美術館,中国歴代名窯陶磁器,中華文物,玉,美術品,数微斗数,星座表,命盤,推命,宿命,天命,人生の羅針盤,占星術,翡翠,骨董,古美術,アート,陶磁器,陶芸,占い,中華文物,東洋文明,芸術,文化,芸能,伝統,中国,CHINA,古窯跡,汝官窯,釣窯,哥窯,定窯,官窯,染付け,青磁,白磁,陶器,

ようこそ、萬代美術館 (LIFE COMPASS)へ。中国歴代名窯陶磁器、数微斗数星座表から「天命」を知る。

身命十二宮と甲級星配列、位置と解説(紫微星が午宮)

身命十二宮と甲級星配列、位置と解説(紫微星が午宮)


  • 星座の分類 (ここをクリックすれば甲級星(吉星・凶星)がご覧頂けます。)
    • 甲級星 【 吉星 】 
      紫微星(しびせい)天機星(てんきせい)太陽星(たいようせい)
      武曲星(ぶきょくせい)天同星(てんどうせい)天府星(てんぷせい)
      太陰星(たいいんせい)天相星(てんそうせい)天梁星(てんりょうせい)
      文昌星(ぶんしょうせい)文曲星(ぶんきょくせい)禄存星(ろくぞんせい)
      左輔星(さほせい)右弼星(うひつせい)天魁星(てんかいせい)
      天鉞星(てんえつせい)化祿星(かろくせい)化権星(かけんせい)
      化科星(かかせい)


      甲級星 【 凶星 】 
      廉貞星(れんていせい)貪狼星(たんろうせい)巨門星(きょもんせい)
      七殺星(ひっさつせい)破軍星(はぐんせい)擎羊星(けいようせい)
      陀羅星(だらせい)火星(かせい)鈴星(れいせい)
      化忌星(かきせい)


      甲級十四星
      紫微星天機星太陽星武曲星天同星天府星太陰星
      天相星天梁星廉貞星貪狼星巨門星七殺星破軍星

紫微斗数命盤作成の五ページ、表6、表7から導き出される紫微星の位置が決まると他の甲級十三星の配列が定まります。

紫微星午宮にある時 << 表1 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
寅宮丑宮子宮亥宮
表1

 紫微星の位置が決まって配列される十四の甲級星は、未宮と酉宮には入りません。各々、対面の甲級星を見ます。約七割の力量で判断。

十二宮のいずれかに、甲級十四星が入っていない宮がある時、甲級十四星以外の他の甲級星や乙級星・丙級星が入っていてもいなくても、対面の宮にある甲級十四星を借用します。

対面の宮にある甲級十四星の象意や光輝度強弱の力量を若干差し引いて、同宮の他の星と総合して判断します。







 命宮が子宮にある時 <<  表2  >>

命宮が子宮にある時 << 表2 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
交友宮遷移宮疾厄宮財帛宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
事業宮子女宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
田宅宮 夫妻宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
福徳宮父母宮命宮兄弟宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表2

 命宮が子宮、父母宮が丑宮、福徳宮が寅宮、田宅宮が卯宮、事業宮が辰宮、交友宮が巳宮、遷移宮が午宮、疾厄宮が未宮、財帛宮が申宮、子女宮が酉宮、夫妻宮が戌宮、兄弟宮が亥宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 子宮  貪狼星  (旺) 

貪狼星は子・午の宮位で光輝度が(旺)で独座しています。

対面の遷移宮には紫微星が入っています。

子・午の宮位の貪狼星は自身の持つ象意をよく発揮します。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が子宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       丁・己年生人は、神から授かる助け(福・祿・壽)、と言われる有形無形の「福」を受けた人生を十二分に享受して歩むことができます。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       
       丙・戊年生人、及び寅・申年生人は、社会での自己表現不足が、結果的に身分・地位・才能・度量などが劣っていると評価され自己実現に結びつけられない。 
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       
       申・子・辰年生人は、何か立派なことを行うと、意気およんでも、物事をうまく処理する力、才能不足に陥り、中途半端になってしまう事が、だらだらと繰り返される象意があるので、よく自分を知って、心してものごとに取り組むこと。 
       
       文昌星・文曲星と同宮すると、社会で遺憾なくその力量を発揮し、果実と高い評価を得るようとすればするほど、社会生活で実の部分が減り、虚の部分が多くなる、という陰の部分が共存し顔をだすようになることにも十二分に認識しておく必要があります。
       
       鈴星が同宮し、禄存星・化禄星・化権星・化科星・文昌星・文曲星・左輔星・右弼星・天魁星などの星が入っていると、戊・己年生人は、将軍や大臣まで極められる才能、また、その才能のある人物として器の備わった象意を持つことになります。
       
       擎羊星が同宮すると、一般人には簡単に取り組めないような職種で生計をたてるようになります。


      星の考察


      ①、六吉星・禄存星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、火星・鈴星と同宮しているか影響を受けているかを見ます。
      ③、天空星・地劫星・化忌星と同宮しているか影響を受けているかを見ます。
      ④、擎羊星と同宮しているか影響を受けているかを見ます。
      ⑤、四化星と良い関係であるかを見ます。
      ⑥、丁・己年生まれの人は財と官の福が厚くなります。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       対面の遷移宮には紫微星が入っています。他の星などの位置関係から判断して、貪狼星が午の宮位にあるより子の宮位にある方が吉です。貪狼星は多芸多才の星ですが、文芸面の才能ではないのですが、対宮の紫微星の影響を受けて文芸方面にも興味と才能を示します。子の宮位の貪狼星は自身の持つ象意を良く発揮します。男女命とも話術・処世術が巧みで人生行路を泳ぎ渡ります。


       ①、②、⑤、⑥の条件が揃い、④の条件が無いのが良いです。民間企業・サービス業に向きます。


       ③の条件が入ると貪狼星の性質である酒・色・財気を和らげて才芸面の力量が増し、専門技術者としての道も開けてきます。④の条件があると技芸を習得することで財利の福が厚くなります。


       火星・鈴星が同宮すると貪狼星の威力が増し、起爆されて普遍的な広がりを見せた表現を示します。擎羊星が同宮すると、技術・芸術の習得が身を助ける手段になります。禄存星・化祿星が同宮するとサービス業に向きますが商売・自営業には向きません。


       擎羊星は吉星と同宮しても辛労の風波を立て、悪さもしますが、貪狼星と同宮するのを喜び、福が増します。


       鈴星が貪狼星と同宮していれば、鈴星の悪さである激発力・破壊力の性情が中和されます。





 命宮が丑宮にある時 <<  表3  >>

命宮が丑宮にある時 << 表3 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
事業宮交友宮遷移宮疾厄宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
田宅宮財帛宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
福徳宮 子女宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
父母宮命宮兄弟宮夫妻宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表3

 命宮が丑宮、父母宮が寅宮、福徳宮が卯宮、田宅宮が辰宮、事業宮が巳宮、交友宮が午宮、遷移宮が未宮、疾厄宮が申宮、財帛宮が酉宮、子女宮が戌宮、夫妻宮が亥宮、兄弟宮が子宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 丑宮  天同星  (陥) 
 巨門星  (陥) 

天同星が丑・未の宮位にあれば光輝度が(陥)の巨門星と同宮します。

両星は完全に失輝し、天同星の持つ福も無力化しています。

巨門星は口才の星です。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が丑宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       甲・乙・丙・庚・辛・壬・癸年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。日常生活をする中での人間関係で、正か不正かの諍いが常に顔を出すようになります。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       乙年生人は、天機星に化禄星・天梁星に化権星・紫微星に化科星・太陰星に化忌星が付き、禄存星が卯宮・擎羊星が辰宮・陀羅星が寅宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       辛年生人は、巨門星に化禄星・太陽星に化権星・文曲星に化科星・文昌星に化忌星が付き、禄存星が酉宮・擎羊星が戌宮・陀羅星が申宮・天魁星が午宮・天鉞星が寅宮に入ります。 
       壬年生人は、天梁星に化禄星・紫微星に化権星・天府星に化科星・武曲星に化忌星が付き、禄存星が亥宮・擎羊星が子宮・陀羅星が戌宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       癸年生人は、破軍星に化禄星・巨門星に化権星・太陰星に化科星・貪狼星に化忌星が付き、禄存星が子宮・擎羊星が丑宮・陀羅星が亥宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       社会での自己表現不足が、結果的に身分・地位・才能・度量などが劣っていると評価され自己実現に結びつけられない。 
       
       社会で適応するに必要な才能・身分など、標準に合う限度や資格でハンディーがあることを良く認識して、こつこつと努力する忍耐力が必要です。 
       
       擎羊星、陀羅星が同宮すると、男女ともに異性の関係には重々注意が必要です。 
       
       擎羊星・陀羅星・火星・鈴星が同宮すると、傷害などの争い事に巻き込まれるトラブル遭遇に注意が必要です。 
       
       擎羊星・陀羅星と同宮すると、目の表情は糸を引くようになるか小さくなり、身体に痕が残るような傷を負う災難にめぐりあうようになります。 
       
       本宮(ここでは丑宮)・對宮(ここでは未宮)に火星・鈴星があると、特徴ある黒子・あざを持ち易くなります。 
       火星・鈴星が丑宮の本宮に入っていて、弱くて善くないと判断されるような宮に流年宮として同宮すれば、死の危険を秘めた過ちに遭遇しかねない事態も生じかねません。善くない流年宮に入った年は特段の注意が必要です。 
       
       丑宮命宮、巳宮事業宮、酉宮財帛宮に、それぞれ陀羅星・火星・鈴星・化忌星・天空星・地劫星などが入っていれば、火の災いに遭遇する可能性が大です。火災保険、火の用心には常日頃から用心してください。流年宮に重なってくると特に注意が必要です。 


      星の考察


      ①、六吉星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、乙・丙・庚・辛年生まれの人は財と官の福が厚くなります。
      ⑤、夫妻宮の吉凶を見ます。
      ⑥、福徳宮の吉凶を見ます。
      ⑦、父母宮の吉凶を見ます。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       両星は完全に失輝し、天同星の持つ福も無力化しています。巨門星は口才の星です。星の力量が弱くなると、口才が是非に変化しますので、女命に入るのはあまり良いことではありません。また辛労の象意もあり、何処の宮位にあっても吉星の助けがなければ、幼年期は苦労が伴います。しかし苦労の後、その才能と努力は報われます。


       ⑤、⑥、⑦の各条件の吉凶も良く調べてください。②の条件があって良い判断が出来なければ、両親との縁・婚姻問題の不安が起こり易くなります。人や周囲、社会環境の変化に敏感に影響されない職業・職種・資格の選択が肝要です。
       健康不安、不安定、多忙、暗闇、口舌、トラブル、心配、困難等の言葉を全部持って、あなたの前半人生が始まります。成敗浮沈の波が貴方にとって如何に過酷でも、素晴らしいご両親、配偶者、子女縁、良き年長の理解者、それに貴方自身の人格は不動です。目が覚めれば、貴方の足でしっかりと大地を踏みしめて歩んでください。


       地劫星は巨門星との同宮を喜びます。


       擎羊星は吉星と同宮しても辛労の風波を立て、悪さもしますが、巨門星と同宮するのを喜び、福が増します。





 命宮が寅宮にある時 <<  表4  >>

命宮が寅宮にある時 << 表4 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
田宅宮事業宮交友宮遷移宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
福徳宮疾厄宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
父母宮 財帛宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
命宮兄弟宮夫妻宮子女宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表4

 命宮が寅宮、父母宮が卯宮、福徳宮が辰宮、田宅宮が巳宮、事業宮が午宮、交友宮が未宮、遷移宮が申宮、疾厄宮が酉宮、財帛宮が戌宮、子女宮が亥宮、夫妻宮が子宮、兄弟宮が丑宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 寅宮  武曲星  (地) 
 天相星  (廟) 

武曲星が寅・申の宮位にあれば光輝度が(廟)の天相星と同宮します。

天相星は紫微星の秘書官・参謀官の役目をする星です。

公明正大・謹言慎行・思考緻密・穏重・正義感・奉仕精神などが象意としてあります。

天相星は武曲星の孤尅・剛強の星の性向を軽減する能力を発揮しますが、その分、辛労は増加させられます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が寅宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       甲・丁・己・庚年生人は、幸せを呼ぶと言われている福運厚く、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       
       左輔星・右弼星・文昌星・文曲星と同宮すると、職務として担当する仕事に威光と権力が備わってきます。
       
       本宮(ここでは寅宮)・對宮(ここでは申宮)に、に文昌星・文曲星が同宮して入っていると、道理に明るく、才知にすぐれ、反応の俊敏さが、巧み・わざ・腕前で象徴される手工芸術も含めた技能・芸術・技術・学術など、身に付けた芸や資格と共鳴しあい、社会で具現化してゆくことができます。 
       
       禄存星と天馬星が同宮すれば、財福厚く、人間の物質的な欲望を満足させる金銭・穀物・布帛などの価値ある物を得、功なり名を上げて故郷に凱旋する栄誉の道が待っています。天馬星が入ると、武曲星の財気の運用に携わるだけでなく、武曲星の保守性向に微に入り細に入り装飾的細工をしていきます。 
       
       陀羅星・火星・鈴星と同宮すると、金銭などが原因で強盗の被害に遭わないように注意する必要があります。 
       
       本宮(ここでは寅宮)・對宮(ここでは申宮)に、陀羅星と同宮して入っていると、法に触れ、刑罰を受ける事態となることにも注意を払い、用心する必要があります。 
       
       申宮の遷移宮に火星・鈴星が入っていると、傷病・疾病の後遺症、不治の病などに悩まされることなど健康問題には特段の注意が必要です。 


      星の考察


      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。


       天相星は紫微星の秘書官・参謀官の役目をする星です。公明正大・謹言慎行・思考緻密・穏重・正義感・奉仕精神などが象意としてあります。天相星は武曲星の孤尅・剛強の星の性向を軽減する能力を発揮しますが、その分、辛労は増加させられます。また対宮の破軍星の影響も受けますのでサービス業に向いていますが、受ける辛労は大きくなります。政治・秘書官・参謀官的な職種の方がより向いていて、受ける辛労も和らげられます。武曲星・天相星が申の宮位より寅の宮位にある方が吉です。


       旺盛な事業欲、巧みな経営手腕、天性の知謀と財政能力の持ち主が、どの世界で活躍しても成功間違いなしです。富貴、長寿の福分が約束されています。人見知りや取っつきにくさから交際上手ではありませんが、それが貴方の個性ですから気にすることはありません。


       女性は男性に負けないような志を持っています。結婚により富貴を得ます。


       天馬星が入ると、武曲星の財気の運用に携わるだけでなく、武曲星の保守性向に微に入り細に入り装飾的細工をしていきます。


       天相星が廟・旺の宮位にあり六殺星と同宮したり影響を受けても抵抗能力を発揮し、その才芸表現能力を失いません。





 命宮が卯宮にある時 <<  表5  >>

命宮が卯宮にある時 << 表5 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
福徳宮田宅宮事業宮交友宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
父母宮遷移宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
命宮 疾厄宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
兄弟宮夫妻宮子女宮財帛宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表5

 命宮が卯宮、父母宮が辰宮、福徳宮が巳宮、田宅宮が午宮、事業宮が未宮、交友宮が申宮、遷移宮が酉宮、疾厄宮が戌宮、財帛宮が亥宮、子女宮が子宮、夫妻宮が丑宮、兄弟宮が寅宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 卯宮  太陽星  (廟) 
 天梁星  (廟) 

太陽星が卯の宮位で光輝度が(廟)の天梁星と同宮します。

朝日の太陽で、天梁星と共に(廟)で光輝き、お互い最高の位置にあると言えます。

太陽星の公明正大・大志、天梁星の制約化解の吉兆作用を如何なく発揮します。

卯の宮位の太陽星には、勢い・昇華の象意もあり、女命であれば早婚・賢夫の喜びが、男命であれば少年登科及第の吉兆が得られます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が卯宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       乙・辛・壬年生人は、富の福である、家に財貨が満ち、物や権利の総称である財本運が強く、また、貴の福である、高位・高官など社会で敬い尊ばれるような身分の昇進が見られること、この両者が完全に自分の福として備わっています。
       乙年生人は、天機星に化禄星・天梁星に化権星・紫微星に化科星・太陰星に化忌星が付き、禄存星が卯宮・擎羊星が辰宮・陀羅星が寅宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。
       辛年生人は、巨門星に化禄星・太陽星に化権星・文曲星に化科星・文昌星に化忌星が付き、禄存星が酉宮・擎羊星が戌宮・陀羅星が申宮・天魁星が午宮・天鉞星が寅宮に入ります。 
       壬年生人は、天梁星に化禄星・紫微星に化権星・天府星に化科星・武曲星に化忌星が付き、禄存星が亥宮・擎羊星が子宮・陀羅星が戌宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       甲・庚年生人は、社会生活を営む中で、苦労、困難、行き詰まりまでも容赦なく襲いかかってきます。要心してください。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       
       日の出から日没までの間に生まれた人は、富の福である、家に財貨が満ち、物や権利の総称である財本運が強く、また、貴の福である、高位・高官など社会で敬い尊ばれるような身分の昇進が見られ、この両者が完全に自分の福として備わって、栄え時めきます。 
       
       禄存星・化禄星・化権星・化科星・文昌星・文曲星・左輔星・右弼星・天魁星などの吉星が同宮し、太陽星(廟)・天梁星(廟)を見張り守る作用をすることで、優れた人格・身分を備えた運勢を持つことになります。 
       
       本宮(ここでは卯宮)・對宮(ここでは酉宮)禄存星・化禄星・化権星・化科星・文昌星・文曲星・左輔星・右弼星・天魁星・天鉞星と逢えば、天梁星の持つ蔭・壽・貴の象意で困難な事に遭遇しても、良く解決する制約化界の力量が遺憾なく発揮され、幸せで長生きを約束された日々を送る事が出来ます。 
       
       文昌星・文曲星、天魁星と同宮すると、若いうちから立派な徳を備え名声の高い志を持って事に当たろうとします。 
       
       文昌星と禄存星が逢って同宮(三合四正の関係も含)すれば、官吏登用試験に一番で合格し、宰相(さいしょう)が科挙(官吏登用試験)合格者の名を天子の前で読み上げられ、役人がつぎつぎに階下までさけび伝えることに代表される誉に服せるような卓越した才能の持ち主になれることを暗示しています。 
       
       左輔星・右弼星と文昌星・文曲星が共に良い巡り合わせになる関係にあると、世の中に出て社会的地位高く、華々しく出世して立派な身分を獲得する栄誉の運気を持っています。そして、かなめとなる大本を統一するような高位にまで達する身分になることを暗示しています。 
       
       女命であれば早婚・賢夫の喜びがあります。若くして尊敬に値する立派な配偶者と結婚することを暗示しています。 


      星の考察


       朝日の太陽で、天梁星と共に(廟)で光輝き、お互い最高の位置にあると言えます。太陽星の公明正大・大志、天梁星の制約化解の吉兆作用を如何なく発揮します。卯の宮位の太陽星には勢い・昇華の象意もあります。


       特に禄存星と文昌星とが同宮することを喜び、難関の国家試験をパスしたり、国家機関、文芸界での頭角等の発展・表現が得られます。酉の宮位に天空星があれば、東大寺、釣鐘の響きのような気宇広大なスケールの風格が加味されます。太陽星に化忌星が付くと喜び、回り舞台の如く一種独特な変化を与えます。


       男命であれば少年登科及第の吉兆が得られます。





 命宮が辰宮にある時 <<  表6  >>

命宮が辰宮にある時 << 表6 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
父母宮福徳宮田宅宮事業宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
命宮交友宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
兄弟宮 遷移宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
夫妻宮子女宮財帛宮疾厄宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表6

 命宮が辰宮、父母宮が巳宮、福徳宮が午宮、田宅宮が未宮、事業宮が申宮、交友宮が酉宮、遷移宮が戌宮、疾厄宮が亥宮、財帛宮が子宮、子女宮が丑宮、夫妻宮が寅宮、兄弟宮が卯宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 辰宮  七殺星  (廟) 

七殺星は辰・戌の宮位で光輝度が(廟)で独座しています。

対面の遷移宮では天府星・廉貞星が、(廟)・(利)で入っています。

七殺星は紫微星の護衛官の役目をする星、独断専行の行動をとり、独座であるのを好み、男女の命を問わずよくその自己の社会での足跡を成し遂げる力量があります。

天府星は財星であり紫微星同様、領導や覇権を備えています。

廉貞星は、変化もひとつの特徴なのですが、七殺星の影響を受けて強引さが出て、変化の威力が減少し、事のスムーズの進行を鈍らせる成敗の風波を見せます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が辰宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       庚年生人、化禄星・化権星・化科星・文昌星・文曲星・左輔星・右弼星などが同宮していると、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       
       段取りを立てるのに巧妙で術を心得るようになります。 
       
       辰宮・申宮・子宮の三合宮に文昌星・文曲星・左輔星・右弼星があれば、物や権利の総称である財本運が強くなり、財祿が付き、社会的な地位・身分もそれに相応呼応するかのように高くなります。 
       
       化禄星・化権星・化科星・文昌星・文曲星・左輔星・右弼星が同宮していても、やはり、必ず、人生行路に悩みや苦しみなどが、つぎつぎと起こることは避けて通れません。 
       
       化禄星・化権星・化科星・文昌星・文曲星・左輔星・右弼星、これらの星が同宮していなければ天寿を全う出来ないような事態に陥りやすくなる象意があるので日頃から健康には留意する必要があります。 


      星の考察


       対面の遷移宮では天府星・廉貞星が、(廟)・(利)で入っています。 七殺星は紫微星の護衛官の役目をする星で独断専行の行動を取り、独座であるのを好み、男女の命を問わず良くその自己の社会での足跡を成し遂げる力量があります。
       天府星は財星であり、紫微星同様、領導や覇権を備えています。廉貞星は変化もひとつの特徴なのですが、七殺星の影響を受けて強引さが出て、変化の威力が減少し、事のスムーズの進行を鈍らせる成敗の風波を見せます。また廉貞星の桃花の性向が、精神面では文芸の趣向に、物質面では飲食や娯楽の趣向に、また理財の面にも明るくなります。
       辰・戌の宮位に七殺星を命宮に持った人の性向・行動は、個性堅強で自主独立心の強い人であると言えますが、辰・戌の宮位は天羅地網の地で、ここに入った星の象意を閉じ込め、発現し辛くさせる場所なのです。
       人生行路上に、サーカスの綱渡り・ブランコの如く、時には人を驚かせたり、時には想像を絶する危険・忍耐に立ち向かっていく様相を、繰り返し繰り返し変幻自在に呈します。少々の苦労を厭わず、余り表面にも現さない性格が周囲からは好感され、夫妻宮からの援護・支えが、以外と薬味として効き、事の成就は完遂されます。


       鈴星は凶星ですが他の星をコントロールしたり互いに共用する性向があり、七殺星と同宮すれば、七殺星自身の風波は増しますが悪さを抑制する作用をします。 鈴星が七殺星と同宮していれば、鈴星の悪さである激発力・破壊力の性情が中和されます。


       火星は凶星ですが他の星をコントロールしたり、互いに共用する性向があり、例えば七殺星と同宮すれば、七殺星自身の風波は増しますが悪さを抑制する作用をします。





 命宮が巳宮にある時 <<  表7  >>

命宮が巳宮にある時 << 表7 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
命宮父母宮福徳宮田宅宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
兄弟宮事業宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
夫妻宮 交友宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
子女宮財帛宮疾厄宮遷移宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表7

 命宮が巳宮、父母宮が午宮、福徳宮が未宮、田宅宮が申宮、事業宮が酉宮、交友宮が戌宮、遷移宮が亥宮、疾厄宮が子宮、財帛宮が丑宮、子女宮が寅宮、夫妻宮が卯宮、兄弟宮が辰宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 巳宮  天機星  (利) 

天機星が、巳・亥の宮位で光輝度が(利)で独座します。

輝度は(利)ですから星の力量が足りません。

対面の宮位には太陰星があり、その影響を受けやすくなります。

亥の宮位の太陰星は(廟)、巳の宮位の太陰星は失輝していますから、天機星が巳の宮位にある方が、太陰星の良い影響を受けて吉になります。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が巳宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       丙・戊・壬年生人は、才能・度量が合わさり重なって一つになる象意を持ち合わせていながら発揮されにくい、また、発揮されても耐久力・持久力不足に陥り長続きするのが難しい。左輔星・右弼星・文昌星・文曲星・天鉞星が集まり重って同宮していると、おおいに物や権利の総称である財本運が強くなり、財祿が付き、社会的な地位・身分もそれに相応呼応するかのように高くなります。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       壬年生人は、天梁星に化禄星・紫微星に化権星・天府星に化科星・武曲星に化忌星が付き、禄存星が亥宮・擎羊星が子宮・陀羅星が戌宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       乙・丙・丁年生人は、左輔星・右弼星・文昌星・文曲星・天鉞星が集まり重って同宮していると、おおいに物や権利の総称である財本運が強くなり、財祿が付き、社会的な地位・身分もそれに相応呼応するかのように高くなります。
       乙年生人は、天機星に化禄星・天梁星に化権星・紫微星に化科星・太陰星に化忌星が付き、禄存星が卯宮・擎羊星が辰宮・陀羅星が寅宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       
       人生行路の歩みは、飲酒の嗜好、同じ祖先から出た同姓の一族から離れたり、一般社会常識、信頼されうる人間関係よりも、目的遂行重視の手法を是とする性向が強く滲み出ます。 
       
       陀羅星・火星・化忌星と同宮すると、社会での自己表現不足が、結果的に身分・地位・才能・度量などが劣っていると評価され自己実現に結びつけられず、また身寄りの弱小、経済の貧窮などが加わってくると、結果的に孤立感を深める性向が強く滲み出るようになります。人生を少しでも平穏に、豊かに生きてゆく為には、わざ・腕前で象徴される手工芸術も含めた、技能・芸術・技術・学術など、身に付けた芸や資格の習得が肝要となります。 


      星の考察


       輝度は(利)ですから星の力量が足りません。対面の宮位には太陰星がありその影響を受けやすくなります。亥の宮位の太陰星は(廟)、太陰星の良い影響を受けて吉になります。男女ともにロマンチストで異性の縁が多くなります。


       天馬星が天機星と同宮すると動きは止まらなくなり、上滑りやロスが多くなって獲るべき収穫は少なくなります。


       天才星の同宮を好み星の気勢が増加されます。


       陀羅星・地劫星・天刑星と同宮すると専門技術職に向きます。医者・弁護士・デザイナー。





 命宮が午宮にある時 <<  表8  >>

命宮が午宮にある時 << 表8 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
兄弟宮命宮父母宮福徳宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
夫妻宮田宅宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
子女宮 事業宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
財帛宮疾厄宮遷移宮交友宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表8

 命宮が午宮、父母宮が未宮、福徳宮が申宮、田宅宮が酉宮、事業宮が戌宮、交友宮が亥宮、遷移宮が子宮、疾厄宮が丑宮、財帛宮が寅宮、子女宮が卯宮、夫妻宮が辰宮、兄弟宮が巳宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 午宮  紫微星  (廟) 

紫微星は、十二宮の中で、午の宮位が最強の力量です。

理想・目標・見識が高く、威厳を持って事の処理に当たることが出来ます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が午宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       甲・丁・己年生人は、殿上人と並び称されるような、この上ない高位高官にまで登り詰める運勢を持っていることを暗示しています。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       
       丙・戊年生人は、人生行路で、事の成就と失敗、あるいは傷病や病気など健康面での苦しみや憂いを抱え込む性向がでる運勢を暗示しています。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 


      星の考察


       紫微星は十二宮の中で、午の宮位が最強の力量です。理想・目標・見識が高く、威厳を持って事の処理に当たることが出来ます。


       哲学・思想・宗教・学術研究・文芸方面に特異な才能を発揮します。 福厚く、富貴、財利にも恵まれます。


       女命、器量・品性善く、福厚く、社会で敬い尊ばれるような身分の昇進も見られる運勢を暗示しています。また、家庭を持てば、よく夫に仕え、盛り立て、子宝にも恵まれ養育に励み、成長を楽しむようになります。


       左輔星の持つ楽観的心情が紫微星と同宮した時に遺憾無く発揮されます。


       鈴星は凶星ですが他の星をコントロールしたり互いに共用する性向があり、紫微星と同宮すると補佐官の役目に転じ、紫微星の弱点を補います。鈴星が紫微星と同宮していれば、鈴星の悪さである激発力・破壊力の性情が中和されます。





 命宮が未宮にある時 <<  表9  >>

命宮が未宮にある時 << 表9 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
夫妻宮兄弟宮命宮 父母宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
子女宮福徳宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
財帛宮 田宅宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
疾厄宮遷移宮交友宮事業宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表9

 命宮が未宮、父母宮が申宮、福徳宮が酉宮、田宅宮が戌宮、事業宮が亥宮、交友宮が子宮、遷移宮が丑宮、疾厄宮が寅宮、財帛宮が卯宮、子女宮が辰宮、夫妻宮が巳宮、兄弟宮が午宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 未宮  天同星  (陥) 
 巨門星  (陥) 
 未宮に甲級十四星が入っていないので、対面の丑宮にある甲級十四星を借用します。

未宮に甲級十四星が入っていないので、対面の丑宮にある甲級十四星を借用します。

対面の宮にある甲級十四星の象意や光輝度強弱の力量を若干差し引いて、同宮の他の星と総合して判断します。

天同星が丑・未の宮位にあれば光輝度が(陥)の巨門星と同宮します。

両星は完全に失輝し、天同星の持つ福も無力化しています。

巨門星は口才の星です。

星の力量が弱くなると、口才が是非に変化しますので、女命に入るのはあまり良いことではありません。

また、辛労の象意もあり、何処の宮位にあっても吉星の助けがなければ、幼年期は苦労が伴います。

しかし、苦労の後、その才能と努力は報われます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が未宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 命宮位置が対面の丑宮の意義と理解、も参考にしてください。 
      諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。 
       
       遷移宮の丑宮には天同星・巨門星が入っています。文昌星・文曲星が命宮である未宮に入れば、世の中に出て社会的地位高く、華々しく出世して立派な身分を獲得する栄誉の運気を持っています。そして、要となる大本を統一するような高位にまで達する身分になることを運勢的に暗示しています。
       誕生時刻が五時から七時の人は、文昌星と文曲星が未宮で同宮します。


      星の考察


      ①、六吉星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、乙・丙・庚・辛年生まれの人は財と官の福が厚くなります。
      ⑤、夫妻宮の吉凶を見ます。
      ⑥、福徳宮の吉凶を見ます。
      ⑦、父母宮の吉凶を見ます。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       両星は完全に失輝し、天同星の持つ福も無力化しています。巨門星は口才の星です。星の力量が弱くなると、口才が是非に変化しますので、女命に入るのはあまり良いことではありません。また辛労の象意もあり、何処の宮位にあっても吉星の助けがなければ、幼年期は苦労が伴います。しかし苦労の後、その才能と努力は報われます。


       ⑤、⑥、⑦の各条件の吉凶も良く調べてください。②の条件があって良い判断が出来なければ、両親との縁・婚姻問題の不安が起こり易くなります。人や周囲、社会環境の変化に敏感に影響されない職業・職種・資格の選択が肝要です。
       健康不安、不安定、多忙、暗闇、口舌、トラブル、心配、困難等の言葉を全部持って、あなたの前半人生が始まります。成敗浮沈の波が貴方にとって如何に過酷でも、素晴らしいご両親、配偶者、子女縁、良き年長の理解者、それに貴方自身の人格は不動です。目が覚めれば、貴方の足でしっかりと大地を踏みしめて歩んでください。


       地劫星は巨門星との同宮を喜びます。


       擎羊星は吉星と同宮しても辛労の風波を立て、悪さもしますが、巨門星と同宮するのを喜び、福が増します。





 命宮が申宮にある時 << 表10 >>

命宮が申宮にある時 << 表10 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
子女宮夫妻宮兄弟宮 命宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
財帛宮父母宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
疾厄宮 福徳宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
遷移宮交友宮事業宮田宅宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表10

 命宮が申宮、父母宮が酉宮、福徳宮が戌宮、田宅宮が亥宮、事業宮が子宮、交友宮が丑宮、遷移宮が寅宮、疾厄宮が卯宮、財帛宮が辰宮、子女宮が巳宮、夫妻宮が午宮、兄弟宮が未宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 申宮  破軍星  (地) 

破軍星は寅・申の宮位で光輝度(地)で独座しています。

対面の遷移宮には武曲星・天相星が、(地)・(廟)で入っています。

破軍星は子・午・辰・戌の宮位にあるより星の威力が弱い為、遷移宮にある武曲星・天相星の影響を強く受けます。

つまり外出時間が長くなったり、故郷を離れる傾向が強く出ます。

また、夫妻宮には紫微星が入っています。

紫微星は、夫妻宮では気位が高く、孤寂の象意も出ますから婚姻生活の不安も生じ易くなります。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が申宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       甲・丁・己・庚年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       
       禄存星と天馬星が寅宮・申宮で同宮すると、男性は定職を持たずぶらぶら遊んでいる状態が、女性は社会常識を逸脱したり、時には道に外れる行動を起こすことがあります。
       庚寅・庚午・庚戌年生人は、申宮に禄存星と天馬星が同宮して入ります。 
       
       文昌星・文曲星が申宮にあると、運勢的に、法に触れるようなきびしい災いや、糧を得るのに困窮したり、日常生活を送るに辛い苦労を強いられることを暗示しています。
       
       陀羅星が同宮すると、病気や悩み憂いなどが重なったりし、それが誘因となり病気の後遺症や慢性病とならないように注意が肝要です。
       
       火星、鈴星が同宮すれば、糧を得るのに困窮したり、日常生活を送るに辛い苦労を強いられることが、波が寄せるようにどっと押し寄せる環境変化に十二分に堪えられるように心掛ける必要があります。また、心配事、悩み、苦悩、葛藤、病気、日常生活上での諍いなどが絶えないようになり、仕事上や取引関係先とのトラブルなどのごたごたが付きまといます。
       
       擎羊星が子宮の事業宮にあると、ゆく先々で片時も仕事の件から頭が放れず、習慣のようにお願いをするようになります。


      星の考察


      ①、六吉星・禄存星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、甲・丁・己・庚年生まれの人は財と官の福が厚くなります。
      ⑤、禄存星と天馬星が同宮しているかを見ます。
      ⑥、文昌星・文曲星が同宮しているかを見ます。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       対面の遷移宮には武曲星・天相星が(地)・(廟)で入っています。破軍星は子・午・辰・戌の宮位にあるより星の威力が弱い為、遷移宮にある武曲星・天相星の影響を強く受けます。武曲星は財・孤尅・剛強の象意を持った星であり、天相星は紫微星の秘書官・参謀官の役目をする星です。公明正大・謹言慎行・思考緻密・穏重であるのが象意となります。
       破軍星の威力が弱い分、この星の性質である恒心・開創・領導能力が、社会や状況の変化が激しい場所に出て、武曲星・天相星の星の助けを得て、その威力を発揮しようとします。つまり外出時間が長くなったり、故郷を離れる傾向が強く出ます。また、夫妻宮には紫微星が入っています。紫微星は、夫妻宮では気位が高く、孤寂の象意も出ますから婚姻生活の不安も生じ易くなります。寅の宮位に命宮がある人より、申の宮位に命宮がある人の方が吉です。
       ⑤の条件があると、遊興の方に足が向き勝ちになります。申の宮位に⑥の条件があることを嫌います。


       地劫星が破軍星だけと同宮した場合、人生の風波と金銭の風波が倍化され、幼・少年期、婚期等に多大の影響を及ぼします。三十歳以後になり運気が好転し始めます。





 命宮が酉宮にある時 << 表11 >>

命宮が酉宮にある時 << 表11 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
財帛宮子女宮夫妻宮兄弟宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
疾厄宮命宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
遷移宮 父母宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
交友宮事業宮田宅宮福徳宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表11

 命宮が酉宮、父母宮が戌宮、福徳宮が亥宮、田宅宮が子宮、事業宮が丑宮、交友宮が寅宮、遷移宮が卯宮、疾厄宮が辰宮、財帛宮が巳宮、子女宮が午宮、夫妻宮が未宮、兄弟宮が申宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 酉宮  太陽星  (廟) 
 天梁星  (廟) 
 酉宮に甲級十四星が入っていないので、対面の卯宮にある甲級十四星を借用します。

酉宮に甲級十四星が入っていないので、対面の卯宮にある甲級十四星を借用します。

対面の宮にある甲級十四星の象意や光輝度強弱の力量を若干差し引いて、同宮の他の星と総合して判断します。

太陽星が卯の宮位で光輝度が(廟)の天梁星と同宮します。

朝日の太陽で、天梁星と共に(廟)で光輝き、お互い最高の位置にあると言えます。

太陽星の公明正大・大志、天梁星の制約化解の吉兆作用を如何なく発揮します。

卯の宮位の太陽星には、勢い・昇華の象意もあり、女命であれば早婚・賢夫の喜びが、男命であれば少年登科及第の吉兆が得られます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が酉宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 命宮位置が対面の辰宮の意義と理解、も参考にしてください。 
      諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       遷移宮である卯宮に、化禄星・化権星・化科星・文昌星・文曲星・左輔星・右弼星などが同宮すると、財産が豊富で豪商ともいえる商いを手広くする運勢を持つことになります。
       
       遷移宮である卯宮に、擎羊星が同宮すると、平凡という見方に因れば、一番困難な人生行路を歩めることを暗示しています。
       
       卯宮(遷移宮)にある天梁星は長寿の象意がある星で、年老いて長生きし、健康を保ち続けることに恵まれます。


      星の考察


       朝日の太陽で、天梁星と共に(廟)で光輝き、お互い最高の位置にあると言えます。太陽星の公明正大・大志、天梁星の制約化解の吉兆作用を如何なく発揮します。卯の宮位の太陽星には勢い・昇華の象意もあります。


       特に禄存星と文昌星とが同宮することを喜び、難関の国家試験をパスしたり、国家機関、文芸界での頭角等の発展・表現が得られます。酉の宮位に天空星があれば、東大寺、釣鐘の響きのような気宇広大なスケールの風格が加味されます。太陽星に化忌星が付くと喜び、回り舞台の如く一種独特な変化を与えます。


       男命であれば少年登科及第の吉兆が得られます。





 命宮が戌宮にある時 << 表12 >>

命宮が戌宮にある時 << 表12 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
疾厄宮財帛宮子女宮夫妻宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
遷移宮兄弟宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
交友宮 命宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
事業宮田宅宮福徳宮父母宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表12

 命宮が戌宮、父母宮が亥宮、福徳宮が子宮、田宅宮が丑宮、事業宮が寅宮、交友宮が卯宮、遷移宮が辰宮、疾厄宮が巳宮、財帛宮が午宮、子女宮が未宮、夫妻宮が申宮、兄弟宮が酉宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 戌宮  廉貞星  (利) 
 天府星  (廟) 

廉貞星は辰・戌の宮位で光輝度が(廟)の天府星と同宮します。

天府星は財星であり、紫微星同様、領導や覇権を備えていますが、独座であっても紫微星のような孤独や独断専行の行為とはなりません。

辰・戌の宮位は天羅地網の地で、身動きしにくい象意の運勢を持っていますから、幼・少年期は不安や行き悩んだりします。

命宮が辰の宮位より戌の宮位の方が吉です。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が戌宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       甲・庚・壬年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       壬年生人は、天梁星に化禄星・紫微星に化権星・天府星に化科星・武曲星に化忌星が付き、禄存星が亥宮・擎羊星が子宮・陀羅星が戌宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       甲・己年生人は、高位・高官など、社会で敬い尊ばれるような身分の昇進が見られる象意を暗示しています。 また、擎羊星・陀羅星・火星・鈴星・化忌星・天空星・地劫星などの星が同宮していなければ、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       
       丙・戊年生人は、誹りを受けたり、過ちなど、悪いことを招き呼び寄せること。また、事が成ったり敗れたりと、成功と失敗の波が押し寄せる運勢を暗示しています。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       
       文昌星・文曲星・左輔星・右弼星が同宮すると、文武の才能を兼ね備え、社会で遺憾なくその力量を発揮し、果実と高い評価を得ます。
       
       左輔星が同宮すれば、広大な敷地のある立派な屋敷を住まいとする生活環境を持つ力量があります。
       
       辰宮に七殺星があり、流年で辰宮の七殺星に出会うと、人間の知恵によって生み出される書物・法律・政治・外交・教化・学問・芸術など仁徳の総称をつかさどって任務とする職能・職域に対比した、兵法、兵威、兵器などの武威・権威を任務としてつかさどる職業に類するような人には、名高くなり、高位高官など社会で敬い尊ばれるような身分の昇進が見られる運勢の暗示が顕著にみられます。
       
       文昌星と同宮すると、中国では古くから、禮は社会の秩序を整え、樂は人の心を和らげるものとして、政治上、特に重視されたと言われている、礼儀と音楽を、好み(ヨシミ、喜んでたしなむ意。)とするようになります。(各自、現代風に意訳してみてください。)
       
       寅宮・辰宮・未宮に擎羊星・陀羅星・火星・鈴星が入れば、犯罪が絡む社会に足を踏み入れないように、また災難に出会わないよう注意を怠りなく。
       
       天空星・地劫星・天虚星・截空星・旬空星などと同宮すると、孤立感を深める人生を歩みがちになります。
       
       擎羊星が同宮すると、日常生活をする中での人間関係で、正か不正かの諍いが常に顔を出すようになります。
       
       陀羅星と同宮すると傷口や皮膚の化膿炎症をし易い体質。


      星の考察


      ①、六吉星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、甲・乙・己年生まれの人は財と官の福が厚くなります。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       天府星は財星であり紫微星同様、領導や覇権を備えていますが、独座であっても、紫微星のような孤独や独断専行の行為とはなりません。財帛宮や田宅宮を司り、天相星同様、紫微星を補佐する星です。廉貞星をも良く補佐をして助けると共に自身も力量を発揮します。辰・戌の宮位は天羅地網の地で、身動きしにくい象意の運勢を持っていますから、幼・少年期は不安や行き悩んだりします。命宮が辰の宮位より戌の宮位の方が吉です。


       戌の宮位は天羅地網の地ですから、②の条件があれば反って反発刺激となり、苦労は避けられませんが徐々に頭角を現し、事の成就は得られます。甲年生まれの人は、特にこの傾向が顕著にあらわれます。それは廉貞星に化祿星が付いて廉貞星の足を引っ張るからです。
       ①の条件が力不足でも、廉貞星・天府星力を合わせて良く発現の力量を表します。文芸界に向きます。 持って生まれた富貴の身分があり、それに助けられて社会の中で自分の目的を上手く達成することが出来、地位・名声・権勢を得ます。


       女性は、礼儀正しい清潔感のする、やや痩身の美人が多い。家庭に入っても夫を助け、良く子供を養育します。結婚によって自身の身分の向上だけでなく、配偶者の運が非常に良くなります。早い結婚は福が薄くなります。


       左輔星・右弼星と文昌星・文曲星と同宮すると官吏の道が開かれており、優秀な成績で採用、行政手腕も高く、君恩による光栄にも浴せる運気を持っています。


       擎羊星は吉星と同宮しても辛労の風波を立て、悪さもしますが、廉貞星と同宮するのを喜び、福が増します。


      星能
      廉貞星は変化、桃花の星で、どの宮位にあっても、良くその作用が出ますが、特に事業宮で、異性が多く従事する事業や宣伝広告業、服飾デザイン・販売業、小売業等に顕著に表れます。
      文昌星と同宮すると形式とか娯楽の面が、禄存星では富貴が増します。六殺星と同宮すると、武職に向くようになり、高い役職に付いている人や学者、専門職にある人に有利に働きますが、化忌星が付くと、いろいろ問題が出るようになります。
      左輔星・右弼星・天魁星・天鉞星と同宮すると、廉貞星の本来の象意に蛇足が付いた感が否めません。




 命宮が亥宮にある時 << 表13 >>

命宮が亥宮にある時 << 表13 >>

天機星(平)
 

紫微星(廟)
 
 

 

破軍星(地)
 
遷移宮疾厄宮財帛宮子女宮
巳宮午宮未宮申宮

七殺星(廟)
 
  

 
交友宮夫妻宮
辰宮酉宮
太陽星(廟)

天梁星(廟)
天府星(廟)

廉貞星(利)
事業宮 兄弟宮 
卯宮戌宮
武曲星(地)

天相星(廟)
天同星(不得)

巨門星(不得)

貪狼星(旺)
 

太陰星(廟)
 
田宅宮福徳宮父母宮命宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表13

 命宮が亥宮、父母宮が子宮、福徳宮が丑宮、田宅宮が寅宮、事業宮が卯宮、交友宮が辰宮、遷移宮が巳宮、疾厄宮が午宮、財帛宮が未宮、子女宮が申宮、夫妻宮が酉宮、兄弟宮が戌宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 亥宮  太陰星  (廟) 

太陰星は亥の宮位で光輝度が(廟)で独座しています。

太陰星は女性を象意とする星で、十二の宮位の中で亥の宮位に入ることを一番喜びます。

遷移宮、福徳宮に入っている星が弱いですから感情面での風波が出易い難は否めませんが、あらゆる面で非凡な才能の表現、成就の福が厚いです。

亥の宮位の太陰星は卯の宮位の太陽星同様、化忌星を喜びます。

太陰星に化忌星が付くと一種独特、特異な情景が加味されます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が亥宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       乙・丁・戊・庚・壬年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       乙年生人は、天機星に化禄星・天梁星に化権星・紫微星に化科星・太陰星に化忌星が付き、禄存星が卯宮・擎羊星が辰宮・陀羅星が寅宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       壬年生人は、天梁星に化禄星・紫微星に化権星・天府星に化科星・武曲星に化忌星が付き、禄存星が亥宮・擎羊星が子宮・陀羅星が戌宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       丙・丁・壬・癸年生で夜(午後五時~翌朝五時迄)生まれの人は、高位・高官など、社会で敬い尊ばれるような身分の昇進が見られる象意を暗示しています。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       癸年生人は、破軍星に化禄星・巨門星に化権星・太陰星に化科星・貪狼星に化忌星が付き、禄存星が子宮・擎羊星が丑宮・陀羅星が亥宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       本生時が、子・丑時、夜(午後五時~翌朝五時迄)生まれの人は、家に財貨が満ち、物や権利の総称である財本運は大変強いですが、それと呼応して、高位・高官など社会でうやまいとうとばれるような身分の昇進と結びつかない面が出てきます。 
       
        自分がこの世で生きている時代は、心地よく楽しい生活が送れる福を厚く持っています。 
       
        社会活動を通じて、爵位や所属する組織での階級昇進の喜びが拡がります。 


      星の考察


       太陰星は女性を象意とする星で十二の宮位の中で亥の宮位に入ることを一番喜びます。太陰星と対をなす太陽星が一番喜ぶ卯の宮位に天梁星といっしょに、共に光輝度が(廟)で事業宮に鎮座しています。遷移宮・福徳宮に入っている星が弱いですから感情面での風波が出易い難は否めませんが、あらゆる面で非凡な才能の表現、成就の福が厚いです。


       亥の宮位の太陰星は卯の宮位の太陽星同様、化忌星を喜びます。太陰星に化忌星が付くと一種独特・特異な情景が加味されます。文芸・特殊技術・専門技能・文学・芸術に異彩を添える作用が見られます。


       男命は風流心・異性接近の発現による風波はありますが立派に自己の才能の表現、事の成就の喜びがあります。男命にあると温柔で異性との接触が多くなります。


       女性には一番の命であると言えます。家庭・事業・自己表現、どれを採っても非凡な才を発揮します。女命に廟・旺して入ると良い判断になります。





powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional