美術館,中国歴代名窯陶磁器,中華文物,玉,美術品,数微斗数,星座表,命盤,推命,宿命,天命,人生の羅針盤,占星術,翡翠,骨董,古美術,アート,陶磁器,陶芸,占い,中華文物,東洋文明,芸術,文化,芸能,伝統,中国,CHINA,古窯跡,汝官窯,釣窯,哥窯,定窯,官窯,染付け,青磁,白磁,陶器,

ようこそ、萬代美術館 (LIFE COMPASS)へ。中国歴代名窯陶磁器、数微斗数星座表から「天命」を知る。

命盤作成 3/11

命盤作成 3/11


3/11

画像の説明

表3

 すぐ上の安命宮・身宮表を見てください。右上の生時は誕生時刻のことで、下に十二支で表しています。上段の横軸は誕生月を陰暦で表していますから生月と生時の交差した所に注視して下さい。

 私はこのページ最上部にある紫微斗数命盤の文字がある横棒上に矢印を近づけるとオレンジ色に変化する箇所をクリックして出てくる家内の紫微斗数命盤を例にしてこれから説明して行きますが、貴方はご自身が記入した人の生年月日を基にして進行してください。

 家内は、1950年9月12日の午後二十二時時10分(日本では誕生地により若干の時差があります。)に和歌山の生まれです。太陰暦では1950(庚寅)年八月一日亥時生まれで陽女、当年2012年62歳です。

 亥時と旧暦八月の交点は戌・申、とあります。表の中に命身、命、身とあるのは命宮・身宮、命宮、身宮のことで子時と午時生まれの人は命宮と身宮は同宮しています。ですから子時と午時以外の誕生時刻の人は、命宮と身宮が別々にあるはずです。

 この表は、星座表に記入する命宮と身宮を出す表です。間違わずに上手く出せましたか?家内は戌宮命宮申宮身宮があることになります。戌宮は下段右角隅の上隣にある四角形の場所、身宮は上段右上角隅にある四角形の場所です。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional