美術館,中国歴代名窯陶磁器,中華文物,玉,美術品,数微斗数,星座表,命盤,推命,宿命,天命,人生の羅針盤,占星術,翡翠,骨董,古美術,アート,陶磁器,陶芸,占い,中華文物,東洋文明,芸術,文化,芸能,伝統,中国,CHINA,古窯跡,汝官窯,釣窯,哥窯,定窯,官窯,染付け,青磁,白磁,陶器,

ようこそ、萬代美術館 (LIFE COMPASS)へ。中国歴代名窯陶磁器、数微斗数星座表から「天命」を知る。

LIFE COMPASS入門のページ

ライフコンパス入門


お知らせ

ライフコンパス入門、始めました。

池尻哲哉

<<2017.08.09>>

最終更新:2017-12-01 (金) 06:11:52



  • 紫微斗数 占盤 ⇔【羅針盤】⇒ 立命盤
    • 紫微斗数 占盤 ⇔【羅針盤】⇒ 立命盤

      受精卵という命体が誕生し、人の旅が始まります。命体が転生輪廻するまで百二十数年の旅です。紫微斗数命盤は命体航跡絵巻図です。

      命体は二時間・十二世界、十流星の飛星による永遠無限リズム運動世界です。

      神仏の世界のメカニズムのことを人間社会現実世界のメカニズムのことに翻訳し、理解解釈して説明する占盤(神による啓示を口伝する方法論)として伝承してきました。

      紫微斗数作成者からレクチャーを受けなければ分からないことばかりです。台湾の紫微斗数研究者から頂いた本を読んでも教典のようなもの、読めないから辞書を片手に日本語に訳す作業です。漢字一文字も複数の象意の集合体です。分からないから繰り返しの連続、右往左往、時間の経つのを忘れます。読書百編読後百倍も此処から生まれました。ああでもないか?こうでもないか?(針小棒大な言葉が好きな中国人に似たのかも知れませんが小生にとっては決してオーバートークではありません。)

      小さい頃から家の法事でお坊さんが小さいおロウソクが点っている間お経を読まれます。特等席(指定席、お坊さんが帰られると同じことを真似して遊んでいたようです。)で聴いています。意味は全く判らなくても今でも衣を借りればアルバイトが出来ます。諳んじていますから。

      母親はお茶とお花の先生をしていました。玄関やお床に活けてある花を見て無意識に母親のおっぱい(慈悲心のことです。)を思い出し、家に帰った安らぎと、お行儀を子供心に感じました。(華道のイロハのイも判りません。母親が活けた花かどうかが判るだけです。何処で手を止めるかを何時も見ているので仕上がりが判るのです。)

      母親の戦闘服は和服で、着替えたら戦争開始です。一部の隙もなく着ることが出来ても心身動作が完成されていなければ駄目なことは子供心に見ていました。(母親がお弟子さん達にお稽古をしながら教えているのを聴いていますから。)

      子供部屋がお弟子さん達の着替え室、衝立はありますが、私の存在は茶坊主なんでしょう。外で出会っても瞬きすると裸と二重写し、その頃から私の残像現象能力が磨かれていたのかも知れません。

      ウインドウズが世に出て購入しました。二十分強で一枚の命盤を作成していました。それが一分も掛からなく作成できるようになりました。コンピューター・ウエブサイト・ネットのトライアングルに紫微斗数を融合させると共鳴現象が生じます。人の命体をコンピューターの中で誕生させ、昨日今日明日、成長過程を見守ることが出来るようになりました。二時間の命体航跡図ファイル一枚が受精卵誕生から転生輪廻するまでの全命体航跡図ファイルの絵巻物となります。

      紫微斗数が占盤→羅針盤→立命盤へと変幻自在に生まれ変わります。命体世界の新しい発見です。百聞は一見に如かず、が起こります。論より証拠、です。占盤を理解することは紫微斗数の基本中の基本です。出発点です。これには但し書きがある、というのが私の本音です。それは自分で占盤する、出来る、ということです。

      言うは易し、行うは難し、の言葉が当てはまります。もっと言わせて頂くと、プロを目指して勉強しても簡単ではないからです。絶望です。これも但し書きがあります。私の個人的主観です、です。

      私には呪縛が今も少なからずあります。「占いは当たるも八卦、当たらぬも八卦」と、昔、年寄りから聞いた言葉です。自分の命盤を初めて手にしてから四十年は過ぎています。現在も紫微斗数にドップリと浸かっている生活です。自分の性格もあり、続けられる恵まれた環境があるからでしょうが、紫微斗数が素晴らしいからです。凄いからです。カルチャーショックを受けています。衝撃です。だから続けられていられると思っています。

      命体は二時間の刻という誕生時間で生まれます。親子、兄弟姉妹であれ双子の兄弟姉妹であれ天命が違いますから人生行路はそれぞれ違います。

      数字は得る覚えで定かでありませんが、人の躰は50億個からなる細胞の塊だそうです。世の中に書籍は何冊あるでしょう? 教典は何巻あるでしょう? 地球上に動植物類の生命体はどれほどあるでしょうか? その中の人間生命体を考えてみると・・・・。言葉を失います。

      命体世界の解明理解、占盤レベルでは処理できません。片付けられません。日運・月運・年運・十年大運、点動波・線動波・面動波・体動波で命体世界は動いています。刻々の変化、言葉だけでは理解し準備し整えるのは不可能です。それが出来るのは、命体世界と現実日常社会生活と同期させ、視覚的理解となる昨日今日明日命体世界航跡図がないと安心安全な自動自立自尊の自己実現は適いません。

      昔、学校で日本は加工貿易立国であると習ったような気がします。日本は地政学的に東を仰げば太平洋の大海原から朝陽太陽を拝めます。西を仰げばアジア大陸東洋文明圏を仰ぐことができます。南北に長い島国、N極とS極を結べばモーターが回り電球が灯ります。天地(心棒)を通せば神道の誕生。これぞ日本民族のDNA。

      紫微斗数は命体世界を解き明かしてくれました。東洋文明の妙知恵で。大した代物です。曲者です。コンピューターを道具として使うと初心者は命盤作成に二時間はかかりますが一分作業になります。二時間十二方位世界の命盤作成は瞬時に出来ます。受精卵で始まる命体世界の誕生から転生輪廻まで西洋文明の利器コンピューターで作成できます。

      ・西洋文明(受精卵)、東洋文明(命体)

      このタイトル、学問的内容はありません。紫微斗数命体誕生盤は誕生時間を出発点として作成されますが受精卵の時から始まっています。年齢は数え年(母胎内の十月十日を一歳と数える。)計算です。命盤には一歳の位置があります。

      西洋的科学手法での論証解明は受精卵が対象です。東洋文明は農歴、自然界の観察から命体の正体を突き止めようとします。命体誕生盤は受精卵誕生時の自然界の箱庭(盤)です。人は自然界(周囲の世界)と不離一体の関係です。実に超合理的です。

      考えようによっては、西洋文明式科学手法は直接受精卵の対象物から入りますから超現実的です。受精卵は生命体です。生きています。その解明は正に西洋文明力です。東洋文明力は、西洋文明力を陽とするならば、陰です。その受精卵は自然界(生命環境)と不離一体です。受精卵は生命環境世界から生かされています。生きている対象物の研究対象も生かされていることを考えれば、西洋文明力と東洋文明力を合一することを考えれば必要十分条件が整う筈です。


  • 紫微斗数命盤を人生の羅針盤にしよう!
    • 紫微斗数命盤を人生の羅針盤にしよう!

      自動運転社会の到来は21世紀の世界世紀開花になる気がします。人工知能を装備した量子コンピューター端末がスマートホンのようにポケット・カバンに入いり、時計のようになって身に着けられる時代。

      有史から現代までの全世界に存在する情報の中から主(あるじ)が望む情報を人工知能が理解し整理整頓して提示する。好きな場所で好きな状態で主がそのファイルを読む・見る・人工知能とディスカッションする。

      アナログ社会からデジタル社会、そしてネット社会、技術革新の進歩は総論的には人間社会に幸せをもたらしてくれていると思っています。

      四次元社会の技術革新は三次元社会を歪める危険はないだろうか?

      自然界の変化、生命体自体が持つ突然変異現象は天理・地理の範囲内?自然界の中で生存権を得ている生命体なのに人間界が生み出す四次元商品(自然界が生み出さない創造物、許容範囲を逸脱する創造物)。

      であると仮定しても、人類が人智を尽くしてルール作りの取り決めをしていかなければならない時がもう来ている?今から準備しておかないといけない気がしてなりません。

      小さい時、幼稚園を三年通園(一年保育制度)しました。童謡・童話を園長先生方から沢山(三倍・三回)教わりました。二歳上の姉にくっついて行った(電車通園)?どうしてだか判りませんがカバンとお手帳を持っていて姉と同じように色々な形のゴム印を押してもらいました。(通園時は叔母さんがカバンを持ってくれた気がします。)

      紫微斗数から教わることは沢山ありますが、学校教育から受けた教育よりも幼稚園教育で受けた教育が、当ホームページ作成に役立っている気がしてなりません?

      ネットで繋がった人工知能装着の端末が普及すると社会体制は激変します。学ぶ教育は学校ではなく端末で片が付く、興味が湧くと小学校ぐらいで大学の先生方の知識は身に付く、国際力も端末で世界の人から会話・情報を共有できる。(昔、若い頃台湾に行きました。子供でも私が読めない、意味が判らない漢字を理解しているのです。読むのです。中国語で。当たり前なのです母国語だから。文化の違いはカルチャーショックとなります。この現象が現実社会で日常的に起こるのです。)

      二十一世紀四次元社会は、西洋文明と東洋文明の新たな融和社会の形成が大事な気がします。人が固有に持つ命体世界の理解と受容と活用です。

      西洋文明の進歩がもたらす良い作用と悪い副作用、乗り物の普及で歩かなくなった、携帯端末の普及で自分の電話番号も出てこない、〒番号も出てこない、コンピューターの出現(メール)で手紙が満足に書けなくなった等々。

      紫微斗数の出現が、当時の國造りに携わる人達にとって革命的出来事であったと思います。現代社会とは似ても似つかない社会であったろうと想像されます。国体の護持に使われた古代中国社会、四次元世界社会の国体の護持には命体世界の理解と活用が、時の権力者の活用理解ではなく、現代社会日常生活者、一般人のレベルの話で大事になってきている気がします。

      人工知能社会と我々が向き合って生活する場合、自分の持つ人工知能付き携帯端末に自分の命体を誕生させて、その命体に自分の成長履歴をデーターベース化させて人工知能が発する情報を命体世界のフイルターを通してから得られる情報を吟味して自分の行動化に繋げる?

      こんなことが起こる社会が来る・来ている?のではないか。


  • 大宇宙
    • 大宇宙

      昔、子供達とよく動物園に行きました。最近は何度か孫達と行きました。自分が子供の時に動物園に行ったかどうか?しっかり思い出せません。(父が写したんであろう母と姉弟でパークの様なところでお弁当を広げている写真を見たことがあります。)

      花・樹は勿論、動物たちも、それぞれ見れば見るほど素晴らしい、感動します。形だけを見て素晴らしい感動まで伝わってくるのか? 僕は違うと思っています。人が生み出す「美」の作品には「光・吸引力(磁力)」があります。人が持つ心体のような本姓・個性・野生が動植物にもある。それが外見の美しさに加味されて私たち人間に伝わってくると思っています。

      太陽も地球も月も小宇宙、宇宙空間の一点に存在します。大中小ではない区別する意の、大宇宙の存在がどのように在るのか?とても気になっています。在るに違いない、人には「命」があり、百二十数年周期で転生輪廻しているから。人間世界、生命体世界内の話ではありません。

      人の躰には脳があり五感があり情緒?のような精神性を持ち、更に第六感と言われる感性も持っています。これらは心体世界の中の一部門の話です。先人達は神仏の存在を語り社会は受け入れてきました。

      21世紀になり社会は四次元世界の社会化現象が起こりコンピューター、ネット、ウエブサイト(物)トライアングルの音が社会現象として響き渡るようになりました。先日サイバー攻撃の対抗手段として米国がデジタル爆弾の攻撃を検討したニュースに接しました。三次元世界社会で活字、言葉、イメージだったことが四次元世界社会での出来事が現代現実社会現象化が起こり始めているのではないか?

      僕は、二十一世紀は四次元世界社会国家が屋上屋の論議ではなく三次元世界の中に出現する世紀の様な気がします。国家の体を成す体制を備えた。人は頭や心の中で自由自在に振る舞えるので楽しいです。

      大宇宙から届くメッセージを人の命体装置が受けて活動を始める。紫微斗数の勉強に精を出しておられる皆さんは命という存在自体を否定される方は恐らくおられないのではないか?

      宇宙には地球のような惑星が無数にあると言われています。神仏霊界世界や宇宙を創造する大宇宙、其処から傍受する受容体が生み出す命体世界。

      拙い勉強でお恥ずかしいですが紫微斗数勉強の思いの丈を当ウエブサイトにぶつけております。紫微斗数の占盤は何とかなる、の自惚れは持っています。コンピューターの力を借りていますが紫微斗数羅針盤を作りました。当ウエブサイトは紫微斗数命盤を立命盤に持って行くことが目標です。

      ダーウインのことは、学校で習いましたが今は名前だけが何とか出てくるだけの知識しかありません。紫微斗数を勉強するようになって、人間が人間生命体とし地球上に現れることが出来るようになったの命体を持つようになったからではないかと仮説を立てています。

      東洋文明の極致と紫微斗数を考える根拠は此処からです。

      五月に紫微斗数 命 カレンダーを家族と一人の友人に作成して送りました。自分のは作っていません。頭の中にありますから。紫微斗数とは一心同体です。

      命体と共に歩んで人生を安心安全に歩んで欲しい、との親心、老婆心です。


  • 21世紀は地球儀社会から宇宙儀社会世紀に。
    • 21世紀は地球儀社会から宇宙儀社会世紀に。

      紫微斗数命盤の誕生は古代中国文明社会の黎明となった気がします。國の為政者にとって國作りの為の人材の発掘、司(組織)の養成、隣国との関係(外交軍事)の国策は祭祀・政治の中庸。

      地球儀は私の目の前にありますが宇宙儀?とか言うのにお目に掛かったことはございません。はて?どんなもんでござんすか?

      区別が付くか、付かないかの例えで使いました。国境紛争は國の重大事、山や海や川などを国境とするのは判りよいですが、世界地図を眺めていると人為的な直線の国境があるのに驚かされます。でも受け入れられます。

      人には肉眼の尺度と心眼の尺度があります。科学数学物理には極限尺度と極小尺度があります。宇宙空間は尺貫法は光年です。光が届く時間を地球時間の年で示しています。時間なんです。紫微斗数も時間なんです。面白い。

      不案内ですが地球の誕生も百数十億年位ではないでしょうか?光年ではないことは確かだと思います。命体が仮に神仏の世界からの光であると仮定すると話は地球界以外世界の話になります。地球儀では片が付きません。宇宙儀がいります。

      宇宙儀の基準の話を地球儀の基準の話にするには特殊技術技能の構築やルール作りが必需であると思います。地震予知や気象変動、環境汚染は地球レベルの問題です。

      ネット社会の成熟、人工知能のコンピューター標準装備、クラウド・アンドロイドに象徴される情報の集約化、衛星と繋がった情報端末器の日常家庭生活化は、宇宙レベルの問題となってきます。あらゆる物がネットと繋がり自動化(人の手を離れる)の社会進出現象の到来です。

      ネット社会、四次元世界社会の到来は宇宙儀レベルで対応する能力を備えなければなりません。幸いかな紫微斗数命盤は占盤として古代から現代まで継承されてきました。地球儀レベルで対応してきました。

      でも時代は宇宙儀レベル社会に入っています。また幸いかな現代社会には西洋文明の利器コンピューターがあります。ネットと繋がり人工知能が装着され情報のデーターベース化が計られようとしています。

      命体は二時間を基準として生命力が誕生・成長しています。紫微斗数命盤が自転公転しています。命体の二時間置きの十二世界の様子をコンピューターで再現することは瞬時にやってくれます。十八番です。それで命体の生命力運動と日常生活を同期させることができます。

      理と現実である地理を合一することを、人ができるようになります。

      出来る出来ないは別問題、人が自分の将来に託す夢・希望・目標は心体世界を持つ人間の特権です。大事なことは安心安全に自己実現を計ることが大事なんです。



  • Google News 2016.10.08 SAT 17:00
    • 人間が125歳を超えることは(ほぼ)不可能:研究結果。

      『Nature』誌に新たに発表された論文によると、人の寿命は生まれつき、122歳ころまでに制限されているらしい。将来的に125歳を超えて生きられる可能性は、1万分の1に満たないという。

      研究チームはまず、遺伝学や薬理学によって寿命が柔軟に変化することを示すモデル生物の研究と、人の寿命に限界はないという主張に注目した。さらに、1860年代の101歳から、1890年代の108歳へと最高年齢が上昇したことを示すスウェーデンの寿命データを取り上げた。

      研究チームは、ヒューマン・モータリティー・データベース(HMD)のデータを利用して、これらの研究結果を検証した。過去数十年間の寿命の変化を調べたところ、1980年ころを境に、死亡率の水準が横ばいになっていることがわかった。データベースの対象国41カ国のうち88パーセントで、こうした傾向が見られた。

      研究チームは、最高年齢の推移を調べるため、国際寿命データベース(International Database on Longevity:IDL)の記録を利用して、フランス、日本、英国、米国の各年の最高死亡年齢をグラフ化した。このグラフから、最高死亡年齢は1970〜90年代の間に急激に上昇したが、1995年ころに頭打ちになったことがわかった。

      記録上の最高齢は、1997年に122歳で死亡した、フランス人のジャンヌ・カルマンだ。1995年を過ぎると、最高死亡年齢の急激な上昇は止まり、やや低下している。

      これらの研究結果を老年学研究グループ(Gerontological Research Group)のデータと比較したところ、同様のパターンが見られた。研究チームは、研究データを蓄積して、最長平均余命モデルを作成し、125歳を超えて生きられる可能性が1万分の1であるという結論に達した。

      「人間の寿命の限界は固定されているわけではないが、寿命には、遺伝学的に定められたほかの特性による限界があることを研究結果は意味しています」と、イリノイ大学シカゴ校のS・ジェイ・オルシャンスキー教授(公衆衛生学)はNature誌の記事で述べている。

      このことは、人が走る速度には「自然な限界」があることと似ている、とオルシャンスキー教授は続ける。「人が走れる速さを実際に制限する遺伝情報はないが、ほかの目的のために進化した不変の身体構造により、走る速さは生物力学的に制限されているのです」







LIFE COMPASS入門

紫微斗数命盤のことを「命体誕生盤」と呼んでいます。紫微斗数は、人には躰世界、心体世界、命体世界の三つの世界を持っているとし、大きく三分類しています。

命体誕生盤は地盤上に百十の星を使って人の誕生年月日と誕生時間の自然界の様子を太陰暦から命体の生命力を姿・形に暗示させ、人間社会に「福禄寿」の恩愛を「吉凶成敗」として象徴化しています。二時間を絶対時間として自然界の時間軸と連動させています。

ライフコンパスは紫微斗数命盤を「占盤」、「羅針盤」、「立命盤」とコンピューターの力を借りて三脚化しました。

日運十流星が引き起こす成長点(点動波)の連続が月運十流星の成長点(線動波)として収斂し、年運十流星の成長点(面動波)となり、十年大運十流星の成長点(体動波)として現実人間社会に福禄寿の恩愛が吉凶成敗として具現化します。この様子をコンピューターを使って命体誕生盤の自転・公転を指し示して羅針盤化しているのがライフコンパスです。

生かされている命体世界の生命力を示す命体誕生盤を、羅針盤化しているライスコンパスを使って、希望と目標を持って生きている現実社会をより安心安全に自己実現化するためにライフコンパスを使って命体誕生盤を立命盤として利用できるように、このページを立ち上げました。




ライフコンパスは命体誕生盤を自立自動自尊で活用することが出来るようになることが眼目です。その為には命体誕生盤を占盤から羅針盤にしなければなりません。

紫微斗数 命カレンダーにすることで命体誕生の絶対時間二時間と現実時間二時間と同期化することができ命体と共に歩むことが出来るようになります。一人だけの世界観から大事な人達と共有することが出来るようになりました。

希望と目標を持って生きている現実社会、命体世界が持つとされる生命力により「生かされている自分」、人固有に持つ福禄寿という価値観を吉凶成敗として具象化、現実社会に形・姿として現れる。

生かされている自分世界を知って、現実社会で生きてる自分と同期させて安心安全に自己実現化に生かす試みです。

自分の命体世界を知るということは、一年365日×(120+局数ー1)年枚の命体誕生盤を知るということです。天命を日常生活に生かしていくことはエンドレス作業です。大事なことは毎日毎日の命体誕生盤を知って現実の今日に活かす作業です。

LIFE COMPASS入門希望者に、二時間程度の時間でお伝えしようという試みです。二時間という命体誕生盤作成絶対時間を拝借した次第です。





人の生涯、揺りかごから墓場まで、と言う言葉があります。命体は時間から期間まで実にハッキリと答えることができます。二時間から百二十+局数-1年まで、です。有限から無限、現実から天命、とも例えることができます。

命体寿命は、人が人として生きることを許された時間です。紫微斗数は百十の星を使って命盤上に書き示してくれました。一つの受精卵の誕生から生涯(最長不老長寿年齢)の生命力活動記録です。

誕生から遡ること受精卵の誕生からの人の生命力活動記録です。まさしく最初を失っていません。一日十二コマ十二刻を生命力の十二方位と象徴させ、宇宙航跡盤を人間社会航跡盤にしてくれた紫微斗数命体誕生盤をコンピューターの力を借りてライフコンパス仕様にしました。カレンダーに貼り付けたのが紫微斗数 命カレンダーです。

紫微斗数 命カレンダーは、当日の命体誕生盤に当日の日運十流星が配置されています。命体は自然界の時間軸で寸分の誤差なく動いています。此処に当日に配置される十流星により十二方位の命体生命力リズムがピンポイントに見て取れ、吉凶成敗が時間単位に具象的に理解し予想することができ、当日の安心安全行動として組む入れすることが可能となります。





ライフコンパス入門準備教材



  • 1. 紫微斗数110星

    •   紫微斗数110星 (一)   

      L I F E C O M P A S S

      画像をクリックすると拡大します。

      紫微斗数110星 (一) 

        紫微斗数110星 (二)   

      L I F E C O M P A S S

      画像をクリックすると拡大します。

      紫微斗数110星 (二) 

        紫微斗数110星 (三)   

      L I F E C O M P A S S

      画像をクリックすると拡大します。

      紫微斗数110星 (三) 


  • 2. 紫微斗数110星 分類一覧表

    •   紫微斗数110星 分類一覧表(一)  

      L I F E C O M P A S S

      画像をクリックすると拡大します。

      紫微斗数110星 分類一覧表(一)

        紫微斗数110星 分類一覧表(二)  

      L I F E C O M P A S S

      画像をクリックすると拡大します。

      紫微斗数110星 分類一覧表(二)

        紫微斗数110星 分類一覧表(三)  

      L I F E C O M P A S S

      画像をクリックすると拡大します。

      紫微斗数110星 分類一覧表(三)

        紫微斗数110星 分類一覧表(四)  

      L I F E C O M P A S S

      画像をクリックすると拡大します。

      紫微斗数110星 分類一覧表(四)

        紫微斗数110星 分類一覧表(五)  

      L I F E C O M P A S S

      画像をクリックすると拡大します。

      紫微斗数110星 分類一覧表(五)

        紫微斗数110星 分類一覧表(六)  

      L I F E C O M P A S S

      画像をクリックすると拡大します。

      紫微斗数110星 分類一覧表(六)



  • 3. 紫微斗数10流星

    •   紫微斗数10流星  

      L I F E C O M P A S S

      画像をクリックすると拡大します。

      紫微斗数10流星







LIFE COMPASS入門のご案内

LIFE COMPASS入門のご案内

 神仏と共に歩む道標、命盤という人生の羅針盤を勉強、研究してみませんか?

 命盤が動く最小単位が二時間置き、最初に自分の命盤を作成するのに要した時間が二時間。講義時間も二時間で終了が最適時間と決めました。

 その一回でLIFE COMPASS学校に入学して卒業です。

 最初に自作の命盤を見て、木の人形が人間になる「ピノキオ」の話を思いだし、小さいときに読んだ感動の再現でした。自分の分身の誕生です。
 

 当ライフコンパスウエブサイトが基礎勉強の教材です。精々活用利用してください。

【費用】

¥一万円也です。(教材費、5000円を含みます。)

ご希望があれば、後日、勉強会を継続いたします。一時間3000円、二時間5000円です。

【会場】

 JR-大和路線王寺駅からバスで二駅目、張井バス停下車直ぐで仕事をしています。向かいが達磨寺です。今は仕事場の改装や準備で勉強会をする体勢が整っておりません。JR-大和路線(昔の関西本線)王寺駅下車、南バスターミナル直ぐ近くにロイアルホストがあります。マンツーマンの勉強会場には最適です。(割り勘でいきましょう。)

【勉強時間】

 午前なら九時半から十一時半2時間午後なら二時から四時までの2時間お互い面識がありませんので、JR-大和路線(昔の関西本線)王寺駅下車奈良寄り階段二階の改札口で待ち合わせ、です。天王寺駅から快速が便利です。

ロイアルホストは専用駐車場があります。お車でお越しの場合、当駐車場に着かれたら携帯電話に連絡をください。私は電車ですのでJR-大和路線(昔の関西本線)王寺駅下車奈良寄り階段二階の改札口に居ります。数分もあればロイアルホストに行けます。

【携帯電話番号 080-1468-6815】

  • 勉強時間は、事前のメールで都合を打ち合わせして、決めましょう。そのときに小生を見つけて頂くための特徴を申します。
  • 余談・脱線時間は含みません。少し時間に余裕を持ってお越し下さい。
  • 筆記用具を持参して下さい。(携帯の録音機使用をお勧めします。)

【連絡方法】

 具体的手続き準備が整うまで、メールでお願いします。

mailto: 画像の説明

【緊急連絡方法】

 携帯電話番号 080-1468-6815
 携帯電話のメールアドレスは:mandai-museum-bunkaian@docomo.ne.jp です。

池尻哲哉(いけじり てつや)





【Google Map】




下記アドレス宛のメールでお申し込みをお願いいたします。先ず勉強の教材基礎資料となる命盤作成作業からです。

貴方が紫微斗数命盤作成を希望される方の (1)、お名前(おフリガナも必ずお願いします。) (2)、性別。 (3)、生年月日と正確な誕生時刻。 (4)、誕生地。の四項目をご記入の上、貴方の ご氏名を同記して、下記メールアドレス宛までお申し込み下さい。
 

メール受信後、再度、紫微斗数命盤作成を希望される方の (1)、お名前(おフリガナ)。 (2)、性別。 (3)、生年月日と正確な誕生時刻。 (4)、誕生地。四項目の確認メールを送信させて頂きますので、 ご面倒ですが間違いないかのご確認の上、ご返信ください。

紫微斗数学校教材資料が仕上がり次第、メールでお知らせいたします。

mailto: 画像の説明

(メールアドレスは画像です。クリック起動は使えません。使用時はご面倒ですがアドレスの打ち込みが必要です。)

(メールを頂いて、ご指定のメールアドレスでご返事を差し上げても、どうしても相手先に届かずに戻ってくるメールがあります。お待ち頂いても返事がないときは、ご遠慮なく督促のメールをください。よく使っておられるメールアドレスを頂ければ有り難いです。)



 我が家は家内と三人の子供の五人家族です。五人の紫微斗数命盤とは四十年近いお付き合いです。子供達は成長し社会人、家内は仕事をしています。小生の頭の中は常に五台の命盤羅針盤は動き続けています。特に私は、命盤が示してくれている仕事に向かって、お迎えが来るまで挑戦の日々です。










a:2309 t:3 y:0 <<2017/05/05>>

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional