美術館,中国歴代名窯陶磁器,中華文物,玉,美術品,数微斗数,星座表,命盤,推命,宿命,天命,人生の羅針盤,占星術,翡翠,骨董,古美術,アート,陶磁器,陶芸,占い,中華文物,東洋文明,芸術,文化,芸能,伝統,中国,CHINA,古窯跡,汝官窯,釣窯,哥窯,定窯,官窯,染付け,青磁,白磁,陶器,

ようこそ、萬代美術館 (LIFE COMPASS)へ。中国歴代名窯陶磁器、数微斗数星座表から「天命」を知る。

疾厄宮に甲級星が入った時の判断(目次)

疾厄宮に甲級星が入った時の判断(目次)

本疾厄宮に甲級星がない場合、対面の父母宮にある甲級星で見ます。

力価は七割強です。

星には、自身の持つ病気の象意があります。

本命宮にある星、その廟陥、疾厄宮に入っている星、その廟陥によって先ず判断されます。

吉星や廟・旺の良い状態であれば、一生の健康を得る目安となります。

失輝していたり六殺星が同宮していると、病気を起こし易くなります。

また、行運によって宮の位置が移動し、更に、行運によって、新しく同宮した星の廟陥により、行運時の命宮・疾厄宮に当たる星の象意も、病気の発生、治癒、健康の重要な判断になります。

人の運命は決して宿命ではなく、命盤という器の中で星の指し示す状態を知り、心を込めて社会で実践し精進を重ね、自ら運を立てていくことが大事で、立命であることを忘れないでください。

【L I F E C O M P A S S】

INDEX






a:15274 t:10 y:5<<2014/04/26>>

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional