美術館,中国歴代名窯陶磁器,中華文物,玉,美術品,数微斗数,星座表,命盤,推命,宿命,天命,人生の羅針盤,占星術,翡翠,骨董,古美術,アート,陶磁器,陶芸,占い,中華文物,東洋文明,芸術,文化,芸能,伝統,中国,CHINA,古窯跡,汝官窯,釣窯,哥窯,定窯,官窯,染付け,青磁,白磁,陶器,

ようこそ、萬代美術館 (LIFE COMPASS)へ。中国歴代名窯陶磁器、数微斗数星座表から「天命」を知る。

身命十二宮と甲級星配列、位置と解説(紫微星が亥宮)

身命十二宮と甲級星配列、位置と解説(紫微星が亥宮)


  • 星座の分類 (ここをクリックすれば甲級星(吉星・凶星)がご覧頂けます。)
    • 甲級星 【 吉星 】 
      紫微星(しびせい)天機星(てんきせい)太陽星(たいようせい)
      武曲星(ぶきょくせい)天同星(てんどうせい)天府星(てんぷせい)
      太陰星(たいいんせい)天相星(てんそうせい)天梁星(てんりょうせい)
      文昌星(ぶんしょうせい)文曲星(ぶんきょくせい)禄存星(ろくぞんせい)
      左輔星(さほせい)右弼星(うひつせい)天魁星(てんかいせい)
      天鉞星(てんえつせい)化祿星(かろくせい)化権星(かけんせい)
      化科星(かかせい)


      甲級星 【 凶星 】 
      廉貞星(れんていせい)貪狼星(たんろうせい)巨門星(きょもんせい)
      七殺星(ひっさつせい)破軍星(はぐんせい)擎羊星(けいようせい)
      陀羅星(だらせい)火星(かせい)鈴星(れいせい)
      化忌星(かきせい)


      甲級十四星
      紫微星天機星太陽星武曲星天同星天府星太陰星
      天相星天梁星廉貞星貪狼星巨門星七殺星破軍星

紫微斗数命盤作成の五ページ、表6、表7から導き出される紫微星の位置が決まると他の甲級十三星の配列が定まります。

紫微星亥宮にある時 << 表1 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
寅宮丑宮子宮亥宮
表1

 紫微星の位置が決まって配列される十四の甲級星は、子宮と丑宮と寅宮と辰宮には入りません。各々、対面の甲級星を見ます。約七割の力量で判断。

十二宮のいずれかに、甲級十四星が入っていない宮がある時、甲級十四星以外の他の甲級星や乙級星・丙級星が入っていてもいなくても、対面の宮にある甲級十四星を借用します。

対面の宮にある甲級十四星の象意や光輝度強弱の力量を若干差し引いて、同宮の他の星と総合して判断します。







 命宮が子宮にある時 <<  表2  >>

命宮が子宮にある時 << 表2 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
交友宮遷移宮疾厄宮財帛宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
事業宮子女宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
田宅宮 夫妻宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
福徳宮父母宮命宮兄弟宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表2

 命宮が子宮、父母宮が丑宮、福徳宮が寅宮、田宅宮が卯宮、事業宮が辰宮、交友宮が巳宮、遷移宮が午宮、疾厄宮が未宮、財帛宮が申宮、子女宮が酉宮、夫妻宮が戌宮、兄弟宮が亥宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 子宮  天同星  (陥) 
 太陰星  (陥) 
 子宮に甲級十四星が入っていないので、対面の午宮にある甲級十四星を借用します。

天同星が午の宮位にあれば光輝度が(陥)の太陰星が同宮します。

天同星・太陰星が子の宮位にあるのと違い、両星は完全に失輝しています。

男女命ともに幼・少年期は不安定、感情・辛労の不安、漂泊、健康不安等の性向が出ます。

擎羊星以外の六殺星と同宮しているか影響を受けていたら、その程度が増します。

女命の人は結婚を急がない方が賢明です。

子宮に甲級十四星が入っていないので、対面の午宮にある甲級十四星を借用します。

対面の宮にある甲級十四星の象意や光輝度強弱の力量を若干差し引いて、同宮の他の星と総合して判断します。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が子宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 命宮位置が対面の午宮の意義と理解、も参考にしてください。 
      諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       命宮位置が午宮にある時の解説を参照してください。


      星の考察


      ①、六吉星・禄存星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、擎羊星以外の六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、甲・丁・己・辛・癸年生まれの人は財と官の福が厚くなります。
      ⑤、丙・戊年生まれの人は富と貴と威鎮の福が厚くなります。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       天同星・太陰星が子の宮位にあるのと違い、両星は完全に失輝しています。男女命ともに幼・少年期は不安定、感情・辛労の不安、漂泊、健康不安等の性向が出ます。擎羊星以外の六殺星と同宮しているか影響を受けていたらその程度が増します。


       ②の条件が無く、⑤の条件である丙・戊年生まれの人は擎羊星と同宮することになり、完全に失輝してる天同星・太陰星を刺激して、その衝力を増して反って事の成就の完成に威力を発揮することになります。しかし辛労・困難は倍加することは免れません。武職に向きます。②の条件があると感情面での起伏が生じ易くなり、行き悩み・辛苦の増加、健康不安等の象意が出ます。


       女命の人は結婚を急がない方が賢明です。ネオン街をこよなく愛し、好奇心旺盛で何にでも首を突っ込みたくなる性格は、異性問題や事件に巻き込まれないように注意が必要です。独身生活の道を選ぶ性向が強くでます。


       鈴星が紫微星と同宮していれば、鈴星の悪さである激発力・破壊力の性情が中和されます。


      星能


      天同星は福禄寿財、解厄制化、積善養徳の福を持った星です。六殺星を恐れず、反ってそれらの星の刺激で、天同星本来の安定思考・安楽な人生生活の象意が弱められて、荒波の社会に向かっていく開創力が強められます。
      天同星は、福徳宮にあるのを一番喜びます。命宮・事業宮にあって吉星が同宮し、六殺星が付いていなければ、精神性が高く、安楽で饗福な生活のほうを追い求めるようになります。また文芸や収集の嗜好があり、情趣豊かで悠悠自適の生活を好みます。左輔星・右弼星・文昌星・天梁星の同宮を好みます


      太陰星は富と貴を象徴し、田宅宮を司り、財帛宮・福徳宮にあるのを喜びます。太陽星とは対をなし、命宮にあれば男女命を問わず、また星の光輝度や、吉星・凶星、同宮による影響の程度差はあっても、本人の幼年時は母親との相尅が、中年時は女性なら自己と、男性なら配偶者との相尅が、晩年時は子供との相尅があります。
      太陰星は禄存星・六吉星・化祿星・化権星・化科星との同宮を喜びます。亥宮の化忌星と同宮は、良い面に変化を与えますので喜びます。太陰星は女性の星ですから、女命に廟・旺して入ると、良い判断になりますし、男命に入ると、温柔で異性との接触が多くなります。
      太陰星は擎羊星・陀羅星との同宮を嫌い、人生航路に挫折感が出てきます。これに再度、凶星に出会うと逆転し、運気が吉に向かいます。火星・鈴星・天空星・地劫星の同宮を嫌いますが、太陰星が廟・旺していれば、天空星・地劫星の同宮は、財利を尅しますが科名を汚しません。




 命宮が丑宮にある時 <<  表3  >>

命宮が丑宮にある時 << 表3 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
事業宮交友宮遷移宮疾厄宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
田宅宮財帛宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
福徳宮 子女宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
父母宮命宮兄弟宮夫妻宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表3

 命宮が丑宮、父母宮が寅宮、福徳宮が卯宮、田宅宮が辰宮、事業宮が巳宮、交友宮が午宮、遷移宮が未宮、疾厄宮が申宮、財帛宮が酉宮、子女宮が戌宮、夫妻宮が亥宮、兄弟宮が子宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 丑宮  武曲星  (廟) 
 貪狼星  (廟) 
 丑宮に甲級十四星が入っていないので、対面の未宮にある甲級十四星を借用します。

武曲星が丑・未の宮位にあれば光輝度が(廟)の貪狼星と同宮します。

貪狼星は多才多芸で、酒・色・財気の環境の中で身を処して行く才覚に優れている星です。

両星とも(廟)で光輝き、力量が強力なだけ似通った悪さが欠点となって作用します。

また、丑・未の宮位は墓庫と言われる場所で、閉じ込められる運気があり、幼・少年期の不安、辛労、行き悩みなどの現象を起こし、努力奮闘の成果は、三十歳以後に花開く大器晩成型の運勢になります。

丑宮に甲級十四星が入っていないので、対面の未宮にある甲級十四星を借用します。

対面の宮にある甲級十四星の象意や光輝度強弱の力量を若干差し引いて、同宮の他の星と総合して判断します。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が丑宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 命宮位置が対面の未宮の意義と理解、も参考にしてください。 
      諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       遷移宮の未宮にある武曲星・貪狼星を命宮の星とします。事業宮の巳宮の天府星と財帛宮の酉宮の天相星が三合で命宮を支え、運勢的に生活をしてゆくに必要な経済力は十分に満足させてくれます。
       はたらき。よい。順調な。役に立つ。かち。いきおい。もうけ。するどい。すばやい。技量がある。ききめがある。・・・等々の象意を「吉」化する運勢として持っています。
       じゅうぶんにする。みたす(滿)。たりる。そなわる。じゅうぶんにある「具足」「満足」。そえる(添)。ます(増)。すぎる。程度をこえる。などの象意を持って生活の安定力が生まれます。


      星の考察


      ①、六吉星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、火星・鈴星以外の六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、戊・己・庚年生まれの人は貴の福が厚くなります。
      ⑤、火星・鈴星が同宮しているかを見ます。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       貪狼星は多才多芸で、酒・色・財気の環境の中で身を処していく才覚に優れている星です。両星とも(廟)で光輝き、力量が強力なだけ似通った悪さが欠点となって作用します。また未の宮位は墓庫と言われる場所で閉じ込められる運気があり、幼・少年期の不安、辛労、行き悩みなどの現象を起こし、努力奮闘の成果は三十歳以後に花開く、大器晩成型の運勢になります。


       ②の条件があれば、賭博や酒の誘惑が多くなるので注意が必要です。経済・商売に向きます。芸能・インテリア・宝石・骨董などにも趣向を呈します。


       好き嫌いがはっきりして興味のある内は誰にも触らせませんが、どうでも良くなれば気前よく人に上げるところがあります。大変倹約家であります。


      星能


      武曲星は、財・孤尅・剛強の星ですから、婚姻に少なからずの影響を与え、男性には良いのですが女性には不利です。四化星には敏感に反応し、化祿星が付くと経済商業活動に、化権星が付くと武職に、化科星が付くと文職や文藝界に向きます。
      化忌星・火星・孤辰星・寡宿星が付くのを嫌います。武曲星は、七殺星・破軍星・貪狼星と同宮することを好みます。禄存星・天馬星が付くと、故郷を離れて蓄財をしようとします。


      貪狼星は多才多芸の星なのですが、文芸界の方面を好むのではなく、酒・色・財気の環境の中で、身を処していく才覚に優れています。
      七殺星・破軍星・貪狼星は、常に、ある一定の位置にあり、その変化と波動性の力量は、貪狼星<破軍星<七殺星の順で強くなります。貪狼星は火星・鈴星と同宮を好み、その力量が増し、突発性の現象も現れます。
      例えば化祿星と、更に同宮していれば、突然財運に恵まれる運気に出会います。六殺星である天空星・地劫星・化忌星と同宮するのも好み、貪狼星の性質である、酒・色・財気を和らげて才芸面の力量が増し、専門技術者としての道も開けてきます。
      貪狼星は擎羊星・陀羅星との同宮を嫌います。これに他の凶星が再度、同宮すると、貪狼星本来の性質が失われて辛労が加重されますので、技芸を身に付けた生活を送ることが賢明です。




 命宮が寅宮にある時 <<  表4  >>

命宮が寅宮にある時 << 表4 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
田宅宮事業宮交友宮遷移宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
福徳宮疾厄宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
父母宮 財帛宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
命宮兄弟宮夫妻宮子女宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表4

 命宮が寅宮、父母宮が卯宮、福徳宮が辰宮、田宅宮が巳宮、事業宮が午宮、交友宮が未宮、遷移宮が申宮、疾厄宮が酉宮、財帛宮が戌宮、子女宮が亥宮、夫妻宮が子宮、兄弟宮が丑宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 寅宮  太陽星  (地) 
 巨門星  (廟) 
 寅宮に甲級十四星が入っていないので、対面の申宮にある甲級十四星を借用します。

寅宮に甲級十四星が入っていないので、対面の申宮にある甲級十四星を借用します。

対面の宮にある甲級十四星の象意や光輝度強弱の力量を若干差し引いて、同宮の他の星と総合して判断します。

太陽星が申の宮位で光輝度が(廟)の巨門星と同宮します。

午後の太陽で陽光は威力を弱め、寅の宮位のような太陽の光ではありません。

最初は勢いがあり一生懸命なのですが、途中から惰情に流れてします象意を持ちます。

巨門星は口才の星です。

公共の宣伝活動・文職・教職に、その能力を発揮します。

個人や周囲の変化に影響されにくい、出来るだけ安定した社会の職種で、人と隋和していき易い環境の職種を慎重に選ぶことが賢明です。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が寅宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 命宮位置が対面の申宮の意義と理解、も参考にしてください。 
      諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       遷移宮の申宮には太陽星・巨門星が入っています。寅宮の命宮に天空星・地劫星・陀羅星・火星・鈴星が入っていないと、世の中に出て社会的に経済力が付いてくるに連れて、その名声が遠くまで広まる運勢を持っています。
       
       遷移宮の申宮には太陽星・巨門星が入っています。事業宮の午宮には天同星・太陰星が、財帛宮の戌宮には天機星・天梁星があります。公務員の職能に適し、向いています。


      星の考察


      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       午後の太陽で、陽光は威力を弱め、寅の宮位のような太陽の光ではありません。最初は勢いがあり一生懸命なのですが、途中から惰情に流れてします象意を持ちます。
       巨門星は口才の星です。公共の宣伝活動・文職・教職に、その能力を発揮します。個人や周囲の変化に影響されにくい、出来るだけ安定した社会の職種で、人と隋和していき易い環境の職種を慎重に選ぶことが賢明です。星は(廟)で輝いているのですが、巨門星の持つ是非の悪さは消えず、太陽星のお陰で救われています。その分、太陽星にも多少のダメージは受けます。


       女命は癸年生まれの人を除いて晩婚の傾向が強く出ます。六殺星や化忌星の条件があると、女性には感情の起伏・異性の縁、生活の乱れが生じやすくなり、成敗の風波に遭って不利です。熱しやすく冷めやすいのと口舌に注意が必要です。ひどくなると孤独になり、財、人間関係、家庭を破ります。


      星能


      太陽星は、紫微星に次いで権威性を持っています。命宮にあれば男女を問わず、また星の光輝度や吉星・凶星、同宮による影響の程度差はあっても、本人の幼年時は父親との相尅が、中年時は男性なら自己と、女性なら配偶者との相尅が、晩年時は、子供との相尅があります。
      太陽星が(廟)・(旺)の宮位であれば良いですが、(平)・(陥)の宮位で凶星の影響を受けていたら、例えば、幼少時に父親との生離死別、父親の事業失敗・病気・不在・暴力などが考えられます。太陽星が(廟)・(旺)の宮位で、事業宮にあることを喜びます。太陽星が(廟)・(旺)の宮位で、六殺星と同宮すると辛労の負担が増します。しかし卯宮にある太陽星を除いて化忌星を嫌います。太陽星は、また三台星・八座星・恩光星・天貴星との同宮を好みます。
      天刑星と会えば、武職に向きます


      巨門星は口才の星です。公共の宣伝活動・営業・外交にその能力を発揮します。星の力量が弱くなると、口才が是非に変化しますので、女命に入るのはあまり良いことではありません。
      また辛労の象意もあり、何処の宮位にあっても吉星の助けがなければ、幼年期は苦労が伴います。しかし苦労の後、その才能と努力は報われます。
      貪狼星の処世術は自身の多芸多才に酒・色・財気で、天機星のそれは、勤勉な行動と緻密な企画を通じて自由自在に繋がりをつけていくのに比して、巨門星は、まさに「口才」を通してであり、学校の先生のように、人を教えたり歌うことで人を感動させたり、話術で外交を切り開いていく処世術にその才能を発揮することになります。
      文曲星の口才のように、会話の中に財や桃花を含んだ、相手を思いやる為の修飾語とは少し違って、財気少なく理路整然として、単刀直入の会話となります。もし化権星と同宮すれば、より強くこの語調が出て、相手に迫るようになります。
      巨門星が廟・旺の宮位や、午宮にあって化祿星と同宮し、更に吉星と同宮していると、その力量は事業として社会の中で表現できます。
      例えば、文曲星・紅鸞星・天喜星・文昌星・天姚星・咸池星・化科星等と同宮すると、演芸界・娯楽界で非凡な才能を発揮出来るようになります。
      巨門星が擎羊星・陀羅星と同宮すると、感情面での風波が立ちやすくなります。火星・鈴星と同宮すると、なかなか思う様にはいかないで悩み苦しむようになります。
      天空星・地劫星と同宮すると、幼年期に生まれ故郷を離れなければならないような境遇に陥りやすくなります。
      化忌星と同宮すると、口舌・是非が甚だしく多くでるようになります。




 命宮が卯宮にある時 <<  表5  >>

命宮が卯宮にある時 << 表5 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
福徳宮田宅宮事業宮交友宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
父母宮遷移宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
命宮 疾厄宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
兄弟宮夫妻宮子女宮財帛宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表5

 命宮が卯宮、父母宮が辰宮、福徳宮が巳宮、田宅宮が午宮、事業宮が未宮、交友宮が申宮、遷移宮が酉宮、疾厄宮が戌宮、財帛宮が亥宮、子女宮が子宮、夫妻宮が丑宮、兄弟宮が寅宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 卯宮  廉貞星  (平) 
 破軍星  (陥) 

廉貞星が卯・酉の宮位にあると失輝した破軍星が同宮します。

破軍星は紫微星の命令で最前線地でその威力・能力を発揮する星ですから、勇猛無比で危険や変化の波動から逃れることは出来ません。

貪狼星以上に変化が激しく、女命にこれが入れば、感情面での影響は大きく、財気の変動にも不利に働きます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が卯宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       乙・丁・辛・癸年生人は、神から授かる助け、と言われる有形無形の「福」を受けた人生を歩むことができます。こつこつと努力の積み重ねにより、するどさが加わり、善い働き、役に立つ「福」となり、利益となって還元されるサイクルが社会に形成されるようになります。自分のルーツとも言える祖先や両親との縁を絶って独立して出発する。親類縁者との人間関係からも離れ、疎遠になる運勢を歩む傾向がでます。
       乙年生人は、天機星に化禄星・天梁星に化権星・紫微星に化科星・太陰星に化忌星が付き、禄存星が卯宮・擎羊星が辰宮・陀羅星が寅宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       辛年生人は、巨門星に化禄星・太陽星に化権星・文曲星に化科星・文昌星に化忌星が付き、禄存星が酉宮・擎羊星が戌宮・陀羅星が申宮・天魁星が午宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       癸年生人は、破軍星に化禄星・巨門星に化権星・太陰星に化科星・貪狼星に化忌星が付き、禄存星が子宮・擎羊星が丑宮・陀羅星が亥宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       甲・丙・庚年生人は、道理に従わないで、ある事態、状況が生じる。同様にまた、道理に従わないで、ある事態、状況がやぶれる、壊れるなどのことを体験する運勢を持っています。維持耐久力不足を体得することになります。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       
       流年宮で未宮に入ると武曲星・貪狼星の影響を受けて、祖先から伝わった事業・財産を砕き破るような状況に追い込まれる事態になる運勢を持っていますので注意が必要です。花が萎むが如く、次第に調子が急になって変化が多くなり、敗れ損なう象意を持っています。
       
       人間の知恵によって生み出される書物・法律・政治・外交・教化・学問・芸術など、仁徳の総称をつかさどって任務とする職能・職域に対比した、兵法、兵威、兵器などの武威・権威を任務としてつかさどる職業に向いています。
       
       文昌星と本宮(ここでは卯宮)・對宮(ここでは酉宮)で逢うと、中国では古くから、禮は社会の秩序を整え、樂は人の心を和らげるものとして、政治上、特に重視されたと言われており、礼儀と音楽を、好み(ヨシミ、喜んでたしなむ意。)とするようになります。(各自、現代風に意訳してみてください。)
       
       禄存星と本宮(ここでは卯宮)・對宮(ここでは酉宮)で逢うと、物や権利の総称である財本運が強くなり、財祿が付き、社会的な地位・身分もそれに相応呼応するかのように高くなります。
       
       擎羊星・火星・鈴星が同宮すると、公務員・公共団体、あるいは、巧み・わざ・腕前で象徴される手工芸術も含めた、技能・芸術・技術・学術などを身に付けた芸や資格を持って社会で自己実現することを目指すことに向いています。
       
       擎羊星が同宮すると、日常生活をする中での人間関係で、正か不正かの口諍い、黒白論争の虫が、顔を出すようになります。また、病気や悩み憂いなどが重なり、誘因となって後遺症や慢性病とならないように注意が肝要です。
       
       火星・鈴星が同宮すると、人間の持つ際限のない欲求心とつまらない人間の臆病性、ごますり、愚行癖などが顔を出すようになります。
       
       擎羊星・火星・鈴星が、本宮(ここでは卯宮)・對宮(ここでは酉宮)で逢うと、心配事、悩み、苦悩、葛藤、病気、日常生活上での諍いなどが絶えないようになり、仕事上や取引関係先とのトラブルなどのごたごたが付きまといます。
       
       未宮事業宮にある武曲星・貪狼星に擎羊星が入れば、犯罪に巻き込まれるもめ事に、特に注意が必要です。
       
       酉宮遷移宮にある天相星に擎羊星が入れば、死の危険を秘めた過ちに遭遇する事態も生じかねません。
       
       擎羊星が卯宮事業宮に同宮すると、往く先々で片時も仕事の件から頭が放れず、習慣のようにお願いをするようになります。
       
       女命、乙・丙・戊・辛年生まれの人は、清廉潔白で特に吉です。家庭・仕事、両刀使いの名人です。


      星の考察


      ①、六吉星・禄存星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、乙・丁・辛・癸年生まれの人は福が厚くなります。
      ⑤、夫妻宮の吉凶を見ます。
      ⑥、福徳宮の吉凶を見ます。
      ⑦、父母宮の吉凶を見ます。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       破軍星は紫微星の命令で最前線地でその威力・能力を発揮する星ですから、勇猛無比で、危険や変化の波動から逃れることは出来ません。貪狼星以上に変化が激しく、女命にこれが入れば感情面での影響は大きく、財気の変動にも不利に働きます。 身体の故障や怪我が多くなりますから注意してください。人が驚くほどの忍耐力が目標達成に活かされます。技術、芸能、アイデア等を成功させる原動力と十分になります。


       廉貞星の変化と桃花、破軍星の開拓と指導の性向が上手く融合されて社会に良く能力が発現されます。マスコミ・政界・公職に向きます。甲年生まれの人は経営商売には向きませんが経理畑の職種に向きます。


       ⑤、⑥、⑦の各条件の吉凶も良く調べてください。②の条件があって良い判断が出来なければ、両親との縁・婚姻問題の不安が起こり易くなります。特に幼年期の病気・怪我・環境不安に見舞われ易い運気です。


       女性は礼儀正しい清潔感のするやや痩身の美人が多い。ネオン街をこよなく愛し、好奇心旺盛で何にでも首を突っ込みたくなる性格は、異性問題や事件に巻き込まれないように注意が必要です。家庭に入られるなら、お酒や遊びは家族の調和を乱さない範囲で楽しんでください。早い結婚は福が薄くなります。


      星能
      廉貞星は変化、桃花の星で、どの宮位にあっても、良くその作用が出ますが、特に事業宮で、異性が多く従事する事業や宣伝広告業、服飾デザイン・販売業、小売業等に顕著に表れます。
      文昌星と同宮すると形式とか娯楽の面が、禄存星では富貴が増します。六殺星と同宮すると、武職に向くようになり、高い役職に付いている人や学者、専門職にある人に有利に働きますが、化忌星が付くと、いろいろ問題が出るようになります。
      左輔星・右弼星・天魁星・天鉞星と同宮すると、廉貞星の本来の象意に蛇足が付いた感が否めません。





 命宮が辰宮にある時 <<  表6  >>

命宮が辰宮にある時 <<  表6  >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
父母宮福徳宮田宅宮事業宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
命宮交友宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
兄弟宮 遷移宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
夫妻宮子女宮財帛宮疾厄宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表6

 命宮が辰宮、父母宮が巳宮、福徳宮が午宮、田宅宮が未宮、事業宮が申宮、交友宮が酉宮、遷移宮が戌宮、疾厄宮が亥宮、財帛宮が子宮、子女宮が丑宮、夫妻宮が寅宮、兄弟宮が卯宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 辰宮  天機星  (利) 
 天梁星  (廟) 
 辰宮に甲級十四星が入っていないので、対面の戌宮にある甲級十四星を借用します。

辰宮に甲級十四星が入っていないので、対面の戌宮にある甲級十四星を借用します。

対面の宮にある甲級十四星の象意や光輝度強弱の力量を若干差し引いて、同宮の他の星と総合して判断します。

天機星が辰・戌の宮位で天梁星と光輝度が(廟)で同宮します。

天機星の象意に天梁星の象意が加味されます。

天梁星は、蔭・壽・貴の象意を持っていて、困難な事に遭遇しても、良く解決する力量を持ち吉兆を呈します。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が辰宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 命宮位置が対面の戌宮の意義と理解、も参考にしてください。 
      諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       遷移宮の戌宮には天機星・天梁星が入っています。遷移宮の戌宮に化禄星・化権星・化科星・文昌星・文曲星・左輔星・右弼星が入ると、財産が豊富で豪商ともいえる商いを手広くする運勢を持つことになります。陀羅星・化忌星・火星・鈴星・天空星・地劫星などの星が戌宮にあると、前者のような判断にはなりません。
       
       遷移宮の戌宮には天機星・天梁星が入っています。天梁星は長寿の象意がある星で、年老いて長生きし、健康を保ち続けることに恵まれます。また、人なら誰もが不吉と感じ、むなしさ、わざわい(災・禍)、人を傷つける、争い、怖れ、憂えなどの諸条件に耐え忍び、乗り越えようとする不思議なパワーを秘めていて、恐れて立ちすくみ、回避しようとする行為には繋げません。人生行路で生じる困難、災、禍などに臆さず怖れず乗り越え切り開いて行く運勢を持っています。
       
       人として生きる時代・一世、道理に明るく、上手に生業として代々の務めとするような功業を営む事が出来ます。また、災・禍、人との争い事、畏れ、憂いなど人生行路で生じる様々な煩悩に対しても上手に乗り越えて行く処世術も巧みです。
       
       遷移宮の戌宮には天機星・天梁星が入っています。巧み・わざ・腕前で象徴される手工芸術も含めた、技能・芸術・技術・学術など、身に備わっている優れて立派な才能・能力を、芸や資格など社会制度を活用して上手く自己表現することに向けてください。文具、文学、書籍などの方面の職域・職能にも向いています。また、軍略の弁舌巧みでよく習熟し、権謀術策に長る象意が出るようになります。


      星の考察


      ①、六吉星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六殺星・化忌星・化祿星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星・化祿星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、丁・巳・庚・壬年生まれの人は福が厚くなります。
      ⑤、命宮が戌の宮位にあり、丙・戊年生まれの人。
      ⑥、命宮が辰の宮位にあり、丙・丁年生まれの人。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       天機星の象意に天梁星の象意が加味されます。天梁星は蔭・壽・貴の象意を持っていて、困難な事に遭遇しても良く解決する力量を持ち吉兆を呈します。困難に出くわして、対処に苦労をするようになって始めて星の真価が出てきます。 企画、分析、演出力が巧みで、あらゆる物事に対処法が臨機応変で卓越しています。信仰心も大変厚くなります。聡明さが増し、異性との交際も広がります。


       戌の宮位に命宮がある人は、他の星の配列から見て辰の宮位に命宮がある人に比べて不利に働きますが、⑤の条件が入ると辛苦の風波は避けられませんが、事の成就は得られます。


       擎羊星、陀羅星、火星、鈴星が辰宮に入ることを、四殺冲合と言い、女命では自分を粗末にしたり道にはずれる行いにより、法に触れるようなきびしい災いに遭遇しない用心が必要です。


      星能


      天機星は、慈悲心厚く聡明機智の象意があり、頭の回転を武器に対外的交渉術を発揮します。これに天才星の同宮を好み、星の気勢が増加されます。 天機星の才覚は、企画・演出・運動・分析力であり、貪狼星のそれは、酒・色・財気であり、文昌星・文曲星のそれは、文芸・口才術です。凶星との抵抗力が弱いので、それら六殺星の同宮を嫌いますが、吉星の助けがあると救われます。
       大運・年運で天機星が廟・旺の宮で会い、吉星の助けを受けていれば、多忙ではありますが、事業、あるいは環境に良い変化が現れます。若し、平宮・陥宮であれば、変化を求めず保守に心掛けるのが良いです。


      天梁星は蔭・壽・貴の象意を持っていて、困難な事に遭遇しても、良く解決する力量を持ち、人の困苦を救って喜ばれると、それが益々、星の気勢に磨きをかける事になります
      天梁星と禄存星・化祿星の同宮を望みません。それは銭財を求める星ではないからです。ですから、有ると、どの様に使ったら良いのか分らず、反って困る原因になります。
      経営・商売の分野には向きません。天梁星は壽星ですから、命宮や遷移宮にあると延壽の力量が発揮されます。
      男女を問わず、命宮にあると、人を助けることを天職とする仕事に就こうとする傾向が強く出、また、よく人が何かと助けを求めて来る様になります。
      天梁星には善や貴を持っていますが、天相星の自ら積極的に動いて人を助ける善、天機星の慈悲心厚い善行、太陽星が持つ貴、天魁星や天鉞星が持つ有形無形の貴人から受ける援助の貴、のように明白でないことが多く、どちらかというと、「清高」という表現に近く、人の手本になったり、俗に言う医者や弁護士のような声望家、哲学思想家、宗教家的職種で以って、人に愛でたい兆しを指し示して、凶を吉に化解する力量を発揮する星であると言えます。
      化科星との同宮を一番喜びます。六吉星と同宮すると、どんな要職にも適し、また学術研究分野での活躍も期待できます。




 命宮が巳宮にある時 <<  表7  >>

命宮が巳宮にある時 << 表7 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
命宮父母宮福徳宮田宅宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
兄弟宮事業宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
夫妻宮 交友宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
子女宮財帛宮疾厄宮遷移宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表7

 命宮が巳宮、父母宮が午宮、福徳宮が未宮、田宅宮が申宮、事業宮が酉宮、交友宮が戌宮、遷移宮が亥宮、疾厄宮が子宮、財帛宮が丑宮、子女宮が寅宮、夫妻宮が卯宮、兄弟宮が辰宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 巳宮  天府星  (地) 

天府星は巳・亥の宮位に光輝度が(地)で独座して入ります。

天府星は財星であり、紫微星同様、領導や覇権を備えていますが、独座であっても紫微星のような孤独や独断専行の行為とはなりません。

財帛宮や田宅宮を司り、天相星同様、紫微星を補佐する星です。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が巳宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       乙・丙・戊・辛年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       乙年生人は、天機星に化禄星・天梁星に化権星・紫微星に化科星・太陰星に化忌星が付き、禄存星が卯宮・擎羊星が辰宮・陀羅星が寅宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       辛年生人は、巨門星に化禄星・太陽星に化権星・文曲星に化科星・文昌星に化忌星が付き、禄存星が酉宮・擎羊星が戌宮・陀羅星が申宮・天魁星が午宮・天鉞星が寅宮に入ります。
       
       左輔星・右弼星・文昌星・文曲星が同宮していると、官吏の道が開かれており、優秀な成績で採用、行政手腕も高く、君恩による光栄にも浴せる運気を、象意として持っています。 
       
       左輔星が同宮すれば、広大な敷地のある立派な屋敷を住まいとする生活環境を持つ力量があります。 
       
       禄存星と文昌星・文曲星が同宮すると、財産・物資・地位・身分などの相乗効果で財貨が非常に多くあつまり、一定の条件が揃う運勢を持つことになります。 
       
       擎羊星・陀羅星・火星・鈴星が亥宮・卯宮・巳宮・未宮に入ると會合すると言い、、犯罪が絡む社会に足を踏み入れないように、また災難に出会わないよう注意を怠りなく。 
       
       天空星・地劫星・天虚星・截空星・旬空星などと同宮すると、孤立感を深める人生を歩みがちになります。 


      星の考察


      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       天府星は財星であり紫微星同様、領導や覇権を備えていますが、独座であっても紫微星のような孤独や独断専行の行為とはなりません。財帛宮や田宅宮を司り、天相星同様、紫微星を補佐する星です。良い宮位置で吉星と同宮しておれば、事業の発展も十二分に対応能力がある星です。


       対面の遷移宮には紫微星・七殺星が入っています。天府星は紫微星の補佐をする星ですから、天相星同様、自己主張を好みません。自己の主体的な目的で動くのに不利に働きます。どうしても他の良い星の助けを必要とする所以です。また頼みの綱の天相星は、事業宮で失輝していますから、力になってくれるどころか足を引っ張られているのが実情です。


       天馬星が入ると、天府星の財気の運用に携わるだけでなく、天府星の保守性向に微に入り細に入り装飾的細工をしていきます。





 命宮が午宮にある時 <<  表8  >>

命宮が午宮にある時 << 表8 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
兄弟宮命宮父母宮福徳宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
夫妻宮田宅宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
子女宮 事業宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
財帛宮疾厄宮遷移宮交友宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表8

 命宮が午宮、父母宮が未宮、福徳宮が申宮、田宅宮が酉宮、事業宮が戌宮、交友宮が亥宮、遷移宮が子宮、疾厄宮が丑宮、財帛宮が寅宮、子女宮が卯宮、夫妻宮が辰宮、兄弟宮が巳宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 午宮  天同星  (陥) 
 太陰星  (陥) 

天同星が午の宮位にあれば光輝度が(陥)の太陰星が同宮します。

天同星・太陰星が子の宮位にあるのと違い、両星は完全に失輝しています。

男女命ともに幼・少年期は不安定、感情・辛労の不安、漂泊、健康不安等の性向が出ます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が午宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       甲・丁・己・辛・癸年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       辛年生人は、巨門星に化禄星・太陽星に化権星・文曲星に化科星・文昌星に化忌星が付き、禄存星が酉宮・擎羊星が戌宮・陀羅星が申宮・天魁星が午宮・天鉞星が寅宮に入ります。 
       癸年生人は、破軍星に化禄星・巨門星に化権星・太陰星に化科星・貪狼星に化忌星が付き、禄存星が子宮・擎羊星が丑宮・陀羅星が亥宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       丙・戊年生人は、家には財貨が満ち、かつ、高位・高官など社会で敬い尊ばれるような身分の昇進が見られます。また、その独特な気風である威圧力は周囲までも影響力を行使できる運勢の持ち主です。 
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       
       左輔星・右弼星と文昌星が、午宮・子宮で同宮していれば、優れた人格・身分を備えた運勢が、この現実社会でハッキリと現れ、表現できる象意を持つようになります。
       
       擎羊星・化忌星・火星・鈴星・天空星・地劫星が午宮・子宮で同宮していれば、糧を得るのに困窮したり、日常生活を送るに辛い苦労を強いられることが、波が寄せるようにどっと押し寄せる環境変化に十二分に堪えられるように心掛ける必要があります。
       
       擎羊星・化忌星・火星・鈴星・天空星・地劫星が重なって入ると、金儲けに奔り過ぎて身体を壊すことになりかねません。
       
       女命、結婚を急がない方が賢明です。ネオン街をこよなく愛し、好奇心旺盛で何にでも首を突っ込みたくなる性格は、異性問題や事件に巻き込まれないように注意が必要です。独身生活の道を選ぶ性向が強くでます。


      星の考察


      ①、六吉星・禄存星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、擎羊星以外の六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、甲・丁・己・辛・癸年生まれの人は財と官の福が厚くなります。
      ⑤、丙・戊年生まれの人は富と貴と威鎮の福が厚くなります。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       天同星・太陰星が子の宮位にあるのと違い、両星は完全に失輝しています。男女命ともに幼・少年期は不安定、感情・辛労の不安、漂泊、健康不安等の性向が出ます。擎羊星以外の六殺星と同宮しているか影響を受けていたらその程度が増します。


       ②の条件が無く、⑤の条件である丙・戊年生まれの人は擎羊星と同宮することになり、完全に失輝してる天同星・太陰星を刺激して、その衝力を増して反って事の成就の完成に威力を発揮することになります。しかし辛労・困難は倍加することは免れません。武職に向きます。②の条件があると感情面での起伏が生じ易くなり、行き悩み・辛苦の増加、健康不安等の象意が出ます。


       女命の人は結婚を急がない方が賢明です。ネオン街をこよなく愛し、好奇心旺盛で何にでも首を突っ込みたくなる性格は、異性問題や事件に巻き込まれないように注意が必要です。独身生活の道を選ぶ性向が強くでます。


       鈴星が紫微星と同宮していれば、鈴星の悪さである激発力・破壊力の性情が中和されます。


      星能


      天同星は福禄寿財、解厄制化、積善養徳の福を持った星です。六殺星を恐れず、反ってそれらの星の刺激で、天同星本来の安定思考・安楽な人生生活の象意が弱められて、荒波の社会に向かっていく開創力が強められます。
      天同星は、福徳宮にあるのを一番喜びます。命宮・事業宮にあって吉星が同宮し、六殺星が付いていなければ、精神性が高く、安楽で饗福な生活のほうを追い求めるようになります。また文芸や収集の嗜好があり、情趣豊かで悠悠自適の生活を好みます。左輔星・右弼星・文昌星・天梁星の同宮を好みます


      太陰星は富と貴を象徴し、田宅宮を司り、財帛宮・福徳宮にあるのを喜びます。太陽星とは対をなし、命宮にあれば男女命を問わず、また星の光輝度や、吉星・凶星、同宮による影響の程度差はあっても、本人の幼年時は母親との相尅が、中年時は女性なら自己と、男性なら配偶者との相尅が、晩年時は子供との相尅があります。
      太陰星は禄存星・六吉星・化祿星・化権星・化科星との同宮を喜びます。亥宮の化忌星と同宮は、良い面に変化を与えますので喜びます。太陰星は女性の星ですから、女命に廟・旺して入ると、良い判断になりますし、男命に入ると、温柔で異性との接触が多くなります。
      太陰星は擎羊星・陀羅星との同宮を嫌い、人生航路に挫折感が出てきます。これに再度、凶星に出会うと逆転し、運気が吉に向かいます。火星・鈴星・天空星・地劫星の同宮を嫌いますが、太陰星が廟・旺していれば、天空星・地劫星の同宮は、財利を尅しますが科名を汚しません。




 命宮が未宮にある時 <<  表9  >>

命宮が未宮にある時 << 表9 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
夫妻宮兄弟宮命宮 父母宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
子女宮福徳宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
財帛宮 田宅宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
疾厄宮遷移宮交友宮事業宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表9

 命宮が未宮、父母宮が申宮、福徳宮が酉宮、田宅宮が戌宮、事業宮が亥宮、交友宮が子宮、遷移宮が丑宮、疾厄宮が寅宮、財帛宮が卯宮、子女宮が辰宮、夫妻宮が巳宮、兄弟宮が午宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 未宮  武曲星  (廟) 
 貪狼星  (廟) 

武曲星が丑・未の宮位にあれば光輝度が(廟)の貪狼星と同宮します。

貪狼星は多才多芸で、酒・色・財気の環境の中で身を処して行く才覚に優れている星です。

両星とも(廟)で光輝き、力量が強力なだけ似通った悪さが欠点となって作用します。

また、丑・未の宮位は墓庫と言われる場所で、閉じ込められる運気があり、幼・少年期の不安、辛労、行き悩みなどの現象を起こし、努力奮闘の成果は、三十歳以後に花開く大器晩成型の運勢になります。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が未宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       戊・己・庚・辛年生人は、火星が同宮すれば、社会で敬い尊ばれ、身分の昇進が見られるような才能の品格を標準として備え持っています。
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       辛年生人は、巨門星に化禄星・太陽星に化権星・文曲星に化科星・文昌星に化忌星が付き、禄存星が酉宮・擎羊星が戌宮・陀羅星が申宮・天魁星が午宮・天鉞星が寅宮に入ります。 
       
       癸年生人は、社会で敬い尊ばれ、身分の昇進が見られるような才能の品格を標準として備え持っていますが、耐久力・持久力不足に陥ります。
       癸年生人は、破軍星に化禄星・巨門星に化権星・太陰星に化科星・貪狼星に化忌星が付き、禄存星が子宮・擎羊星が丑宮・陀羅星が亥宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       化禄星・化権星・化科星・文昌星文曲星・左輔星右弼星・天鉞星などが同宮すると、人が社会生活を営む中で、目上の人にさかずきをすすめるとか、健康や長寿を祝したり、祝い物を贈るなど、お目出度いことを象徴的に示す言葉である「壽」を、継続的に長く備わった運勢を歩むことを象徴象意として暗示していますが、これらの吉星が同宮していなければ、象徴的「壽」の福が長続きしない、耐久性が乏しい運勢となります。また、口才・話術が巧みで、人との関心を惹く能力に長けています。自分みずから入手した一身一家の利益に対する欲求心・独占欲は旺盛です。物に対する執着心が強く、好き嫌いがはっきりして興味のある内は誰にも触らせませんが、どうでも良くなれば気前よく人に上げるところがあります。大変倹約家であります。このような性格・性情は、若いときには不利に作用しますが三十歳を節目として運気は好転します。 
       
       貪狼星は多才多芸で、酒・色・財気の環境の中で身を処していく才覚に優れている星です。両星とも(廟)で光輝き、力量が強力なだけ似通った悪さが欠点となって作用します。また丑の宮位は墓庫と言われる場所で閉じ込められる運気があり、幼・少年期の不安、辛労、行き悩みなどの現象を起こし、努力奮闘の成果は三十歳以後に花開く、大器晩成型の運勢になります。
       
       丑・辰・未・戌年生まれの人は、物や権利の総称である財本運が強くなり、財祿が付き、社会的な地位・身分もそれに相応呼応するかのように高くなります。
       
       申・午宮に太陽星・太陰星によって未宮が挟まれ、その宮が命宮か財帛宮で、化禄星・化権星・化科星・文昌星文曲星・左輔星右弼星・天鉞星が同宮していれば、勢いや力に象徴される、権威や權勢で社会の中で自己表現していくのではなく、財産や物資などの財祿を得る過程でその才能が発揮されます。
       
       火星・鈴星・擎羊星・陀羅星・天空星・地劫星・化忌星が同宮すると、手先の器用さが生かされる職域か、技術職方面で自分の能力を生かすか、各地をめぐって商業をする仕事、あるいは、デスクワークではなく営業職に就いて自己表現する象意を持ちます。
       
       文昌星文曲星と同宮すると、文武の才能を兼ね備え、社会で遺憾なくその力量を発揮し、果実と高い評価を得るようになります。但し、社会生活で実の部分が減り、虚の部分が多くなる、という陰の部分が共存していることにも十二分に認識しておく必要があります。
       
       天鉞星が同宮すると、経理・税理・財利を象徴とする職域・職能に向いています。
       
       火星・鈴星が同宮し、擎羊星・陀羅星・天空星・地劫星が同宮していなければ、物や権利の総称である財本運が強くなり、財祿が付き、社会的な地位・身分もそれに相応呼応するかのように高くなります。
       
       本方未宮・對方丑宮に火星が入っていると、本人が持っているとされている象意の発露の威光は鋭く、社会に広く轟きます。
       
       禄存星・化禄星・化権星・化科星・文昌星文曲星・左輔星右弼星・天鉞星などが同宮していなければ、浪費癖が顔を出し、酒色や遊びに自己を見失うほど夢中になって金銭を費やすようなことになりかねません。適度な生活習慣を保てるように自戒してください。
       
       武曲星・貪狼星が財帛宮・田宅宮にあると、思いがけなく水が溢れるように財運の喜びに出会います。


      星の考察


      ①、六吉星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、火星・鈴星以外の六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、戊・己・庚年生まれの人は貴の福が厚くなります。
      ⑤、火星・鈴星が同宮しているかを見ます。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       貪狼星は多才多芸で、酒・色・財気の環境の中で身を処していく才覚に優れている星です。両星とも(廟)で光輝き、力量が強力なだけ似通った悪さが欠点となって作用します。また未の宮位は墓庫と言われる場所で閉じ込められる運気があり、幼・少年期の不安、辛労、行き悩みなどの現象を起こし、努力奮闘の成果は三十歳以後に花開く、大器晩成型の運勢になります。


       ②の条件があれば、賭博や酒の誘惑が多くなるので注意が必要です。経済・商売に向きます。芸能・インテリア・宝石・骨董などにも趣向を呈します。


       好き嫌いがはっきりして興味のある内は誰にも触らせませんが、どうでも良くなれば気前よく人に上げるところがあります。大変倹約家であります。


      星能


      武曲星は、財・孤尅・剛強の星ですから、婚姻に少なからずの影響を与え、男性には良いのですが女性には不利です。四化星には敏感に反応し、化祿星が付くと経済商業活動に、化権星が付くと武職に、化科星が付くと文職や文藝界に向きます。
      化忌星・火星・孤辰星・寡宿星が付くのを嫌います。武曲星は、七殺星・破軍星・貪狼星と同宮することを好みます。禄存星・天馬星が付くと、故郷を離れて蓄財をしようとします。


      貪狼星は多才多芸の星なのですが、文芸界の方面を好むのではなく、酒・色・財気の環境の中で、身を処していく才覚に優れています。
      七殺星・破軍星・貪狼星は、常に、ある一定の位置にあり、その変化と波動性の力量は、貪狼星<破軍星<七殺星の順で強くなります。貪狼星は火星・鈴星と同宮を好み、その力量が増し、突発性の現象も現れます。
      例えば化祿星と、更に同宮していれば、突然財運に恵まれる運気に出会います。六殺星である天空星・地劫星・化忌星と同宮するのも好み、貪狼星の性質である、酒・色・財気を和らげて才芸面の力量が増し、専門技術者としての道も開けてきます。
      貪狼星は擎羊星・陀羅星との同宮を嫌います。これに他の凶星が再度、同宮すると、貪狼星本来の性質が失われて辛労が加重されますので、技芸を身に付けた生活を送ることが賢明です。




 命宮が申宮にある時 << 表10 >>

命宮が申宮にある時 << 表10 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
子女宮夫妻宮兄弟宮 命宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
財帛宮父母宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
疾厄宮 福徳宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
遷移宮交友宮事業宮田宅宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表10

 命宮が申宮、父母宮が酉宮、福徳宮が戌宮、田宅宮が亥宮、事業宮が子宮、交友宮が丑宮、遷移宮が寅宮、疾厄宮が卯宮、財帛宮が辰宮、子女宮が巳宮、夫妻宮が午宮、兄弟宮が未宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 申宮  太陽星  (地) 
 巨門星  (廟) 

太陽星が申の宮位で光輝度が(廟)の巨門星と同宮します。

午後の太陽で陽光は威力を弱め、寅の宮位のような太陽の光ではありません。

最初は勢いがあり一生懸命なのですが、途中から惰情に流れてします象意を持ちます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が申宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       甲・丁・己・庚・辛年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       辛年生人は、巨門星に化禄星・太陽星に化権星・文曲星に化科星・文昌星に化忌星が付き、禄存星が酉宮・擎羊星が戌宮・陀羅星が申宮・天魁星が午宮・天鉞星が寅宮に入ります。 
       
       陀羅星・火星・鈴星・天空星・地劫星が同宮していなければ、高額所得者番付にも載るような勢いを持つようになる象意を持ちます。
       
       陀羅星が同宮すると、男女ともに異性の関係には重々注意が必要です。
       
       物や権利の総称である財本運が強くなり、財祿が付き、社会的な地位・身分もそれに相応呼応するかのように高くなります。しかし、その勢いには限界もあります。 「貴格」があって地位・身分の向上がみられても耐久力・持久力不足に陥ります。
       
       物事を始めても、初めは勤め励みますが、終わりは怠けるようになる性向が出やすく、善い判断とはなりませんので注意が必要です。
       
       申宮命宮、子宮事業宮、辰宮財帛宮にそれぞれ陀羅星・火星・鈴星・化忌星・天空星・地劫星などが同宮して入れば、火の災いに遭遇する可能性が大です。火災保険。火の用心には常日頃から用心してください。流年宮に重なってくると、特に注意が必要です。


      星の考察


      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       午後の太陽で、陽光は威力を弱め、寅の宮位のような太陽の光ではありません。最初は勢いがあり一生懸命なのですが、途中から惰情に流れてします象意を持ちます。
       巨門星は口才の星です。公共の宣伝活動・文職・教職に、その能力を発揮します。個人や周囲の変化に影響されにくい、出来るだけ安定した社会の職種で、人と隋和していき易い環境の職種を慎重に選ぶことが賢明です。星は(廟)で輝いているのですが、巨門星の持つ是非の悪さは消えず、太陽星のお陰で救われています。その分、太陽星にも多少のダメージは受けます。


       女命は癸年生まれの人を除いて晩婚の傾向が強く出ます。六殺星や化忌星の条件があると、女性には感情の起伏・異性の縁、生活の乱れが生じやすくなり、成敗の風波に遭って不利です。熱しやすく冷めやすいのと口舌に注意が必要です。ひどくなると孤独になり、財、人間関係、家庭を破ります。


      星能


      太陽星は、紫微星に次いで権威性を持っています。命宮にあれば男女を問わず、また星の光輝度や吉星・凶星、同宮による影響の程度差はあっても、本人の幼年時は父親との相尅が、中年時は男性なら自己と、女性なら配偶者との相尅が、晩年時は、子供との相尅があります。
      太陽星が(廟)・(旺)の宮位であれば良いですが、(平)・(陥)の宮位で凶星の影響を受けていたら、例えば、幼少時に父親との生離死別、父親の事業失敗・病気・不在・暴力などが考えられます。太陽星が(廟)・(旺)の宮位で、事業宮にあることを喜びます。太陽星が(廟)・(旺)の宮位で、六殺星と同宮すると辛労の負担が増します。しかし卯宮にある太陽星を除いて化忌星を嫌います。太陽星は、また三台星・八座星・恩光星・天貴星との同宮を好みます。
      天刑星と会えば、武職に向きます


      巨門星は口才の星です。公共の宣伝活動・営業・外交にその能力を発揮します。星の力量が弱くなると、口才が是非に変化しますので、女命に入るのはあまり良いことではありません。
      また辛労の象意もあり、何処の宮位にあっても吉星の助けがなければ、幼年期は苦労が伴います。しかし苦労の後、その才能と努力は報われます。
      貪狼星の処世術は自身の多芸多才に酒・色・財気で、天機星のそれは、勤勉な行動と緻密な企画を通じて自由自在に繋がりをつけていくのに比して、巨門星は、まさに「口才」を通してであり、学校の先生のように、人を教えたり歌うことで人を感動させたり、話術で外交を切り開いていく処世術にその才能を発揮することになります。
      文曲星の口才のように、会話の中に財や桃花を含んだ、相手を思いやる為の修飾語とは少し違って、財気少なく理路整然として、単刀直入の会話となります。もし化権星と同宮すれば、より強くこの語調が出て、相手に迫るようになります。
      巨門星が廟・旺の宮位や、午宮にあって化祿星と同宮し、更に吉星と同宮していると、その力量は事業として社会の中で表現できます。
      例えば、文曲星・紅鸞星・天喜星・文昌星・天姚星・咸池星・化科星等と同宮すると、演芸界・娯楽界で非凡な才能を発揮出来るようになります。
      巨門星が擎羊星・陀羅星と同宮すると、感情面での風波が立ちやすくなります。火星・鈴星と同宮すると、なかなか思う様にはいかないで悩み苦しむようになります。
      天空星・地劫星と同宮すると、幼年期に生まれ故郷を離れなければならないような境遇に陥りやすくなります。
      化忌星と同宮すると、口舌・是非が甚だしく多くでるようになります。




 命宮が酉宮にある時 << 表11 >>

命宮が酉宮にある時 << 表11 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
財帛宮子女宮夫妻宮兄弟宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
疾厄宮命宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
遷移宮 父母宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
交友宮事業宮田宅宮福徳宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表11

 命宮が酉宮、父母宮が戌宮、福徳宮が亥宮、田宅宮が子宮、事業宮が丑宮、交友宮が寅宮、遷移宮が卯宮、疾厄宮が辰宮、財帛宮が巳宮、子女宮が午宮、夫妻宮が未宮、兄弟宮が申宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 酉宮  天相星  (陥) 

天相星は卯・酉の宮位で光輝度(陥)で独座しています。

対面の遷移宮には廉貞星(平)・破軍星(陥)が入っています。

天相星は(陥)で無力化していますから、優点の性質が欠点となり、考えばかりが多く決定力、決断心が無くなります。

また、対面の星の影響で少し個性が固くなります。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が酉宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       乙・辛年生人は、神から授かる助け(福・祿・壽)、と言われる有形無形の「福」を受けた人生を歩むことができます。こつこつと努力の積み重ねにより、鋭さが加わり、善い働き、役に立つ「福」となり、利益となって還元されるサイクルが社会に形成されるようになります。
       乙年生人は、天機星に化禄星・天梁星に化権星・紫微星に化科星・太陰星に化忌星が付き、禄存星が卯宮・擎羊星が辰宮・陀羅星が寅宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。
       辛年生人は、巨門星に化禄星・太陽星に化権星・文曲星に化科星・文昌星に化忌星が付き、禄存星が酉宮・擎羊星が戌宮・陀羅星が申宮・天魁星が午宮・天鉞星が寅宮に入ります。
       
       甲・庚年生人は、社会生活を営む中で、苦労、困難、行き詰まりまでも容赦なく襲いかかってきます。要心してください。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       
       本方酉宮・對方卯宮に、左輔星・右弼星・文昌星・文曲星があると、職務として担当する仕事に威光と権力が備わってきます。こつこつと努力の積み重ねにより、鋭さが加わり、善い働き、役に立つ「福」となり、利益となって還元されるサイクルが社会に形成されるようになります。
       
       擎羊星と火星・鈴星・化忌星・天空星・地劫星などが同宮すれば、巧み・わざ・腕前で象徴される手工芸術も含めた、技能・芸術・技術・学術など、身に付けた芸や資格を習得することで己の身を落ち着かせることができます。
       
       對宮の卯宮に火星・鈴星が入っている状態を言い、病気や悩み憂いなどが重なり、誘因となって後遺症や慢性病とならないように注意が肝要です。
       
       本方酉宮・對方卯宮に擎羊星が入ると、法に触れ、刑罰を受ける事態となることにも注意を払い、用心する必要があります。
       
       女命、特に事務処理能力に長けています。對方卯宮に文昌星・文曲星が入ると、独身生活の道を選ぶ性向が強くでます。


      星の考察


      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       対面の遷移宮には廉貞星(平)・破軍星(陥)が入っています。天相星は(陥)で無力化していますから、優点の性質が欠点となり、考えばかりが多く決定力・決断心が無くなります。また対面の星の影響で少し個性が固くなります。財帛宮にある天府星の影響で金銭処理・財布の紐が保守化します。
       天相星が無力化すると他の星の影響で自己の身の振り方が決まってきます。決断心の欠如・個性の固化・保守化・変化を嫌う等の象意を持ちながら、行運の時に出会う星の影響を受けて反応して、日常生活・人生行路上を自己表現していきます。行運時の星の力量は強いですから、なかなか福厚い運勢と言えます。酉の宮位に命宮がある人より卯の宮位に命宮がある人の方が吉です。


       天相星の人は職業上でも変化を嫌いますが、周りの状況が自然に変化することにより自己も変化するのであって、決して自ら進んで変化していくタイプではありません。天相星の力量ある人は、本人も周囲の環境も信ずる一つの道を歩み、事の実現・成就に向かわせてくれますが、無力化している人は、不本意でも周囲の環境の変化に順応しなければならない象意であることを理解してください。サービス業・公職・経理・財務に向きます。


      星能


      天相星は紫微星の秘書官・参謀官の役目をする星です。公明正大・謹言慎行・思考緻密・穏重であるのが象意となります。ある職業に就けば、生涯同じ職種の仕事をする傾向が強くでます。
      また人が困っていたり、人の為に己の見返りを求めることなく、自発的に一生懸命、協力、援助することを惜しみません。天相星を命宮に持つ人の、仕事に対する勤勉さから来る辛労は、天梁星・七殺星・破軍星より多いですが、結果は確実に獲ることが出来ます。
      天相星は、また、その性質から、独座で居るよりも甲級諸星・六吉星と同宮や影響を受けることを好みます。特に左輔星・右弼星・龍池星・鳳閣星に挟まれることを喜び、天相星の気勢が増加されます。
      天相星が廟・旺の宮位にあり、六殺星と同宮したり、影響を受けても、抵抗能力を発揮し、その、才芸表現能力を失いませんが、平・陥宮にあって、吉星の援助が無く、六殺星と、同宮及び影響を受けていると、その優点は減少して、自己中心主義になったり、決断心が、極端に無くなります。




 命宮が戌宮にある時 << 表12 >>

命宮が戌宮にある時 << 表12 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
疾厄宮財帛宮子女宮夫妻宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
遷移宮兄弟宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
交友宮 命宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
事業宮田宅宮福徳宮父母宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表12

 命宮が戌宮、父母宮が亥宮、福徳宮が子宮、田宅宮が丑宮、事業宮が寅宮、交友宮が卯宮、遷移宮が辰宮、疾厄宮が巳宮、財帛宮が午宮、子女宮が未宮、夫妻宮が申宮、兄弟宮が酉宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 戌宮  天機星  (利) 
 天梁星  (廟) 

天機星が辰・戌の宮位で天梁星と光輝度が(廟)で同宮します。

天機星の象意に天梁星の象意が加味されます。

天梁星は、蔭・壽・貴の象意を持っていて、困難な事に遭遇しても、良く解決する力量を持ち吉兆を呈します。

困難に出くわし、対処に苦労をするようになって始めて星の真価が出てきます。

企画、分析、演出力が巧みで、あらゆる物事に対処法が臨機応変で卓越しています。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が戌宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       丁・己・庚・壬年生人は、神から授かる助け(福・祿・壽)、と言われる有形無形の「福」を受けた人生を歩むことができます。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       壬年生人は、天梁星に化禄星・紫微星に化権星・天府星に化科星・武曲星に化忌星が付き、禄存星が亥宮・擎羊星が子宮・陀羅星が戌宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       年老いて長生きし、健康を保ち続けることに恵まれます。
       
       人なら誰もが不吉と感じ、むなしさ、わざわい(災・禍)、人を傷つける、争い、怖れ、憂えなどの諸条件に耐え忍び、乗り越えようとする不思議なパワーを秘めていて、恐れて立ちすくみ、回避しようとする行為には繋げません。人生行路で生じる困難、災、禍などに臆さず怖れず乗り越え切り開いてゆく運勢を持っています。
       
       巧み・わざ・腕前で象徴される手工芸術も含めた、技能・芸術・技術・学術など、身に備わっている優れて立派な才能・能力を、芸や資格など社会制度を活用して上手く自己表現することに向けてください。文具、文学、書籍などの方面の職域・職能にも向いています。きっと自身の生きる術となります。
       
       軍略の弁舌巧みでよく習熟し、権謀術策に長る象意が出るようになります。
       
       化禄星・化権星・化科星・文昌星・文曲星・左輔星・右弼星が同宮すると、慈悲心の兆し厚くあり、社会活動を通じて、物や権利の総称である財本運が強くなり、財祿が付き、社会的な地位・身分もそれに相応呼応するかのように高くなります。
       
       左輔星・右弼星と文昌星・文曲星が寅宮・辰宮・午宮に入ると、人間の知恵によって生み出される学問・芸術などの仁徳の総称をつかさどる文官に向かえば、上品で高い地位が得られます。文官に対比した名称である武職に就けば、忠義で善良な人としてその職責を果たします。
       
       辰宮・戌宮に、擎羊星・陀羅星あるいは、天空星・地劫星・天虚星・截空星・旬空星が入っていると、一般社会生活にどうしても身を置く場所が無いという結論に思い至れば、「仏教世界」に目を向けてみてください。
       
       女命、擎羊星・陀羅星・火星・鈴星が辰宮に入ることを四殺冲合と言い、自分を粗末にしたり道にはずれる行いにより、法に触れるようなきびしい災いに、遭遇しない用心が必要です。


      星の考察


      ①、六吉星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六殺星・化忌星・化祿星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星・化祿星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、丁・巳・庚・壬年生まれの人は福が厚くなります。
      ⑤、命宮が戌の宮位にあり、丙・戊年生まれの人。
      ⑥、命宮が辰の宮位にあり、丙・丁年生まれの人。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       天機星の象意に天梁星の象意が加味されます。天梁星は蔭・壽・貴の象意を持っていて、困難な事に遭遇しても良く解決する力量を持ち吉兆を呈します。困難に出くわして、対処に苦労をするようになって始めて星の真価が出てきます。 企画、分析、演出力が巧みで、あらゆる物事に対処法が臨機応変で卓越しています。信仰心も大変厚くなります。聡明さが増し、異性との交際も広がります。


       戌の宮位に命宮がある人は、他の星の配列から見て辰の宮位に命宮がある人に比べて不利に働きますが、⑤の条件が入ると辛苦の風波は避けられませんが、事の成就は得られます。


       擎羊星、陀羅星、火星、鈴星が辰宮に入ることを、四殺冲合と言い、女命では自分を粗末にしたり道にはずれる行いにより、法に触れるようなきびしい災いに遭遇しない用心が必要です。


      星能


      天機星は、慈悲心厚く聡明機智の象意があり、頭の回転を武器に対外的交渉術を発揮します。これに天才星の同宮を好み、星の気勢が増加されます。 天機星の才覚は、企画・演出・運動・分析力であり、貪狼星のそれは、酒・色・財気であり、文昌星・文曲星のそれは、文芸・口才術です。凶星との抵抗力が弱いので、それら六殺星の同宮を嫌いますが、吉星の助けがあると救われます。
       大運・年運で天機星が廟・旺の宮で会い、吉星の助けを受けていれば、多忙ではありますが、事業、あるいは環境に良い変化が現れます。若し、平宮・陥宮であれば、変化を求めず保守に心掛けるのが良いです。


      天梁星は蔭・壽・貴の象意を持っていて、困難な事に遭遇しても、良く解決する力量を持ち、人の困苦を救って喜ばれると、それが益々、星の気勢に磨きをかける事になります
      天梁星と禄存星・化祿星の同宮を望みません。それは銭財を求める星ではないからです。ですから、有ると、どの様に使ったら良いのか分らず、反って困る原因になります。
      経営・商売の分野には向きません。天梁星は壽星ですから、命宮や遷移宮にあると延壽の力量が発揮されます。
      男女を問わず、命宮にあると、人を助けることを天職とする仕事に就こうとする傾向が強く出、また、よく人が何かと助けを求めて来る様になります。
      天梁星には善や貴を持っていますが、天相星の自ら積極的に動いて人を助ける善、天機星の慈悲心厚い善行、太陽星が持つ貴、天魁星や天鉞星が持つ有形無形の貴人から受ける援助の貴、のように明白でないことが多く、どちらかというと、「清高」という表現に近く、人の手本になったり、俗に言う医者や弁護士のような声望家、哲学思想家、宗教家的職種で以って、人に愛でたい兆しを指し示して、凶を吉に化解する力量を発揮する星であると言えます。
      化科星との同宮を一番喜びます。六吉星と同宮すると、どんな要職にも適し、また学術研究分野での活躍も期待できます。




 命宮が亥宮にある時 << 表13 >>

命宮が亥宮にある時 << 表13 >>

天府星(地)
 
天同星(陥)

太陰星(不得)
武曲星(廟)

貪狼星(廟)
太陽星(地)

巨門星(廟)
遷移宮疾厄宮財帛宮子女宮
巳宮午宮未宮申宮
 

 
 
天相星(陥)
 
交友宮夫妻宮
辰宮酉宮
廉貞星(平)

破軍星(陥)
天機星(利)

天梁星(廟)
事業宮 兄弟宮 
卯宮戌宮

 
 

 
 

 
 
紫微星(旺)

七殺星(平)
田宅宮福徳宮父母宮命宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表13

 命宮が亥宮、父母宮が子宮、福徳宮が丑宮、田宅宮が寅宮、事業宮が卯宮、交友宮が辰宮、遷移宮が巳宮、疾厄宮が午宮、財帛宮が未宮、子女宮が申宮、夫妻宮が酉宮、兄弟宮が戌宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 亥宮  紫微星  (旺) 
 七殺星  (平) 

紫微星は、巳・亥の宮位で光輝度(平)の七殺星と同宮します。

紫微星の象意に、七殺星の象意が加味されます。

七殺星は、破軍星と同様に紫微星の護衛官の役目をする星です。

破軍星は紫微星の命令を受け入れて、最前線で活動の指揮を執りますが、七殺星は独断専行の行動をとります。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が亥宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       乙・丙・丁・戊・己・壬年生人は、才神から授かる助け(福・祿・壽)、と言われる有形無形の「福」を受け、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持った人生を歩むことができます。
       乙年生人は、天機星に化禄星・天梁星に化権星・紫微星に化科星・太陰星に化忌星が付き、禄存星が卯宮・擎羊星が辰宮・陀羅星が寅宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       壬年生人は、天梁星に化禄星・紫微星に化権星・天府星に化科星・武曲星に化忌星が付き、禄存星が亥宮・擎羊星が子宮・陀羅星が戌宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       男命、甲・壬年生人は、物や権利の総称である財本運が強くなり、財祿が付き、男命は、社会的な地位・身分もそれに相応呼応するかのように高くなります。 神から授かる助け(福・祿・壽)、と言われる有形無形の「福」を受け、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持った人生を歩むことができます。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       
       化権星が同宮すると、人生に花を添えるが如く、人生行路の節節に、人とはひと味もふた味も違う、禎祥(めでたいしるし)作用を呈するようになります。 
       
       天空星・地劫星・天虚星・截空星・旬空星などが同宮すると、父祖の功績のおかげが、うわべだけ名高くて実質のともなわない名誉と変質してしまう運勢となる象意を持ちます。 
       
       本方亥宮・對方巳宮に、陀羅星が入っていると、各地をめぐって商業をする仕事、デスクワークより営業職に向く象意を持ちます。 
       
       陀羅星・火星・鈴星が卯宮・巳宮・未宮にあると、高位・高官など社会で敬い尊ばれるような身分の昇進への縁福は薄いです。孤独な境遇、身体や物体をそこなう、おもいわずらう、災いなどを背負い込んでしまう性情を持っていますから運気が弱くなる周期に入ってくると現実問題として顕著になってきます。 
       
       女命では、陀羅星・火星・鈴星が同宮していると、時間が経つに連れて、品性として本人自身が持っている「美」の内容が変質・変化していくので留意する必要があります。 


      星の考察


      ①、左輔星・右弼星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六吉星・禄存星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ③、六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ④、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ⑤、乙・丙・戊・壬年生まれの人は財と官に福が厚くなります。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       紫微星の象意に七殺星の象意が加味されます。七殺星は破軍星と同様に、紫微星の護衛官の役目をする星です。破軍星は紫微星の命令を受け入れて最前線で活動の指揮を取りますが、七殺星は独断専行の行動を取ります。独座であるのを好み、その自己の社会での足跡を成し遂げる力量があります。男女を問わず皆、独立した個性を持ち、指導力・決断力・開創力があり、明朗闊達で意思固く、ゼロから身代を築きます。思慮深いが辛労からは免れられません。


       ③の条件が入れば経営・商売に向きます。孤独感・身体不安を伴います。どのような仕事についても忍耐心と権勢力で生きていくことが出来ます。社会で生きていく中で、人や事のトラブルを起こし勝ちになります。信仰心を持つことも心の安寧につながります。


       文職、武職に向いています。人間の知恵によって生み出される学問・芸術などの仁徳の総称をつかさどる文官に向かえば、上品で高い地位が得られます。文官に対比した名称である武職に就けば、職能・職域に対比した、兵法、兵威、兵器などの武威・権威を任務としてつかさどる職業に向いています。


       女性はキャリアウーマンの性向がでます。


      星能


      紫微星には解厄制化の功能と、包容力、征服の力量がありますから、甲級凶星や六殺星・化忌星の影響を受けても、良く制御し、吉兆を増加し凶兆を減少させます。組織の長にあっても、威厳とその職能を失う事がありません。左輔星・右弼星の影響を受けているいことが大事です。
      文昌星・文曲星・天魁星・天鉞星等と同宮、あるいは影響を受ける位置にあると、よくその力量を発揮します。紫微星は独座することを好まず、孤独になったり独断専行の現象がでてきます。本意でなく、困難に遭遇しても苦痛の心情をあまり外には出さずに、笑顔で対応します。


      七殺星は破軍星と同様に、紫微星の護衛官の役目をする星です。破軍星は紫微星の命令を受け入れて、最前線で活動の指揮を取りますが、七殺星は独断専行の行動を取ります。
      独座であるのを好み、男女の命を問わず、良くその自己の社会での足跡を成し遂げる力量があります。七殺星は吉星の助けを必要とせず、六殺星の同宮も、その威力を上手に懐に従えて、己の星の力量として発揮します。
      しかし事の成就は、必ず、先に大変な困苦を伴ってはじめて成し遂げることが出来ます。
      七殺星・破軍星・貪狼星は、常に、ある決まった配置をし、行運でこれらの星の宮位に当たると、程度の差はあっても、何らかの環境の変化が生じるようになります。七殺星は非常に寂しい星で、感情面でも孤独感を強く持って現れます。




powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional