美術館,中国歴代名窯陶磁器,中華文物,玉,美術品,数微斗数,星座表,命盤,推命,宿命,天命,人生の羅針盤,占星術,翡翠,骨董,古美術,アート,陶磁器,陶芸,占い,中華文物,東洋文明,芸術,文化,芸能,伝統,中国,CHINA,古窯跡,汝官窯,釣窯,哥窯,定窯,官窯,染付け,青磁,白磁,陶器,

ようこそ、萬代美術館 (LIFE COMPASS)へ。中国歴代名窯陶磁器、数微斗数星座表から「天命」を知る。

擎羊星(けいようせい)

擎羊星(けいようせい)

L I F E C O M P A S S

擎羊星の解説
属火金 ・ 陽 ・ 北斗助星 ・ 化刑 ・ 化刑傷
十二支子宮丑宮寅宮卯宮辰宮巳宮
光輝度
十二支午宮未宮申宮酉宮戌宮亥宮
光輝度
象徴象意
容貌は、どこかにアンバランスのある相が出ます。性格は剛毅、勇敢、決断力、闘争、利口、行動力、残忍、機知、謀略、突発的力量、表面、孤独、傷等。
星能
擎羊星は六殺星の一つで「刑」の気を持ち、破壊の力量があり、吉星に対して攻撃力・破壊力を発揮します。しかし殺星に対して制衝力の作用も有します。
男女を問わず擎羊星が命宮にある人は、幼・少年期、成敗激しく多災で、強固の性向が孤立・摩擦・事故・怪我・病弱の状況を生み出します。擎羊星は丑・辰・未・戌の宮位で廟となり、命宮の人は容貌に清涼感があり、反抗心を含んだ固い性情の個性が出ます。しかし突発現象が優性として発揮されます。
火星と同宮することを喜び、その表現能力が増加されます。擎羊星には刃物の象意があり、ハサミ・包丁に関する職種にも大事な判断になります。
擎羊星が廟・旺宮位であれば良い性向に、失輝していれば悪い性向に変化します。破壊・傷害・挫折・辛労の成敗・風波も単純なものではありません。吉星と同宮しても辛労の風波を立て悪さもしますが、廉貞星・貪狼星・巨門星と同宮するのを喜び、福が増します。
また天同星・太陰星と午の宮位で同宮すると、天同星・太陰星は失輝し、無力化している星が、擎羊星に刺激されて勢気が増し、天同星・太陰星の本源的性向が産生されます。
良い条件の多少、悪い条件の多少を勘案して総合的に判断することが大事です。




擎羊星の性情
属火金 ・ 陽 ・ 北斗助星 ・ 化刑 ・ 化刑傷
肺臓・咽喉・気管支・皮膚・大腸(排便作用)。
大腸老廃物を体外に出す排便・発汗作用、鼻・気管支・肺・皮膚による呼吸作用をつかさどる。
相生木は火の勢いを強め、燃えると土に還し、灰は土を肥沃にし、肥沃な土は水を豊かにし、水は木を育てる転生輪廻思想。
生腎骨の障害・歯・白血球減少症(骨髄)・貧血(骨髄)・ぼけを含めた神経疾患(脳髄)・耳(内耳)から平衡器官の不調やめまい・頻尿・尿失禁・白髪・抜け毛・禿頭・甲状腺ホルモン・性腺ホルモン・副腎皮質ホルモン。
相剋水は火の勢いを弱める如く、隣り合う五行の各要素は互いに高めあうが一つ置きの要素は互いに剋しあう関係にあるとする思想。
剋肝門脈循環障害(痔核)・筋肉痛・肩こり(右)・眼病(眼精疲労)・蕁麻疹・悪阻イライラ・ストレス・筋肉痙攣・視力低下・自律神経失調症。
鼻に関する諸機能の変化と症状。
燥(体中の不用な水分を排瀉する機能)。
皮膚に関する諸機能の変化と症状。
 
白色
西
辛味
心配性・苦労性。
咳・喘息。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional