮戌宮亥宮
光輝度
象徴象意
包容力、補佐、温和、端正、善、聡明、重厚、寛大等。
星能
右弼星は忠義厚く、善行を愛し、包容力があります。職務の補佐を職責の真正能力としてその本分を発揮します。
独座のときはその威力は弱いですが、甲級星と同宮すると本来の力量が生かされて甲級星の力量を増し、気勢と表現能力を高めます。
右弼星の持つ楽観的心情が紫微星と同宮したときに遺憾無く発揮されます。
紫微星以外のどの星と同宮しても、苦労はあっても、援助協力の役目を果たそうとします。しかし、擎羊星・火星・失輝の廉貞星との同宮には無力となります。
右弼星は夫妻宮・子女宮に入るのを嫌います。例えば夫妻宮に吉星があり、命宮・福徳宮も良いと判断出来るなら、婚姻関係を良しと出来きますが、夫妻宮・命宮・福徳宮の全てが良くなければ、婚姻生活には風波を覚悟しなければなりません。
子女宮に右弼星があり、六殺星が同宮していて良い判断が出来なければ、子供の数が少なかったり、子宝に恵まれるのが遅くなったり、子供のことで何かと煩悩が生じやすくなると判断します。
右弼星は、ほぼ左輔星と共通しますが、それ以外に右弼星に特徴的に現れる性質として、左輔星より福が厚く、武職の補佐に向きます。また、桃花を帯び感情の起伏があり、楽しいことの後に煩悩を持つ性向がでます。天同星・天梁星・天機星・巨門星・武曲星等と同宮すると、感情の破壊が生まれて正常な状況の発展を妨げる因になります。
右弼星の場合も、夫妻宮に入ることは良い判断となりませんが、六殺星と同宮したり、あるいは甲級主星と同宮しても、不協和音を生じながらも仲睦まじさがでて救われる傾向があります。
良い条件の多少、悪い条件の多少を勘案して総合的に判断することが大事です。




右弼星の性情
属水 ・ 陰 ・ 南北斗助星 ・ 為官紫微相佐の星 ・ 司制令
腎臓・副腎・生殖器・膀胱・脳(視床下部を中枢とするホルモン機能)。
膀胱排尿機能、生長・生殖(生命力)機能、老化防止機能をつかさどる。
相生木は火の勢いを強め、燃えると土に還し、灰は土を肥沃にし、肥沃な土は水を豊かにし、水は木を育てる転生輪廻思想。
生肝門脈循環障害(痔核)・筋肉痛・肩こり(右)・眼病(眼精疲労)・蕁麻疹・悪阻イライラ・ストレス・筋肉痙攣・視力低下・自律神経失調症。
相剋水は火の勢いを弱める如く、隣り合う五行の各要素は互いに高めあうが一つ置きの要素は互いに剋しあう関係にあるとする思想。
剋心血液循環障害・心臓衰弱・息切れ・手足の火照り・口渇・不眠・便秘。
耳に関する諸機能の変化と症状。
寒(体中の消炎機能)。
骨・随液に関する諸機能の変化と症状。
 
黒色
塩味
恐・ノイローゼ・おびえ。
ふるえ。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional