美術館,中国歴代名窯陶磁器,中華文物,玉,美術品,数微斗数,星座表,命盤,推命,宿命,天命,人生の羅針盤,占星術,翡翠,骨董,古美術,アート,陶磁器,陶芸,占い,中華文物,東洋文明,芸術,文化,芸能,伝統,中国,CHINA,古窯跡,汝官窯,釣窯,哥窯,定窯,官窯,染付け,青磁,白磁,陶器,

ようこそ、萬代美術館 (LIFE COMPASS)へ。中国歴代名窯陶磁器、数微斗数星座表から「天命」を知る。

天梁星(てんりょうせい)

天梁星(てんりょうせい)

L I F E C O M P A S S

天梁星の解説
属土 ・ 陽 ・ 南斗第二星 ・ 化蔭 ・ 主寿星 ・ 有解厄、制化の功
十二支子宮丑宮寅宮卯宮辰宮巳宮
光輝度
十二支午宮未宮申宮酉宮戌宮亥宮
光輝度得地
象徴象意
中肉中背、多少前屈姿勢をとり、重量感を与えます。長寿、身体壮健、清秀温和、無私、公平、親分肌、礼儀正しい、正直、ワンマン、義侠心、一本気、布施、清潔崇高、気位、短気、直情、統率力等。
星能
天梁星は蔭・壽・貴の象意を持っていて、困難な事に遭遇しても、良く解決する力量を持ち、人の困苦を救って喜ばれると、それが益々、星の気勢に磨きをかける事になります
天梁星と禄存星・化祿星の同宮を望みません。それは銭財を求める星ではないからです。ですから、有ると、どの様に使ったら良いのか分らず、反って困る原因になります。
経営・商売の分野には向きません。天梁星は壽星ですから、命宮や遷移宮にあると延壽の力量が発揮されます。
男女を問わず、命宮にあると、人を助けることを天職とする仕事に就こうとする傾向が強く出、また、よく人が何かと助けを求めて来る様になります。
天梁星には善や貴を持っていますが、天相星の自ら積極的に動いて人を助ける善、天機星の慈悲心厚い善行、太陽星が持つ貴、天魁星や天鉞星が持つ有形無形の貴人から受ける援助の貴、のように明白でないことが多く、どちらかというと、「清高」という表現に近く、人の手本になったり、俗に言う医者や弁護士のような声望家、哲学思想家、宗教家的職種で以って、人に愛でたい兆しを指し示して、凶を吉に化解する力量を発揮する星であると言えます。
化科星との同宮を一番喜びます。六吉星と同宮すると、どんな要職にも適し、また学術研究分野での活躍も期待できます。
良い条件の多少、悪い条件の多少を勘案して総合的に判断することが大事です。




天梁星の性情
属土 ・ 陽 ・ 南斗第二星 ・ 化蔭 ・ 主寿星 ・ 有解厄、制化の功
食道・胃から大腸までの消化器全体・脾臓・膵臓。
身体の健康を維持する栄養の調節機能(太りすぎ・痩せすぎにならないよう調整する機能も含む)、胃腸機能を中心にした消化・吸収作用をつかさどる。
相生木は火の勢いを強め、燃えると土に還し、灰は土を肥沃にし、肥沃な土は水を豊かにし、水は木を育てる転生輪廻思想。
生肺呼吸器一般・脱腸・蓄膿症・皮膚病・扁桃腺炎・喘息・神経痛(下肢)・腰痛・肩こり(両肩)・神経衰弱・・全子宮病関係・眼病(仮性近視)・冷え症・腎臓病一般・性的不能・難聴・夜尿症・膀胱炎・水虫。
相剋水は火の勢いを弱める如く、隣り合う五行の各要素は互いに高めあうが一つ置きの要素は互いに剋しあう関係にあるとする思想。
剋腎骨の障害・歯・白血球減少症(骨髄)・貧血(骨髄)・ぼけを含めた神経疾患(脳髄)・耳(内耳)から平衡器官の不調やめまい・頻尿・尿失禁・白髪・抜け毛・禿頭・甲状腺ホルモン・性腺ホルモン・副腎皮質ホルモン。
口に関する諸機能の変化と症状。
湿(体中の津液)(血液・皮下脂肪・中性脂肪・コレステロール・細胞間隙液・脳髄・関節間隙液)。
肌肉運動機能に関する諸機能の変化と症状。
 
土用
黄色
中央
甘味
思・強迫観念。
おくび(胃の中のガスがでる)・ゲップ・しゃっくり。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional