美術館,中国歴代名窯陶磁器,中華文物,玉,美術品,数微斗数,星座表,命盤,推命,宿命,天命,人生の羅針盤,占星術,翡翠,骨董,古美術,アート,陶磁器,陶芸,占い,中華文物,東洋文明,芸術,文化,芸能,伝統,中国,CHINA,古窯跡,汝官窯,釣窯,哥窯,定窯,官窯,染付け,青磁,白磁,陶器,

ようこそ、萬代美術館 (LIFE COMPASS)へ。中国歴代名窯陶磁器、数微斗数星座表から「天命」を知る。

身命十二宮と甲級星配列、位置と解説(紫微星が卯宮)

身命十二宮と甲級星配列、位置と解説(紫微星が卯宮)


  • 星座の分類 (ここをクリックすれば甲級星(吉星・凶星)がご覧頂けます。)
    • 甲級星 【 吉星 】 
      紫微星(しびせい)天機星(てんきせい)太陽星(たいようせい)
      武曲星(ぶきょくせい)天同星(てんどうせい)天府星(てんぷせい)
      太陰星(たいいんせい)天相星(てんそうせい)天梁星(てんりょうせい)
      文昌星(ぶんしょうせい)文曲星(ぶんきょくせい)禄存星(ろくぞんせい)
      左輔星(さほせい)右弼星(うひつせい)天魁星(てんかいせい)
      天鉞星(てんえつせい)化祿星(かろくせい)化権星(かけんせい)
      化科星(かかせい)


      甲級星 【 凶星 】 
      廉貞星(れんていせい)貪狼星(たんろうせい)巨門星(きょもんせい)
      七殺星(ひっさつせい)破軍星(はぐんせい)擎羊星(けいようせい)
      陀羅星(だらせい)火星(かせい)鈴星(れいせい)
      化忌星(かきせい)


      甲級十四星
      紫微星天機星太陽星武曲星天同星天府星太陰星
      天相星天梁星廉貞星貪狼星巨門星七殺星破軍星

紫微斗数命盤作成の五ページ、表6、表7から導き出される紫微星の位置が決まると他の甲級十三星の配列が定まります。

紫微星卯宮にある時 << 表1 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
寅宮丑宮子宮亥宮
表1

 紫微星の位置が決まって配列される十四の甲級星は、申宮と酉宮には入りません。各々、対面の甲級星を見ます。約七割の力量で判断。

十二宮のいずれかに、甲級十四星が入っていない宮がある時、甲級十四星以外の他の甲級星や乙級星・丙級星が入っていてもいなくても、対面の宮にある甲級十四星を借用します。

対面の宮にある甲級十四星の象意や光輝度強弱の力量を若干差し引いて、同宮の他の星と総合して判断します。







 命宮が子宮にある時 <<  表2  >>

命宮が子宮にある時 << 表2 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
交友宮遷移宮疾厄宮財帛宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
事業宮子女宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
田宅宮 夫妻宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
福徳宮父母宮命宮兄弟宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表2

 命宮が子宮、父母宮が丑宮、福徳宮が寅宮、田宅宮が卯宮、事業宮が辰宮、交友宮が巳宮、遷移宮が午宮、疾厄宮が未宮、財帛宮が申宮、子女宮が酉宮、夫妻宮が戌宮、兄弟宮が亥宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 子宮  太陽星  (陥) 

太陽星は、子の宮位で光輝度が(陥)で独座しています。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が子宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       丁・己年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       
       丙・戊・壬年生人は、自分の失敗に懲り、改めようとする心模様から自己の運勢を悔い、恨む傾向を持つ傾向がでます。 
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       壬年生人は、天梁星に化禄星・紫微星に化権星・天府星に化科星・武曲星に化忌星が付き、禄存星が亥宮・擎羊星が子宮・陀羅星が戌宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。
       
       学問をしっかり身に付けることが出来なかったり、才能の開花が十分でないと気が散って落ち着きを失い、糧を得るのに困窮したり、日常生活を送るに辛い苦労を強いられることになる。また、世間の人とあまり気が合わない面があるので、そしりやあやまちや悪いことを招き呼び寄せることがないように注意が必要。目をそこなうようなことが起こることにも注意をすること。事が成ったり敗れたりと、安定力に欠けるようになるが、故郷を離れて生活の場を求めると運勢に吉兆を示すようになり、さいわい(福)となって差し支えない。
       
        本・對方(子宮・午宮)に擎羊星・火星・鈴星・化忌星・天空星・地劫星と出逢えば、傷病や病気などの苦しみや憂いを常に抱え込むようになったり、また、生計の苦労がどっと押し寄せる傾向が滲み出るようになります。 
       
       化忌星と同宮すると目の病気に注意を払ってください。
       
       対宮遷移宮の午宮には天梁星があるので吉星が加わっていると大きな商運を誘因する運気が訪れます。また、久しい命を愛で親しむ気風を持ちます。


      星の考察


      ①、六吉星・禄存星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六殺星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、四化星が付くことを嫌います。
      ④、丁・巳生まれの人は財と官の福が厚くなります。
      ⑤、化忌星が付いているかを見ます。
      ⑥、福徳宮の吉凶を見ます。
      ⑦、父母宮の吉凶を見ます。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       星が完全に失輝していますから、たとえ他の色んな吉星の援護を受けても辛労の象意は避けられません。また男性の星でもありますから父親との縁も成敗浮沈の風波を受けます。対宮の午宮には天梁星があるので寿の福が厚くあります。


       ⑤の条件があり、①、③、⑥の条件が悪いと判断されると眼病に注意が必要です。


       ②、⑤の条件があり、①、③、⑥の条件が悪いと判断されると、幼・少年期の不遇、健康不安、父親との不遇、家庭環境不安などが生じ易くなります。





 命宮が丑宮にある時 <<  表3  >>

命宮が丑宮にある時 << 表3 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
事業宮交友宮遷移宮疾厄宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
田宅宮財帛宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
福徳宮 子女宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
父母宮命宮兄弟宮夫妻宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表3

 命宮が丑宮、父母宮が寅宮、福徳宮が卯宮、田宅宮が辰宮、事業宮が巳宮、交友宮が午宮、遷移宮が未宮、疾厄宮が申宮、財帛宮が酉宮、子女宮が戌宮、夫妻宮が亥宮、兄弟宮が子宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 丑宮  天府星  (廟) 

天府星は丑・未の宮位に光輝度が(廟)で独座して入ります。

(廟)で入っていますが、対面の遷移宮には廉貞星・七殺星があり、事業宮には天相星が平で入っているため、如何しても力量不足が否めません。

命宮が丑の宮位にあるより未の宮位にある人の方が、天府星の象意である安定・保守の性向を破ろうとする傾向が出ます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が丑宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       乙・丙・戊・辛年生人は、禄存星・化禄星・化権星・化科星・文昌星・文曲星・左輔星・右弼星・天魁星などの星と同宮すれば、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       乙年生人は、天機星に化禄星・天梁星に化権星・紫微星に化科星・太陰星に化忌星が付き、禄存星が卯宮・擎羊星が辰宮・陀羅星が寅宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       辛年生人は、巨門星に化禄星・太陽星に化権星・文曲星に化科星・文昌星に化忌星が付き、禄存星が酉宮・擎羊星が戌宮・陀羅星が申宮・天魁星が午宮・天鉞星が寅宮に入ります。 
       
       両宮に太陽星、太陰星があって挟まれているので、これに左輔星・右弼星、文昌星・文曲星、天魁星などが同宮すると、此処が命宮か財帛宮にある人は、「権」では無く、「富」、に大変恵まれる象意を持ちます。 
       
       左輔星・右弼星と同宮すると広大な敷地のある立派な屋敷を住まいとする生活環境を持つ力量の象意があります。
       
       左輔星・右弼星と文昌星・文曲星と同宮すると、官吏の道が開かれており、優秀な成績で採用、行政手腕も高く、君恩による光栄にも浴せる運気の象意を持っています。
       
       丑宮・巳宮・未宮・酉宮に擎羊星、陀羅星、火星、鈴星が入れば、犯罪が絡む社会に足を踏み入れないように、また災難に出会わないよう注意を怠りなく。
       
       天空星、地劫星、天虚星、截空星、旬空星などと同宮すると、本人は孤立感を深める人生を歩みがちになります。


      星の考察


       天府星は(廟)で入っていますが、対面の遷移宮には廉貞星・七殺星があり、事業宮には天相星が(平)で入っているため、如何しても力量不足が否めません。他の吉星の同宮や助けがないと孤立感が出たり、話や事の終始に一貫性・先大後小・先有後無の象意が出易くなります。命宮が丑の宮位にあるより未の宮位にある人の方が天府星の象意である安定・保守の性向を破ろうとする傾向が出ます。


       天府星の本源的な象意である指導力の発揮・衣食安定・生活享受・安定志向旺が良く出ます。公職・民間企業に向きます。


       女命には大変良い象意を出します。





 命宮が寅宮にある時 <<  表4  >>

命宮が寅宮にある時 << 表4 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
田宅宮事業宮交友宮遷移宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
福徳宮疾厄宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
父母宮 財帛宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
命宮兄弟宮夫妻宮子女宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表4

 命宮が寅宮、父母宮が卯宮、福徳宮が辰宮、田宅宮が巳宮、事業宮が午宮、交友宮が未宮、遷移宮が申宮、疾厄宮が酉宮、財帛宮が戌宮、子女宮が亥宮、夫妻宮が子宮、兄弟宮が丑宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 寅宮  天機星  (地) 
 太陰星  (旺) 

天機星は、寅・申の宮位で太陰星と光輝度が(旺)・(利)で同宮します。

天機星の象意に太陰星の象意が加味されます。

太陰星は女性の星ですから、男命の人は女性の縁が多くなり理解が深まります。

女命にあれば女性らしい美しさと理性を併せ持った人柄です。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が寅宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       甲・丙・丁・己・庚・癸年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       癸年生人は、破軍星に化禄星・巨門星に化権星・太陰星に化科星・貪狼星に化忌星が付き、禄存星が子宮・擎羊星が丑宮・陀羅星が亥宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       丙・丁年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。左輔星・右弼星・文昌星・文曲星・天鉞星などの吉星と同宮していれば、敬うに値する優れた才能・度量ある人格をも兼備しています。事業宮に天梁星があり、命宮の星とあわせて公務員の職能に適しています。
       
       天機星・天梁星が三合四正(命宮・事業宮・遷移宮・財帛宮)で出会うと、軍略の弁舌が巧みで習熟し、権謀術策に長る象意が出るようになります。 
       
       左輔星、右弼星と文昌星、文曲星が寅宮・午宮・申宮・戌宮にあると、人間の知恵によって生み出される学問・芸術などの仁徳の総称をつかさどる文官に向かえば、上品で高い地位が得られます。文官に対比した名称である武職に就けば、忠義で善良な人としてその職責を果たします。 
       
       禄存星が同宮している上に、更に左輔星、右弼星が本宮(ここでは寅宮)・對宮(ここでは申宮)加わると、人力では如何ともしがたいと言われている富貴(金持ちで、身分が高いこと。)を得る運勢を持つことになります。 
       
       左輔星・右弼星・文昌星・文曲星・天鉞星などが同宮すると、ここちよく楽しい生活が送れることを約束されています。 
       
       故郷を遠く離れ、地方や僻地に赴いて生活をするような運勢を潜在的持つことになる象意があります。 
       
       文昌星、文曲星と同宮すると男性は苦しい勤めをしなければならない仕事に就くようになります。女性は花柳界に身を置く仕事を生業とするようになったりします。 
       
       遷移宮である申宮に陀羅星、火星、鈴星が入ると、女命では刑法に触れたり貞操観念の喪失に陥りやすくなります。 


      星の考察


      ①、六吉星・禄存星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、甲・丙・丁・己・庚・癸年生まれの人は財と官の福が厚くなります。
      ⑤、文昌星・文曲星・咸池星・紅鸞星・天姚星・沐浴星と同宮しているかを見ます。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       天機星の象意に太陰星の象意が加味されます。天機星・太陰星を命宮に持つ人は事業宮に天梁星、財帛宮に天同星が入りますから公職に最適ですが、民職・サービス業にも向きます。只、リーダーシップ・組織の長などの役職には不向きで、ある原則を以って一歩一歩マイペースで着実に進むのが合っています。


       太陰星は女性の星ですから、男命の人は女性の縁が多くなり理解が深まります。


       ⑤の条件があると異性の縁が更に強まります。演芸・芸能界に向きます。


       知的好奇心、メカニック、回転、情報、企画力、アイデア、研究心、不動産、遠方、伝統、芸術を上手く融合させた仕事を組み立ててみてください。それが貴方の持ち味です。物質生活に恵まれますと異性関係との交際も広がります。


       太陰星は女性の星ですから、女命にあれば女性らしい美しさと理性を併せ持った人柄です。女命に廟・旺して入ると身分の向上や財福が厚くなって良い判断もありますが、欲望が度を越して行いにしまりがなくなったりして、純白の玉の如く、きずや欠点がない完全な美しい幸せな運命にはなりません。





 命宮が卯宮にある時 <<  表5  >>

命宮が卯宮にある時 << 表5 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
福徳宮田宅宮事業宮交友宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
父母宮遷移宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
命宮 疾厄宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
兄弟宮夫妻宮子女宮財帛宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表5

 命宮が卯宮、父母宮が辰宮、福徳宮が巳宮、田宅宮が午宮、事業宮が未宮、交友宮が申宮、遷移宮が酉宮、疾厄宮が戌宮、財帛宮が亥宮、子女宮が子宮、夫妻宮が丑宮、兄弟宮が寅宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 卯宮  紫微星  (旺) 
 貪狼星  (利) 

紫微星は、卯・酉の宮位で光輝度(利)の貪狼星と同宮します。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が卯宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       乙・己・辛年生人は、火星と同宮すると「貴格」が付随して高位・高官など社会で敬い尊ばれるような身分の昇進がみられるようになります。
       乙年生人は、天機星に化禄星・天梁星に化権星・紫微星に化科星・太陰星に化忌星が付き、禄存星が卯宮・擎羊星が辰宮・陀羅星が寅宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       辛年生人は、巨門星に化禄星・太陽星に化権星・文曲星に化科星・文昌星に化忌星が付き、禄存星が酉宮・擎羊星が戌宮・陀羅星が申宮・天魁星が午宮・天鉞星が寅宮に入ります。 
       
       火星と同宮すると「貴格」が付随して高位・高官など社会で敬い尊ばれるような身分の昇進がみられるようになりますが、火星がない甲・乙・庚・辛年生人の「貴格」は、地位・身分の向上がみられても耐久力・持久力不足に陥ります。 
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       
       卯年生まれ、未年生まれ、亥年生まれの人は物事をうまく処理する力・才能が十二分に発揮されず、事を成就する力量に欠けるところがあります。
       
       男女ともに異性の関係に注意。 
       
       臣の道に背いたり、人の守るべき道に外れたりする行為。心の邪な人にも不用心に親しみ近づくような所があるので、社会生活上、特段の注意と配慮が必要です。 
       
       辰宮や寅宮にそれぞれ左輔星や右弼星、文昌星や文曲星があるか、卯宮・亥宮に左輔星、右弼星あるいは文昌星、文曲星があって、助けられ司られていないと、つまり、左輔星・右弼星・文昌星・文曲星が卯宮の紫微星・貪狼星と良い関係の位置に配合されていないと、社会で自己の力量を発揮して役に立てるようになるのが困難になります。 
       
       文昌星・文曲星が同宮すると、中身や誠が無い上辺だけで虚しいことが多く、明らかに中身で満たされ、誠が実在していることが少ない言動が見られるようになります。 
       誕生時刻が十三時から十五時の人は文昌星が入り、二十一時から二十三時の人は文曲星が同宮します。
       
       命宮卯宮の紫微星・貪狼星と廉貞星・七殺星と武曲星・破軍星とが組み合わさるところでは、事が失敗に終わり、うまくゆかないことが生じるようになります。 
       
       擎羊星と同宮すると、各地をめぐって商業する職種、デスクワークより営業職に向くようになります。 
       
        本・對方(卯宮・酉宮)に擎羊星・火星・鈴星・天空星・地劫星と出逢えば、仏門に帰依する道も開けるようになります。 


      星の考察


       紫微星の象意に貪狼星の多才多芸の星で加わり、男性には酒・色・財気の環境の中で身を処して行く才覚を与え、女性にはネオン街をこよなく愛し、好奇心旺盛で何にでも首を突っ込みたくなる性向を与える象意が加味されますが、紫微星の制御能力の力量が良く発揮されて貪狼星をよくコントロールします。


       文職・武職・民間職・文芸・技芸・話術に向きます。 社会常識に縛られることなく自分の興味の対象に向かっていきますから異性関係も広がります。


       女命、花柳社会に身を置くような事態も考えられます。





 命宮が辰宮にある時 <<  表6  >>

命宮が辰宮にある時 << 表6 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
父母宮福徳宮田宅宮事業宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
命宮交友宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
兄弟宮 遷移宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
夫妻宮子女宮財帛宮疾厄宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表6

 命宮が辰宮、父母宮が巳宮、福徳宮が午宮、田宅宮が未宮、事業宮が申宮、交友宮が酉宮、遷移宮が戌宮、疾厄宮が亥宮、財帛宮が子宮、子女宮が丑宮、夫妻宮が寅宮、兄弟宮が卯宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 辰宮  巨門星  (陥) 

巨門星は辰・戌の宮位で光輝度が(陥)で独座しています。

対面の遷移宮には天同星が光輝度(平)で入っています。

巨門星は完全に失輝しています。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が辰宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       辛年生まれの人は特に福厚く貴格があり、困苦の中に光が差し、巨門星の欠点が減少して志向の表現・事の成就・才能の発現を得て、中年以後は福が増してきます。人並みでないめずらしい力量を発揮する運勢を持っています。
       辛年生人は、巨門星に化禄星・太陽星に化権星・文曲星に化科星・文昌星に化忌星が付き、禄存星が酉宮・擎羊星が戌宮・陀羅星が申宮・天魁星が午宮・天鉞星が寅宮に入ります。 
       
       癸年生まれの人は特に福厚く貴格があり、困苦の中に光が差し、巨門星の欠点が減少して志向の表現・事の成就・才能の発現を得て、中年以後は福が増してきます。
       癸年生人は、破軍星に化禄星・巨門星に化権星・太陰星に化科星・貪狼星に化忌星が付き、禄存星が子宮・擎羊星が丑宮・陀羅星が亥宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       丁・庚年生人は事の実現成就の過程は永く厳しく尋常ではありませんが、中年以後は福が増してきます。公職・教職・民間大企業・文職に向きます。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       庚年生人は、太陽星に化禄星・武曲星に化権星・天同星に化科星・天相星に化忌星が付き、禄存星が申宮・擎羊星が酉宮・陀羅星が未宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       
       甲・乙・丙・戊・己・壬年生人は、日常生活で起こる諍い、正しいこととまちがったこと、善いか悪いか、道理の有る無しなどを巡って論争する煩わしいゴタゴタに巻き込まれるようになります。 
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       乙年生人は、天機星に化禄星・天梁星に化権星・紫微星に化科星・太陰星に化忌星が付き、禄存星が卯宮・擎羊星が辰宮・陀羅星が寅宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。 
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       壬年生人は、天梁星に化禄星・紫微星に化権星・天府星に化科星・武曲星に化忌星が付き、禄存星が亥宮・擎羊星が子宮・陀羅星が戌宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       擎羊星・陀羅星が同宮すると、男女ともに異性の関係には重々注意が必要です。 
       
       辰宮・申宮・子宮の三合宮に火星・鈴星・擎羊星・陀羅星・天空星・地劫星・化忌星などがあれば、必ず重大な災厄に遭遇するようなことになりかねません。 
       
       擎羊星・陀羅星・火星・鈴星が入ると、騙されたり陥れられたりして落ち込み、結果としての災禍。また、傷害などの争い事に巻き込まれることへと発展しかねない事態を招くようになる危険があります。 
       
       火星、鈴星が辰宮の本宮に入っていて、弱くて善くないと判断されるような宮に流年宮として同宮すれば、死の危険を秘めた過ちに遭遇しかねない事態も生じかねません。善くない流年宮に入った年は特段の注意が必要です。


      星の考察


      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       対面の遷移宮には天同星が光輝度(平)で入っています。巨門星は完全に失輝しています。同星の力量も弱く助けになりません。況してや、ここは星の象意の発現を閉じ込める天羅地網の地です。巨門星にとって他の如何なる宮に在るよりも波瀾万丈の位置にあると言えます。
       辰の宮位の巨門星は財帛宮に太陽星が光輝度(陥)で入っていますから成敗浮沈の風波は尋常ではありません。他の吉星の同宮や助けが多くあればあるほど、無いよりは良いのですが、丁度、病人が内科的治療を受けているようなもので、徐々に穏やかな回復を待つ具合いですっきりしません。一時は病人に大変な負担をかけますが回復軌道に乗れば、ぐんぐん病状が良くなり、体力が回復してくる外科的治療が必要なのです。つまり六殺星や化忌星の同宮や助けがもっとも欲している場所なのです。





 命宮が巳宮にある時 <<  表7  >>

命宮が巳宮にある時 << 表7 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
命宮父母宮福徳宮田宅宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
兄弟宮事業宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
夫妻宮 交友宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
子女宮財帛宮疾厄宮遷移宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表7

 命宮が巳宮、父母宮が午宮、福徳宮が未宮、田宅宮が申宮、事業宮が酉宮、交友宮が戌宮、遷移宮が亥宮、疾厄宮が子宮、財帛宮が丑宮、子女宮が寅宮、夫妻宮が卯宮、兄弟宮が辰宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 巳宮  天相星  (地) 

天相星は巳・亥の宮位で光輝度(地)で独座しています。

対面の遷移宮には武曲星・破軍星が光輝度(平)で入っています。

武曲星は財、孤尅、剛強の星。破軍星は紫微星の命令で最前線地で、その威力、能力を発揮する星で、勇猛無比、危険や変化の波動を起こす星です。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が巳宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       丙・戊・壬年生人は、神から授かる助け(福・祿・壽)、と言われる有形無形の「福」を受けた人生を歩むことが出来るという象意を持ちます。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       壬年生人は、天梁星に化禄星・紫微星に化権星・天府星に化科星・武曲星に化忌星が付き、禄存星が亥宮・擎羊星が子宮・陀羅星が戌宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       左輔星・右弼星・文昌星・文曲星が丑宮・巳宮・酉宮・亥宮に入ると、職務として担当する仕事に威光と権力の風格が加味される象意を持つようになります。 
       
       對宮の亥宮に火星、鈴星が入っている状態で、病気や悩み憂いなどが重なったりし、それが誘因となり病気の後遺症や慢性病とならないように注意が肝要です。 


      星の考察


      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       対面の遷移宮には武曲星・破軍星が光輝度(平)で入っています。武曲星は財・孤尅・剛強の星。破軍星は紫微星の命令で最前線地でその威力・能力を発揮する星で、勇猛無比、危険や変化の波動を起こす星です。天相星は職業を変えたり居住を移したりあまりせず、常に家庭を大事にして、ある決まった生活を守ろうとします。
       天相星が(平)宮位にあって吉星の援助が無く、六殺星と同宮及び影響を受けていると、その優点は減少して自己中心主義になったり決断心が鈍ります。財帛宮には相性が良い天府星が光輝度(廟)で入っています。 このような星の配列から、天相星が巳・亥の宮位に命宮がある人は、両手に何も持たなくても、社会に出て良く自己を表現し果実を得ようと目標に向かっていく象意を現します。仕事上の表現能力、職責遂行能力はあっても、自己の満足できる果実を獲るまでは少しきつい所が出てきます。
       仕事上の表現能力、職責遂行能力はあっても、自己の満足できる果実を獲るまでは少しきつい所が出てきます。しかし他の吉星の助け、本人の自覚と積徳、家族・友人・同僚・先輩・上司などの理解と協力が、有ると無いで人生行路の福の厚みに天地の差が出てきます。ここが霊妙である所以です。夫妻宮には紫微星・貪狼星が入っています。配偶者は個性豊かで、年長者である象意を持っています。





 命宮が午宮にある時 <<  表8  >>

命宮が午宮にある時 << 表8 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
兄弟宮命宮父母宮福徳宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
夫妻宮田宅宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
子女宮 事業宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
財帛宮疾厄宮遷移宮交友宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表8

 命宮が午宮、父母宮が未宮、福徳宮が申宮、田宅宮が酉宮、事業宮が戌宮、交友宮が亥宮、遷移宮が子宮、疾厄宮が丑宮、財帛宮が寅宮、子女宮が卯宮、夫妻宮が辰宮、兄弟宮が巳宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 午宮  天梁星  (廟) 

天梁星は子・午の宮位で光輝度(廟)で独座しています。

対面の遷移宮には太陽星が(旺)・(陥)で入っています。

太陽星の光輝度は午の宮位にあるときは(旺)で、子の宮位にあるときは(陥)で入ります。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が午宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       丁・己・癸年生人は、神から授かる助け(福・祿・壽)、と言われる有形無形の「福」を受けた人生を歩むことができます。天梁星は、目上の人にさかずきをすすめ、健康を祝したり、祝い物を贈ることを象意として持っている星で、勤めとしての仕事にも一定の高い、地位・身分・条件などが約束されています。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       己年生人は、武曲星に化禄星・貪狼星に化権星・天梁星に化科星・文曲星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。 
       癸年生人は、破軍星に化禄星・巨門星に化権星・太陰星に化科星・貪狼星に化忌星が付き、禄存星が子宮・擎羊星が丑宮・陀羅星が亥宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       本・對方(午宮・子宮)左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星などがあれば、つねづね、幸福と長寿という福が二つながらに完全に享受できる運勢を歩むことができる象意を持ちます。 
       
       天同星が身宮・命宮にあると、天梁星はあやうく危ないこと、悪事などの災いごとを恐れなくなる。
       
       寅宮・午宮・戌宮・子宮に左輔星・右弼星・文昌星・文曲星が入ると、文武の才能を兼ね備え、社会で遺憾なくその力量を発揮し、果実と高い評価を得るようになります。
      星の考察


       対面の遷移宮には太陽星が(陥)で入っています。太陽星の光輝度は子の宮位にあるときは(陥)で入ります。天梁星は蔭・壽・貴の象意を持っていて、困難な事に遭遇しても良く解決する力量を持ち、人の困苦を救って喜ばれる星です。本来の性質が完全に発揮されます。天梁星の性向は午の宮位に命宮があると法理・医薬色が滲み出ます。





 命宮が未宮にある時 <<  表9  >>

命宮が未宮にある時 << 表9 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
夫妻宮兄弟宮命宮 父母宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
子女宮福徳宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
財帛宮 田宅宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
疾厄宮遷移宮交友宮事業宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表9

 命宮が未宮、父母宮が申宮、福徳宮が酉宮、田宅宮が戌宮、事業宮が亥宮、交友宮が子宮、遷移宮が丑宮、疾厄宮が寅宮、財帛宮が卯宮、子女宮が辰宮、夫妻宮が巳宮、兄弟宮が午宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 未宮  廉貞星  (利) 
 七殺星  (廟) 

廉貞星が丑・未の宮位にあると光輝度が(廟)の七殺星が同宮します。

七殺星は破軍星と同様に、紫微星の護衛官の役目をする星です。

破軍星は紫微星の命令を受け入れて最前線で活動の指揮を執りますが、七殺星は独断専行の行動をとります。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が未宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       甲年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       甲・乙・丙・庚・辛・壬・癸年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       甲年生人は、廉貞星に化禄星・破軍星に化権星・武曲星に化科星・太陽星に化忌星が付き、禄存星が寅宮・擎羊星が卯宮・陀羅星が丑宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       
       甲年生人は、廉貞星に化禄星が付き、更に本宮(ここでは未宮)・對宮(ここでは丑宮)に文昌星・文曲星・左輔星・右弼星・天鉞星・化禄星・化権星・化科星などの星があると、物や権利の総称である財本運が強くなり、財祿が付き、社会的な地位・身分もそれに相応呼応するかのように高くなります。 
       
       丙・戊年生人は、誹謗中傷などのそしりをまねく結果となったり、事が成ると敗れるとを繰り返したりの運勢が待ち構えています。左輔星・右弼星、文昌星・文曲星、天鉞星などが同宮していると、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。 
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。 
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       
       擎羊星、陀羅星、火星、鈴星などの同宮がなければ、財祿や社会での地位、身分にも恵まれます。社会での声望が上がるにつれて積富(積み蓄えられた財産。)の人になります。 
       
       文昌星・文曲星・左輔星・右弼星・天鉞星などと同宮すると、人間の知恵によって生み出される学問・芸術などの仁徳の総称をつかさどる文官に対比した名称で、もののふ。つわもの。兵威。威力。兵法などの言葉で象徴表現されるような職域・職能に就くことで名高く、高位高官にも登ることが現実になります。しかしまた、必ず、つぎつぎと起こるなやみや苦しみを乗り越えていかなければ、栄誉というゴールには辿り着けません。
       
       文昌星・文曲星・左輔星・右弼星・天鉞星・化禄星・化権星、化科星などの星が同宮していないと、天寿を全う出来なかったり、肺結核、傷病・疾病の後遺症、不治の病などに悩まされることなど健康問題には特段の注意が必要です。
       
       段取りを立てるのに巧妙で術を心得るようになります。文昌星・文曲星と同宮すると、中国では古くから、禮は社会の秩序を整え、樂は人の心を和らげるものとして、政治上、特に重視されたと言われている、礼儀と音楽を、好み(ヨシミ、喜んでたしなむ意。)とするようになります。(各自、現代風に意訳してみてください。)
       
       亥宮である事業宮には武曲星・破軍星があり、十年大運、流年宮で入れば、祖先から伝わった事業・財産を破るようなことになりかねません。要心と心構えを失わないように。
       
       擎羊星が同宮すると、人生で日常的に、正か不正かの口争い、黒白論争の虫が、顔を出すようになります。陀羅星が同宮すると、膿んだりただれたり、化膿しやすい体質を持つようになります。
       
       火星・鈴星が同宮していると、労働災害や事故に巻き込まれるようなことがないように、環境が変化するときには特段の注意が必要です。火星、鈴星に化忌星が加わると、行き倒れ、外出時の人災や自然災害によるトラブルに遭遇。
       
       擎羊星・陀羅星・火星・鈴星などが同宮すると、外出時の人災や自然災害によるトラブル巻き込まれることに注意が必要。また背中が曲がったり、腰が屈んだりする病気にもならないように日頃の生活習慣に注意が必要です。
       
       紫微星、天相星、禄存星がある宮に流年宮として入ると、凶危が化解して吉となります。つまり、災禍、傷害などの争い事、あやうく、あぶない事が、わざわい転じて福となすが如く物事が氷解して何とか無事に済むようになること。
      星の考察


       七殺星は破軍星と同様に紫微星の護衛官の役目をする星です。破軍星は紫微星の命令を受け入れて最前線で活動の指揮を取りますが、七殺星は独断専行の行動を取ります。独座であるのを好み、男女の命を問わず、良くその自己の社会での足跡を成し遂げる力量があります。
       廉貞星は変化も、ひとつの特徴なのですが、七殺星の影響を受けて強引さが出て、変化の威力が減少して事のスムーズの進行を鈍らせる、成敗の風波を見せます。また廉貞星の桃花の性向が、精神面では文芸の趣向に、物質面では飲食や娯楽の趣向に、また理財の面にも明るくなります。公職・財界・経理に向きます。


       人からは危険や冒険に見えても、その計画を実行する力強さがあり、それも故郷を離れたところでする傾向が出ます。身体の故障、怪我に注意、小さい時の皮膚、足腰、中年以降は循環器系の病気。


       女性は、礼儀正しい清潔感のするやや痩身の美人が多い。家庭に入っても夫を助け、良く子供を養育します。


      星能
      廉貞星は変化、桃花の星で、どの宮位にあっても、良くその作用が出ますが、特に事業宮で、異性が多く従事する事業や宣伝広告業、服飾デザイン・販売業、小売業等に顕著に表れます。
      文昌星と同宮すると形式とか娯楽の面が、禄存星では富貴が増します。六殺星と同宮すると、武職に向くようになり、高い役職に付いている人や学者、専門職にある人に有利に働きますが、化忌星が付くと、いろいろ問題が出るようになります。
      左輔星・右弼星・天魁星・天鉞星と同宮すると、廉貞星の本来の象意に蛇足が付いた感が否めません。




 命宮が申宮にある時 << 表10 >>

命宮が申宮にある時 << 表10 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
子女宮夫妻宮兄弟宮 命宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
財帛宮父母宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
疾厄宮 福徳宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
遷移宮交友宮事業宮田宅宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表10

 命宮が申宮、父母宮が酉宮、福徳宮が戌宮、田宅宮が亥宮、事業宮が子宮、交友宮が丑宮、遷移宮が寅宮、疾厄宮が卯宮、財帛宮が辰宮、子女宮が巳宮、夫妻宮が午宮、兄弟宮が未宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 申宮  天機星  (地) 
 太陰星  (旺) 
 申宮に甲級十四星が入っていないので、対面の寅宮にある甲級十四星を借用します。

申宮に甲級十四星が入っていないので、対面の寅宮にある甲級十四星を借用します。

対面の宮にある甲級十四星の象意や光輝度強弱の力量を若干差し引いて、同宮の他の星と総合して判断します。

天機星は、寅・申の宮位で太陰星と光輝度が(旺)・(利)で同宮します。

天機星の象意に太陰星の象意が加味されます。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が申宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 命宮位置が対面の寅宮の意義と理解、も参考にしてください。 
      諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       命宮位置が寅宮にある時の解説を参照してください。


      星の考察


      ①、六吉星・禄存星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、甲・丙・丁・己・庚・癸年生まれの人は財と官の福が厚くなります。
      ⑤、文昌星・文曲星・咸池星・紅鸞星・天姚星・沐浴星と同宮しているかを見ます。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       天機星の象意に太陰星の象意が加味されます。天機星・太陰星を命宮に持つ人は事業宮に天梁星、財帛宮に天同星が入りますから公職に最適ですが、民職・サービス業にも向きます。只、リーダーシップ・組織の長などの役職には不向きで、ある原則を以って一歩一歩マイペースで着実に進むのが合っています。


       太陰星は女性の星ですから、男命の人は女性の縁が多くなり理解が深まります。


       ⑤の条件があると異性の縁が更に強まります。演芸・芸能界に向きます。


       知的好奇心、メカニック、回転、情報、企画力、アイデア、研究心、不動産、遠方、伝統、芸術を上手く融合させた仕事を組み立ててみてください。それが貴方の持ち味です。物質生活に恵まれますと異性関係との交際も広がります。


       太陰星は女性の星ですから、女命にあれば女性らしい美しさと理性を併せ持った人柄です。女命に廟・旺して入ると身分の向上や財福が厚くなって良い判断もありますが、欲望が度を越して行いにしまりがなくなったりして、純白の玉の如く、きずや欠点がない完全な美しい幸せな運命にはなりません。





 命宮が酉宮にある時 << 表11 >>

命宮が酉宮にある時 << 表11 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
財帛宮子女宮夫妻宮兄弟宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
疾厄宮命宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
遷移宮 父母宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
交友宮事業宮田宅宮福徳宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表11

 命宮が酉宮、父母宮が戌宮、福徳宮が亥宮、田宅宮が子宮、事業宮が丑宮、交友宮が寅宮、遷移宮が卯宮、疾厄宮が辰宮、財帛宮が巳宮、子女宮が午宮、夫妻宮が未宮、兄弟宮が申宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 酉宮  紫微星  (旺) 
 貪狼星  (利) 
 酉宮に甲級十四星が入っていないので、対面の卯宮にある甲級十四星を借用します。

申宮に甲級十四星が入っていないので、対面の寅宮にある甲級十四星を借用します。

対面の宮にある甲級十四星の象意や光輝度強弱の力量を若干差し引いて、同宮の他の星と総合して判断します。

紫微星は、卯・酉の宮位で光輝度(利)の貪狼星と同宮します。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が酉宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 命宮位置が対面の卯宮の意義と理解、も参考にしてください。 
      諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       丑宮に天府星事業宮、巳宮に天相星財帛宮の三合、命宮酉宮は、社会で敬い尊ばれ、身分の昇進が見られるような才能の品格を標準として備え持つ象意の命宮になります。
       はたらき。よい。順調な。役に立つ。かち。いきおい。もうけ。するどい。すばやい。技量がある。ききめがある。・・・等々の象意を「吉」化する運勢として持っています。
       じゅうぶんにする。みたす(滿)。たりる。そなわる。じゅうぶんにある「具足」「満足」。そえる(添)。ます(増)。すぎる。程度をこえる。などの象意を持って生活の安定力が生まれます。


      星の考察


       紫微星の象意に貪狼星の多才多芸の星で加わり、男性には酒・色・財気の環境の中で身を処して行く才覚を与え、女性にはネオン街をこよなく愛し、好奇心旺盛で何にでも首を突っ込みたくなる性向を与える象意が加味されますが、紫微星の制御能力の力量が良く発揮されて貪狼星をよくコントロールします。


       文職・武職・民間職・文芸・技芸・話術に向きます。 社会常識に縛られることなく自分の興味の対象に向かっていきますから異性関係も広がります。


       女命、花柳社会に身を置くような事態も考えられます。





 命宮が戌宮にある時 << 表12 >>

命宮が戌宮にある時 << 表12 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
疾厄宮財帛宮子女宮夫妻宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
遷移宮兄弟宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
交友宮 命宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
事業宮田宅宮福徳宮父母宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表12

 命宮が戌宮、父母宮が亥宮、福徳宮が子宮、田宅宮が丑宮、事業宮が寅宮、交友宮が卯宮、遷移宮が辰宮、疾厄宮が巳宮、財帛宮が午宮、子女宮が未宮、夫妻宮が申宮、兄弟宮が酉宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 戌宮  天同星  (平) 

天同星が辰・戌の宮位にあると光輝度が(平)で独座しています。

対面の宮位には巨門星が失輝して入ります。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が戌宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       丙・丁年生人は、神から授かる助け(福・祿・壽)、と言われる有形無形の「福」を受けた人生を歩むことができます。利益と栄達(立身出世)にも恵まれます。
       丙年生人は、天同星に化禄星・天機星に化権星・文昌星に化科星・廉貞星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が辰宮・天魁星が亥宮・天鉞星が酉宮に入ります。
       丁年生人は、太陰星に化禄星・天同星に化権星・天機星に化科星・巨門星に化忌星が付き、禄存星が午宮・擎羊星が未宮・陀羅星が巳宮・天魁星が子宮・天鉞星が申宮に入ります。
       
       甲・乙年生人は、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。神から授かる助け、と言われる有形無形の「福」を受けた人生を歩むことができます。
       
       教育者・学術研究・著作出版・教職・マスコミ・ジャーナリスト・法曹界に向きます。
       
       庚・癸年生人は、自然界から授かる助け・幸い、神から授かる助け、と言われる有形無形の「福」を持ってしても、努力して獲得した生活基盤や質を長い期間にわたって維持し、持ち堪えることが困難である象意を持ちます。
       
       火星・鈴星と本宮・對方宮(辰宮・戌宮)で出会うと、必ず、思いもよらず、黒子や痣が生じやすくなる象意を持ちます。
       
       擎羊星・陀羅星と同宮すると、目の表情は糸を引くような目の象意を持つようになります。また體に思いがけなく痕が残るような傷を負う災難にめぐりあったりする運勢を持つので注意が肝要です。
       
       女命にあれば、徳行、才知がすぐれた人です。


      星の考察


       対面の宮位には巨門星が失輝して入ります。天同星は福星で凶星を怖がらないところがあるのですが、巨門星の口舌是非の影響は避けられず、自分が一番大事であると信じる話を、人・事の問題を、不本意に対象相手に論じることで誤解・トラブルが生じ易くなります。女命より男命の方が吉です。





 命宮が亥宮にある時 << 表13 >>

命宮が亥宮にある時 << 表13 >>

天相星(地)
 

天梁星(廟)
 
廉貞星(利)

七殺星(廟)
 

 
遷移宮疾厄宮財帛宮子女宮
巳宮午宮未宮申宮

巨門星(陥)
 
  

 
交友宮夫妻宮
辰宮酉宮
紫微星(旺)

貪狼星(利)

天同星(平)
 
事業宮 兄弟宮 
卯宮戌宮
天機星(地)

太陰星(旺)

天府星(廟)
 

太陽星(陥)
 
武曲星(平)

破軍星(平)
田宅宮福徳宮父母宮命宮
寅宮丑宮子宮亥宮
表13

 命宮が亥宮、父母宮が子宮、福徳宮が丑宮、田宅宮が寅宮、事業宮が卯宮、交友宮が辰宮、遷移宮が巳宮、疾厄宮が午宮、財帛宮が未宮、子女宮が申宮、夫妻宮が酉宮、兄弟宮が戌宮になります。

 命宮位置  星名  (輝度) 
 亥宮  武曲星  (平) 
 破軍星  (平) 

武曲星が巳・亥の宮位にあると光輝度が(平)の破軍星と同宮します。

破軍星は紫微星の命令で最前線地で、その威力・能力を発揮する星ですから勇猛無比で、危険や変化の波動から逃れることは出来ません。

巳の宮位より亥の宮位に命宮がある人の方が吉です。

  • 命宮位置 (ここをクリックすれば命宮位置が亥宮にある時の解説がご覧頂けます。)
    • 諸星が命(身)宮、及び十二宮にある時の意義と理解
       戊・壬年生人は、神から授かる助け(福・祿・壽)と言われる有形無形の「福」を受けた人生を歩むことが出来、物や権利の総称である財本運、社会の職能・官職である職業運、両方を兼ね備えた運勢を持つようになります。
       戊年生人は、貪狼星に化禄星・太陰星に化権星・右弼星に化科星・天機星に化忌星が付き、禄存星が巳宮・擎羊星が午宮・陀羅星が辰宮・天魁星が丑宮・天鉞星が未宮に入ります。
       壬年生人は、天梁星に化禄星・紫微星に化権星・天府星に化科星・武曲星に化忌星が付き、禄存星が亥宮・擎羊星が子宮・陀羅星が戌宮・天魁星が卯宮・天鉞星が巳宮に入ります。 
       
       幼少時は、運気が暗く、パッとせず、子供レベルでの困難や煩悩が伴って順調な日々とならない。物事のもとを開いた家業を破ったり、家を破ったりなどがあって、糧を得るのに困窮したり、日常生活を送るに辛い苦労を強いられることが起こるやも知れません。優れた人格・身分を備えた運勢が、この現実社会でハッキリと表現するのは不得手です。各地をめぐって商業をする仕事(自分の現実世界の環境に適用して適職を勘案してみてください。)には向いています。 
       
       火星・鈴星・陀羅星・天空星・地劫星・化忌星などと同宮すると、手先を使ってする技芸・職能を身をつけて社会で生かすように向けてゆくと、身を落ち着かせるようになります。 
       
       火星・鈴星・陀羅星などが同宮すると、金銭が原因の強盗に遭う災難が起こるかも知れません。 
       
       何処にいても、何をやっても、結果財貨を手に入れても、遅かれ早かれの時間差はあってもあっという間に空費してしまう性癖を持っています。流年で再度はいると、この年は煩わしい善悪・正邪論争のごたごたに巻き込まれないようしなければなりません。 


      星の考察


      ①、六吉星・禄存星と同宮か、良い影響を受けているかを見ます。
      ②、六殺星・化忌星と同宮しているか、悪い影響を受けているかを見ます。
      ③、化忌星以外の四化星と良い関係であるかを見ます。
      ④、甲・乙・戊・壬年生まれの人は財と官の福が厚くなります。

      六殺星

      火星、鈴星、擎羊星、陀羅星、天空星、地劫星の六星を指します。
      命運の破壊力が大きく、吉星に対しても、攻撃して損害を与え、優点より欠点のほうが、断然目立ちます。六殺星が命宮にあると、人生航路に風波を起こし、順利を妨げます。社会に対して自己表現を妨げ、実現成就を遂げづらくさせます。しかし、適当な場所に配置されれば、積極性という良い面が出てきます。六殺星が入ると、人の性格を粗暴にさせ、個性に剛強さが増します。陀羅星を除いて、他の殺星が、命宮に独座していると、幼・少年期は、不遇で、行き悩む人生に遭遇しますが、男命は、幾多の困難を乗り越えて、事業成就の運勢を約束されます。

      六吉星

      左輔星、右弼星、文昌星、文曲星、天魁星、天鉞星の六星を指します。  
      吉星で、アシスト役でありながら、人の人生、人格に彩り、福を与えてくれる星です。


       破軍星は紫微星の命令で最前線地でその威力・能力を発揮する星ですから、勇猛無比で、危険や変化の波動から逃れることは出来ません。貪狼星以上に変化が激しく、女命にこれが入れば感情面での影響は大きく、財気の変動にも不利に働きます。この星の性質である恒心・開創・領導能力が、社会や状況の変化が激しくなればなるほど、その威力を発揮します。
       貪狼星が紫微星ではなく武曲星と同宮していますから、風波の波動が大きく、財星である武曲星の気勢を壊しますから、経営・商売には不利に働きますが、化祿星・禄存星の影響を受けていれば経財界に進まれるのも良いでしょう。  武曲星・破軍星とも硬性で孤尅の星ですから幼少年期は不安定の運気になります。故郷を離れ裸一貫から苦労をし、中年以降になって事の成就の喜びが得られるようになります。 巳の宮位より亥の宮位の命宮に武曲星・破軍星がある人の方が吉です。


       ①の条件で文昌星・文曲星と同宮か良い影響を受けると、その星の性質から学術研究・教職に向きます。


       独立心が強く自由闊達で命令されるのを嫌い、自我意識に溢れ、おまけに負けず嫌いとなればどうすれば良いですか? 社会の中に入っていけば一人で苦労を背負っているようなものですが、気の持ちよう次第で、自分の人生をどのようにでも変えてゆくことが出来ます。それが貴方の素晴らしい個性なのです。自信を持って進んでください。


       女性は家庭生活では、配偶者は貴方に頼りっきりの傾向が出ます。


       天馬星が入ると、武曲星の財気の運用に携わるだけでなく、武曲星の保守性向に微に入り細に入り装飾的細工をしていきます。





powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional